トランジスタラジオ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トランジスタ・ラジオ
RCサクセションシングル
初出アルバム『EPLP
B面 たとえばこんなラブソング
リリース
規格 シングル
ジャンル ロック
レーベル キティレコード
作詞・作曲 忌野清志郎G.1.238.471
RCサクセション シングル 年表
ボスしけてるぜ
(1980年)
トランジスタ・ラジオ
(1980年)
サマーツアー
1982年
テンプレートを表示

トランジスタ・ラジオ」は、RCサクセションの楽曲及びシングル。1980年10月28日キティレコードから発売。 オリコンでは週間86位を記録。

収録曲[編集]

  1. トランジスタ・ラジオ
  2. たとえばこんなラヴソング
    • 作詞・作曲:忌野清志郎、小林和生/編曲:RCサクセション

山崎まさよし版[編集]

トランジスタ・ラジオ
山崎まさよしシングル
B面 悲しい日々
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
レーベル キティエンタープライズ
作詞・作曲 忌野清志郎G.1.238.471
山崎まさよし シングル 年表
トランジスタ・ラジオ
1992年
月明かりに照らされて
1995年
テンプレートを表示

山崎まさよしが、メジャーデビュー前に発売したシングル。1992年11月21日キティエンタープライズから発売。

解説[編集]

表題曲はRCサクセションのカバー。2曲目に収録の「悲しい日々」は上田正樹のカバーである。

収録曲[編集]

  1. トランジスタ・ラジオ
  2. 悲しい日々

子門'z版[編集]

トランジスタ・ラジオ
子門'zシングル
初出アルバム『DRILL KING ANTHOLOGY
B面 トランジスタ・ラジオ (Touched by the hands of 子門'z Mix)
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル テクノ
レーベル キューンソニーレコード
作詞・作曲 忌野清志郎G.1.238.471
チャート最高順位
子門'z シングル 年表
トランジスタ・ラジオ
1993年
-
電気グルーヴ 年表
SNAKEFINGER
1992年
トランジスタ・ラジオ
(1993年)
N.O.
1994年
テンプレートを表示

日本テクノユニットである電気グルーヴが、子門'zという名義でカバーしたシングル。

1993年8月1日キューンソニーレコードよりリリースされた。

解説[編集]

子門真人の歌唱法を模した「シモニック唱法」でカバーすることを前提として作られた企画盤。瀧勝に続くドリルキングレーベル第2弾。メンバー構成も瀧、石野、砂原ではなく、あくまでナガシマシGEO、チョノフG(ゲー)、ライーDEANという、子門にそっくりな3人組(しかしなぜか越路吹雪をリスペクト)という設定だった。

ニッポン放送開局40周年記念イベント「ザ・ライブマシーン'93」に出演し、東京ドームでライヴを披露(チョノフがギター、ナガシマシがトロンボーン、ライーがティンパニという各人が使用できない楽器の編成)で、寺尾聰の「ルビーの指環」、ゴダイゴの「Monkey Magic」などを適当に演奏した。子門'zもやはり瀧勝同様、予定した日時に死亡したことになっている。死因は溺死。

シングル収録曲の選曲に関しては、準備段階で『電気グルーヴのオールナイトニッポン』の番組中で「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」、「バラが咲いた」、「ハイスクールララバイ」などの数曲が候補としてテストされたが、結局はRCサクセションのカヴァーというかたちにおちついた。それ故に2曲目に収録の「Touched by the hands of 子門'z Mix」がこのシングルの本意である。だが、それじゃあんまりだろうという理由で、当時の電気グルーヴとしての王道テクノ歌謡ポップスとしてノーマルに歌われた1曲目も併せて収録している。この2曲目サブタイトルはNEW ORDERの「Touched by the hands of god」からの引用。

石野卓球いわく、「居酒屋で有線から流れている様子を想定して作った」と語るこの一曲目のバックトラックは、当初砂原ひとりで手掛けるスケジュールだったが、風邪で体調を崩してしまった為、途中まで出来たデータを石野が引き継いで完成させた。砂原製作のデータと思われるパートと石野が重ねたと思わしきパートがはっきり出ているトラック。ちなみにオリジナルミックスとカラオケバージョンの尺が若干異なるのは意図的な物。YMOの「テクノポリス」がシングルバージョンとアルバムバージョン(『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』収録)でフェイドアウトの尺がそれぞれ異なる事に対するオマージュらしい。

ジャケットは白一色というシンプルかつインパクトのあるデザイン。だが後に『電気グルーヴのドリルキングアワー』において「適当でいいや」という投げやりな意向でこのデザインに決定したと語っている。なお、三人が子門真人風に装ったジャケット風のステッカーが封入されている。

なおこの曲のCDは元RCサクセションの忌野清志郎に直接プレゼントした。

収録曲[編集]

  1. トランジスタ・ラジオ
  2. トランジスタ・ラジオ (Touched by the hands of 子門'z Mix)
  3. トランジスタ・ラジオ (オリジナル・カラオケ)