小川銀次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小川 銀次(おがわ ぎんじ、1956年9月24日 - 2015年8月2日)は日本ギタリストである。

来歴[編集]

17歳よりギターを始め、数々のセッションを経て、18歳で「ねずみ小僧」(後に「Bem」と改名)を結成。1976年7月『絵の見える音楽』をコンセプトにCROSSWINDを結成。コンテストでの優勝やメディアにも登場し、1978年にファースト・アルバム『CROSSWIND』でデビューを果たす。翌1979年にセカンド『CROSSWIND 2』をリリース、この間に自らのバンド以外でのバンド活動にも参加。「川上シゲ& Zone」、「カルメン・マキ Band」、「鳴瀬 & Quyz」などに精力的に参入、そして仲井戸麗市(チャボ)と忌野清志郎と出会い、日本語ロックのパイオニアである存在のRCサクセションに参加する。CROSSWIND、RCサクセションとの掛け持ちを続けていたがあまりの多忙さのためRCサクセションを2年で脱退し CROSSWINDに専念する。

そして1982年『そして夢の国へ』を制作。映画『俺たちの生きた時間』にも4曲を提供するなど精力的に活動をしていくが、4枚目の「WILDLAND」を未発表のまま、CROSSWINDは1984年に活動停止となる。以降、湯川トーベンのALPHABETS、旧友チャボとトーベンとの「イージーズ」で共演し、1985年にはギター教則カセット本を2冊出版。

そして1985〜86年頃、自分のバンドを3つに分け「小川銀次Band」・「the-Orchestra」・「小川銀次&Inner-WIND」として活動。時を同じくしてSolo-Albumのレコーディングに入る〈17曲中、数曲は後に「Private-Pieces」というアルバムに収録される〉。「グレイト-セッション-ヤル気」というバンドにも参加する。

1991年、『Private-Pieces 1986〜1987』を、そして同年『Inner-WIND』を発表、再び音楽界に戻ってくる。1992年、今や廃盤の『Inner-WIND 2』を発表、そして続けて『Private-Pieces 2』のレコーディングに入る(全曲を録音したが未発表となる)。1993年、Inner-WIND解散、1993年の後半〜1995年頃にかけてはギター一本でステージ活動を行う。

1999年5月、7年ぶりのステージとしてFragileへゲスト出演。1999年7月、五反田ゆうぽうとで行われた北野武のコンサートにギタリストとして出演。2000年12月、中野サンプラザで行われた北野武のコンサートに出演。

2000年、5年程前に自宅に作られたRecording Studioにて、これまでに約400曲をレコーディング。その中より選曲を行いCDにして12枚分を作品として完成、2001年5月23日、『MUSIC / Private Diary』というタイトルで12枚のフル・アルバムを同時リリースし。同時に、彼は彼自身のレコード会社 POWER RECORDを設立。

2015年8月2日死去[1]

在籍したグループ[編集]

  • ねずみ小僧(後にBemに改名)
  • CROSSWIND(1976年7月-1984年)
  • RCサクセション(1979年-1980年)
  • 小川銀次Band(1985年 - 、2001年 - Guitar:小川 銀次、Bass: 永井 敏己、Drums: 山口 鷹)
  • 小川銀次&Inner-WIND(1985年-1993年)
  • the-Orchestra(1985年-)

参加したグループ[編集]

  • 川上シゲ&Zone
  • カルメン・マキBand
  • 鳴瀬&Quyz
  • ALPHABETS
  • イージーズ
  • グレイト-セッション-ヤル気
  • Fragile
  • BEAT TAKESHI BAND Vocal:ビートたけし、Drums:村上"PONTA"秀一、Bass:松原秀樹、Guitar:小川銀次(ex - CrossWind / RC Succession)/グレート義太夫、Synthe : 難波弘之(Sense of Wonder)、Perc:斉藤ノブ(ex - Parachute)、Sax : 武田真治
  • GENKI HITOMI Special Session 2012 Vocal:人見元基(ex - VOWWOW / NOIZ)、Bass:湯川トーベン(ex - 子供ばんど)、Drums:岡井大二(ex - 四人囃子)、Guitar:小川銀次

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

CROSSWIND名義

  • CROSSWIND (1978年)
  • CROSSWIND2 (1979年)
  • そして夢の国へ (1982年)
  • WILDLAND (1984年)※未発表
  • LIVE Unknown Days (2007年)

小川銀次ソロ名義

  • Private Pieces 1986〜1987 (1991年)
  • InnerWIND (1991年11月21日)
  • InnerWIND2 (1992年)
  • Private-Pieces2 (1992年)※未発表
  • MUSIC / Private Diary 1995.12 (2001年5月23日、12枚同時リリース。)
  • MUSIC / Private Diary 1996.2
  • MUSIC / Private Diary 1996.4
  • MUSIC / Private Diary 1996.7
  • MUSIC / Private Diary 1996.10
  • MUSIC / Private Diary 1997.4
  • MUSIC / Private Diary 1997.12
  • MUSIC / Private Diary 1998.7
  • MUSIC / Private Diary 1998.12
  • MUSIC / Private Diary 1999.6
  • MUSIC / Private Diary 2000.2
  • MUSIC / Private Diary 2000.11
  • 大銀醸 (2001年、上記アルバムの12枚組ボックスセット。)
  • MUSIC / Private Diary 2003.6 (2003年6月24日)
  • Unknown Titles (2009年2月2日、Private Pieces 1986〜1987、Inner‐WIND、Inner‐WIND2をリマスタリングした、3枚組。)
  • 誰も知らない小さな島 ~Private Diary 2008-2015~ (2016年5月25日、2枚組。)

ミニアルバム[編集]

  • Personal Tea (2003年6月24日)

シングル[編集]

  • Tiny Island RENAISSANCE (2002年)

ビデオ[編集]

  • 月の彼方に (舞踏家、藤條虫丸との共演)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]