オルガニザツィオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オルガニザツィオーン
出身地 ドイツの旗 ドイツ
ジャンル クラウトロック
前衛音楽
実験音楽
活動期間 1968年 - 1970年[注 1]
レーベル RCAレコード
共同作業者 コニー・プランク
旧メンバー ラルフ・ヒュッター
フローリアン・シュナイダー・エスレーベン
バージル・ハムモウディ
ブッチュ・ハウフ
フレート・メーニクス

オルガニザツィオーン またはオルガニザツィオーン・ツア・フェアヴィルクリッヒュンク・ゲマインザーマー・ムジークコンツェプテ (: Organisation zur Verwirklichung gemeinsamer Musikkonzepte/日: 共通の音楽概念を具現化するための組織) は1968年に結成されたバンドである[1]。またクラフトワークの前身と言えるバンドとして知られている。

概要[編集]

  • 当時デュッセルドルフ音楽院で音楽を学んでいたラルフ・ヒュッターフローリアン・シュナイダーの2人と他3人のミュージシャンにより結成されたバンドであり、ライブ公演もたびたび行われた[2]
  • クラフトワークに収録されている「Ruckzuck」も当時のライブでは演奏していた。
  • アルバムは1969年に録音されたトーン・フロート一枚のみを発表しているが、ドイツのレコード会社では扱ってもらえず、結局1970年にやっとイギリスで発売された。 また、本作をクラフトワーク自身は「失敗作」と扱っており、正式にCD化はされておらず、現在はイタリアで発売されたブートレグのみでしか聴けないアルバムとなっている。
  • また、トーン・フロート発売時には既にOrganisationは解散同然の状態であり、トーン・フロートの裏ジャケットには初期クラフトワークのトレードマークでもあるトラフィック・コーンのマークが載っているため、この時期からクラフトワークは結成されていたとも言える。
  • アルバムはコニー・プランクがプロデュースしており、その後しばらくクラフトワークのプロデュースも手掛けている
  • 解散後、ラルフ、フローリアン以外のメンバーは、現在ほとんどは音楽活動を行っていない。 一時期バージル・ハムモウディはOrganisation解散後にクラフトワークの初期メンバー、アンドレアス・ホーマンらと「Ibliss」というバンドを1970年代初期に結成したがそれ以降の活動は不明である。 また、フレート・メーニクスは1990年代半ばにインタビューを受けていた時があった。

メンバー[編集]

オリジナルメンバー
1970年ツアー参加ミュージシャン
  • パウル・ローレンツ (Paul Lorenz) - トランペット
  • ペーター・マルティーニ (Peter Martini) - パーカッション
  • シャーリー・ヴァイス (Charly Weiss) - ドラム

ディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 他言語版wikipediaでは結成時期を1967年、1969年、解散時期を1971年とする記述も見られる。

出典[編集]

  1. ^ ARNO FRANK / DAS ARTE MAGAZIN, ed. (2013年8月30日), KRAFTWERK - MUSIC NON STOP _ Das ARTE Magazin _ de - ARTE / web.archive.org (ドイツ語), http://web.archive.org/web/20140219083928/http://www.arte.tv/de/kraftwerk-music-non-stop/7621260.html 2016年12月29日閲覧。 
  2. ^ Pascal Bussy: "Kraftwerk: Man, Machine and Music", SAF Publishing Ltd., Reprinted 1993, 1997, 1999

関連項目[編集]

外部リンク[編集]