COVER ALL HO!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
COVER ALL HO!
山崎まさよしカバー・アルバム
リリース
録音 BUNKAMURA STUDIO
FREEDOM STUDIO
STUDIO TERRA 3st.
ジンジャミエール
Studio Sound Dali
音響ハウス
STUDIO Sound Valley
AVACO CREATIVE STUDIO
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース 山崎将義
チャート最高順位
山崎まさよし 年表
ADDRESS
2006年
COVER ALL YO!,
COVER ALL HO!
2007年
BLUE PERIOD-Complete SOUND+VISION PACKAGE〜Limited Edition
2008年
テンプレートを表示

COVER ALL HO!』(カヴァー・オール・ホォー)は、山崎まさよし初の邦楽カヴァーアルバム。洋楽カヴァー・アルバム『COVER ALL YO!』(規格品番:UPCH-20051)と同時発売された。2007年10月31日発売。制作はNAYUTAWAVE RECORDS、発売・販売元はユニバーサルミュージック。規格品番:UPCH-20052。

解説[編集]

洋楽カヴァー集『COVER ALL YO!』(UPCH-20051)と同時発売された邦楽カヴァー・アルバムで、女性歌手の楽曲や往年のヒット曲など、邦楽全10曲を収録している。

選曲にあたってはまず、スタッフが「山崎まさよしに歌わせたい」と思う楽曲を挙げ、その中から選定していったと語られている[1]。また、山崎自身の意向で収録されたのは、「大きな玉ねぎの下で」[1]

松田聖子のバラード「SWEET MEMORIES」は、過去にの恒例野外イベント「Augusta Camp 2003」において、スガシカオとのセッションでカヴァーされた[2]。また、招待制スタジオ・ライブ『おんがく 山崎まさよし』(BS-iで2003年に放送)でも歌われたことがある。同スタジオ・ライブでは本作に収録された桑田佳祐の「月」も歌われている[3]

「さらば恋人」は元々、コンピレーション・アルバム筒美京平トリビュート the popular music』(2007年7月11日発売)に収録されていたもので、山崎個人名義のアルバムに初収録された。2007年7月29日、グッドウィルドーム(当時の名称)で開催された「Augusta Camp 2007」でも披露されている。

ほぼ全てのアレンジ・演奏を山崎自身がこなしているが、ゲスト・ミュージシャンを招いた作品もある。 「さらば恋人」でストリングス・アレンジを担当している服部隆之は本作品以前にも、2005年のライヴ・ツアー「YAMAZAKI MASAYOSHI ARENA 2005」に同行している[4]。他は「#コラボレーション」参照のこと。

初回生産分のみ、三面デジパック仕様。『YO!』と二枚同時に購入すると、先着でCD2作収納可能な三方背スリーブ・ケースが店頭で入手できたほか、抽選で1000名にスペシャルブックレットが当たる応募券付。CDジャケットでは、料亭の料理人風コスチュームを着衣しており(初回盤・通常盤ともジャケット写真は共通)、タイトルリストにはお品書き風のサブタイトルがつけられている。

同年11月5日より、本アルバムに連動したライブ“YAMAZAKI MASAYOSHI COVER HALL TOUR 2007”を実施した。

収録曲[編集]

  1. MBLUESと逢わせてみました(4:49)
  2. ケンとメリー 愛と風のように 〜料理長のお任せ仕込み(4:14)
  3. SWEET MEMORIES 〜声のミルフィーユ仕立て(3:09)
  4. 〜和の頂きを目指して(4:35)
  5. さらば恋人デトロイト風に(3:09)
  6. トランジスタ・ラジオ 〜厳選した素材の二点盛り(4:45)
  7. 大きな玉ねぎの下で 〜あの頃の涙を添えて(4:40)
  8. アンダルシアに憧れて 〜アツアツに炊き上げました(5:58)
  9. あなたに会えてよかった 〜気まぐれディレイをふんだんに(4:32)
  10. いかれたBaby 〜音楽の恵みをこの曲に(5:35)

原曲[編集]

※『』はアルバム名。

コラボレーション[編集]

  • さらば恋人 - Collaboration with: 服部隆之
  • アンダルシアに憧れて - Collaboration with: PE'Z
  • いかれたBaby - Collaboration with: Jazztronik

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 音楽雑誌『SOUND DESIGNER』(サウンド・デザイナー刊、2007年12月号)より。
  2. ^ 2003年12月3日にDVD『Augusta Camp 2003〜SUMMER of LOVE 』(AUBK-11002)が発売された。YAMASUGA(山崎まさよし+スガ シカオ)として「SWEET MEMORIES」「少年時代」をセッションしている。
  3. ^ 招待制スタジオ・ライブ『おんがく 山崎まさよし』では、森進一の「襟裳岬」、あんしんパパの「はじめてのチュウ」などもカヴァーされた。
  4. ^ 「山崎まさよし MEETS HATTORI TAKAYUKI & RUSH STRINGS」としてライヴ・アルバムWITH STRINGS』(2006/3/29発売)も発売された。
  5. ^ 尾崎紀世彦の「また逢う日まで」は第13回日本レコード大賞受賞、南沙織の「17才」は第13回日本レコード大賞・新人賞を受賞した。尚、この第13回日本レコード大賞では各部門で筒美楽曲が計6曲受賞しており、「さらば恋人」は大衆賞を受賞。
  6. ^ ライヴ“YAMAZAKI MASAYOSHI COVER HALL TOUR 2007”(2007年12月4日、東京公演)より。