クラフトワーク 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラフトワーク 2
クラフトワークスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル 電子音楽
時間
レーベル フィリップス
プロデュース ラルフ・ヒュッター, フローリアン・シュナイダー,
コニー・プランク
専門評論家によるレビュー
クラフトワーク 年表
クラフトワーク
(1971年)
クラフトワーク 2
(1972年)
ラルフ&フローリアン
(1973年)
テンプレートを表示

クラフトワーク 2(Kraftwerk 2)は、1972年にリリースされたクラフトワークのアルバム。

概要[編集]

  • 本作も前作同様ラルフとフローリアンはクラフトワークの作品としては認めず、再発売を拒絶している[要出典]。1990年代には「Germanofon」からのブートレグとして広く出回った。著作権保護の緩やかなイタリアのクラウン・レコードから正規盤CDとして1994年にリリースされた。
  • レコーディング・エンジニアは前作同様コニー・プランク。(ミキサーはフローリアン。)
  • 本作のジャケットは前作のジャケットのデザインと同一であり、工事用コーンがデザインされているが前作は赤であった物が本作は緑となっている。(ジャケットデザインはラルフ・ヒュッターによるもの)
  • 前作に参加していたアンドレアス・ホーマン、クラウス・ディンガーは脱退しており、一時期ギターとして参加していた、ミヒャエル・ローターも既に脱退しており、本作ではラルフとフローリアン2人のみで制作している。
  • リズムマシンをレコーディングに初めて使っており、今後のクラフトワークの方向性を感じられる。
  • ラルフ・ヒュッターは2009年9月に発売されたタイム社 (イギリス)英語版の音楽・映画雑誌アンカット英語版2009年10月号のインタビューにおいて「クリング・クラングスタジオの書庫にあるKraftwerk 1と2、Ralf & Florianやライブのテープに関してエーミール・シュルトドイツ語版とリマスター作業中である[1]。」旨、明らかにした。結果として本作を含む初期盤3枚はパッケージとしては再発売されなかったものの、そのオリジナル音源はKraftwerk公式のsound cloudアカウントにて2013年2月23日より無償公開されている。

曲目[編集]

  1. Klingklang (17:36) - (Ring Sound) [2]
  2. Atem (02:57) - (Breath) [3]
  3. Strom (03:52) - (Stream) [4]
  4. Spule 4 (05:20) - (Reel 4) [5]
  5. Wellenlänge (09:40) - (Wavelength) [6]
  6. Harmonika (03:17) - (Harmonica) [7]

演奏者[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]