アウトバーン (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アウトバーン
クラフトワークスタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年 西ドイツの旗 デュッセルドルフ
KLING KLANG STUDIO
ジャンル 電子音楽
クラウトロック
時間
レーベル Philips (Original)
(Rereleased on EMI/Electrola)
プロデュース コンラート・プランクラルフ・ヒュッターフローリアン・シュナイダー
専門評論家によるレビュー
クラフトワーク 年表
ラルフ&フローリアン
1973年
アウトバーン
1974年
放射能
1975年
テンプレートを表示

アウトバーン』(Autobahn)は、ドイツのユニットクラフトワークの4枚目のアルバム。

1974年11月フィリップス・レコードよりリリースされた。1998年にCD化され再リリースされている。

解説[編集]

本作は、現代音楽の一ジャンルであった電子音楽を初めて大衆に浸透させたとされる音楽史上重要なアルバムである。タイトルトラックの「アウトバーン」は22分36秒にも及ぶ演奏が、シングルリリースのため3分に大幅に編集された[1]。同シングルはBillboard Hot 100で25位に到達し[2]ヨーロッパに於いてもチャートの上位に到達した[3]。 アウトバーンの他にも、「Kometenmelodie2」がシングルとして発売されている[4]。日本におけるYMOを筆頭としたテクノ・ポップの源流にも位置付けられる。

「アウトバーン」ではヴォコーダーを用いたヴォーカルが入るが、残りのトラックはインストゥルメンタルである。本作に使われたミニモーグは当時のフォルクスワーゲンに相当する価格であった。 「Kometenmelodie」は前年にクラフトワークのファーストシングルとして発売された、「Kohoutek-Kometenmelodie」をリメイクしたものである。

allmusicはクラフトワークの全アルバム中、本作とヨーロッパ特急、リマスター・ボックスセット・カタログに5starsの最高評価を与えているが、本作に対してのみ更にAlbumPickの評価を与えている[2]

本アルバムは制作から25年以上が経ち、文化的または歴史的な価値がある録音物を対象にしたグラミーのアワード、2015年度グラミー殿堂賞(Grammy Hall of Fame)に加えられた[5]

収録曲[編集]

Side one
#タイトル作詞・作曲時間
1.「アウトバーン - Autobahn」("Motorway")
Side two
#タイトル作詞・作曲時間
2.「大彗星(鼓動) - Kometenmelodie 1」("Comet Melody 1")
  • Hütter
  • Schneider
3.「大彗星(軌道) - Kometenmelodie 2」("Comet Melody 2")
  • Hütter
  • Schneider
4.「深夜そして姿なき足跡 - Mitternacht」("Midnight")
  • Hütter
  • Schneider
5.「朝の散歩 - Morgenspaziergang」("Morning Walk")
  • Hütter
  • Schneider


クレジット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Thompson, Dave. “Autobahn - Kraftwerk : Song Info”. Allmusic. 2015年10月24日閲覧。
  2. ^ a b Autobahn - Kraftwerk : Awards”. Allmusic. 2015年1月18日閲覧。
  3. ^ 1975年発売。B面曲は発売国によって違うが、主に「Morgenspaziergang」、「Kometenmelodie2」が収録されている
  4. ^ 1974年発売。B面曲は発売国によって違うが、主に「Mitternacht」、「Kristallo(ラルフ&フローリアン収録)」が収録されている。
  5. ^ 2015年度の<グラミー殿堂賞(Grammy Hall of Fame)>が発表”. amass (2014年12月18日). 2015年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]