クラフトワーク (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラフトワーク
クラフトワークスタジオ・アルバム
リリース
録音 1971年7月-8月
クリング・クラングスタジオドイツ語版デュッセルドルフ
ジャンル 電子音楽
時間
レーベル フィリップス
プロデュース クラフトワーク, コニー・プランク
専門評論家によるレビュー
クラフトワーク 年表
トーン・フロート
(1970年)
クラフトワーク
(1971年)
クラフトワーク 2
(1972年)
テンプレートを表示

クラフトワーク(Kraftwerk) は、クラフトワークのデビュー・アルバム。

概要[編集]

  • サウンド・エンジニアコニー・プランク。(アシスタント・エンジニアはクラウス・ローマー)
  • ラルフ・ヒュッターフローリアン・シュナイダーは本作をクラフトワークの作品とは認めず、再発売を拒絶している[要出典]。1990年代には「Germanofon」からのブートレグとして広く出回った。著作権保護の緩やかなイタリアのクラウン・レコードから正規盤CDとして1994年にリリースされた。
  • ジャケットデザインはラルフ・ヒュッターによるもの。
  • メンバーは一時期、ラルフ・ヒュッター、フローリアン・シュナイダーとドラム担当にアンドレアス・ホーマンの3人だったが、直後にドラム担当はクラウス・ディンガードイツ語版となった。(クラウスが本作でドラムを演奏している曲は「Vom Himmel Hoch」のみである。)
  • 1曲目に収録されている「Ruckzuck」はシンセポップとジャンル変え、メンバーも4人編成となった1974年でもライブでは演奏されていたが、1976年からは演奏されなくなった。
  • ラルフ・ヒュッターは2009年9月に発売されたタイム社 (イギリス)英語版の音楽・映画雑誌アンカット英語版2009年10月号のインタビューにおいて「クリング・クラングスタジオの書庫にあるKraftwerk 1と2、Ralf & Florianやライブのテープに関してエーミール・シュルトドイツ語版とリマスター作業中である[1]。」旨、明らかにした。結果として本作を含む初期盤3枚はパッケージとしては再発売されなかったものの、そのオリジナル音源はKraftwerk公式のsound cloudアカウントにて2013年2月23日より無償公開されている。

曲目[編集]

  1. Ruckzuck (translates as push-pull or similar) (07:47) [2]
  2. Stratovarius (pun on Stratocaster guitars and Stradivarius violins) (12:10) [3]
  3. Megaherz (09:30) [4]
  4. Vom Himmel Hoch (From Heaven above) (10:12) [5]

演奏者[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]