ハードフォーク・サクセション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハードフォーク・サクセション
RCサクセションコンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル フォーク
レーベル EXPRESS/東芝EMI
RCサクセション アルバム 年表
BLUE
(1981年)
ハードフォーク・サクセション
(1982年)
Yeahhhhhh...at武道館
(1982年)
テンプレートを表示

ハードフォーク・サクセション』は、1982年に発表されたRCサクセションの編集盤アルバム。

解説[編集]

RCサクセションの1970年から1972年まで、東芝音楽工業・エクスプレス・レーベルに残した音源による編集盤アルバム。 当時エクスプレス時代のアルバムはすべて廃盤で、同年中に再発売された2枚のアルバムに未収録の楽曲も多数含まれている。しかし、当時100万円までプレミア価格が付いたというデビュー・シングル「宝くじは買わない」は未収録。すべて既発表の楽曲だが、「三番目に大事なもの」は未発表ミックスで収録されている。 初版LPはアルバム・カバーにエンボス加工が施されている。1998年にCD化された。

収録曲[編集]

Side 1[編集]

  1. キミかわいいね (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一
  2. シュー (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  3. 三番目に大事なもの (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
    シングル版からストリングスを除いた別ミックス
  4. けむり (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  5. 去年の今頃 (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  6. 日隅くんの自転車のうしろに乗りなよ (作詞:忌野清志郎、作曲:林小和生、破廉ケンチ)
  7. ぼくの自転車のうしろに乗りなよ (作詞・作曲:忌野清志郎)

Side 2[編集]

  1. ぼくの好きな先生 (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  2. 2時間35分 (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  3. あの娘の悪い噂 (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  4. 言論の自由 (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  5. イエスタデイをうたって (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  6. どろだらけの海 (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)
  7. あの歌が想い出せない (作詞:忌野清志郎、作曲:武田清一)
  8. エミちゃんおめでとう (作詞・作曲:林小和生)
  9. メッセージ (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一)