レピッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レピッシュ
別名 LÄ-PPISCH
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
スカ
ファンク・ロック
ニュー・ウェーブ
ポップ・ロック
オルタナティヴ・ロック
活動期間 1983年 - 2005年
2007年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
- ビクターインビテーション
1987年 - 1991年
- SPEEDSTAR RECORDS
1992年 - 1997年
ユニバーサルミュージック
1998年 - 2002年
BELO RECORDS
2003年 - )
公式サイト LÄ-PPISCH OFFICIAL WEB SITE
メンバー MAGUMI (ボーカルトランペット
杉本恭一 (ギター、ボーカル)
TATSU (ベース
旧メンバー 雪好 (ドラムス
(1983年 - 2001年)
上田現キーボードサックス、ボーカル)
(1984年 - 2002年)
山田剛久 (ベース
(1983年 - 1985年)

レピッシュLÄ-PPISCH1983年 - )は、日本の音楽グループロックスカを中心に活動している。

概要[編集]

1987年、メジャーデビュー。旧所属事務所はキティやDB MUSIC、契約レコード会社はビクターエンタテインメントビクターインビテーションSPEEDSTAR RECORDS)、ユニバーサルミュージック(移籍当時はユニバーサルビクター)、BELO RECORDSなど。2005年に活動休止。デビュー20周年をきっかけに2007年から活動再開。その後、上田現の死去により、没後イベントやフェスなどのイベントで不定期活動中。 LÄ-PPISCHとは、ドイツ語で<バカげた><子供じみた>等の意味。

明治大学軽音楽部(POP研)に籍を置いていた上田現と、明治学院大学の学生だった雪好が組んでいたテクノバンド「エレベーター」と、演技系の専門学校に通っていたMAGUMI、デザインの専門学校に通っていた杉本が組んでいたパンクバンド「スウィンドル」が合体して結成された。(ちなみに「スウィンドル」と「エレベーター」の接点は、この2つのバンドを兼任していたベーシスト山田剛久が、明治大の軽音楽部(POP研)に所属しており、2つのバンド共に、明治大和泉校舎・新学館地下室を練習の場所に使っていたこと。上田現・雪好・雪好の実兄であるガンダーラ金子(元スーパースランプ聖飢魔II)は「エレベーター」のメンバーであった。) アマチュア時代、レピッシュ名義での最初期ライヴ時のメンバーは、リードヴォーカル:松岡章、ギター:杉本狂市、サイドヴォーカル/パーカッション/トランペット/ダンス・パフォーマンス:MAGUMI、ベース:山田剛久、ドラム:奥井宏。その後間もなく奥井が脱退、ドラムは雪好に代わる。この時期、新宿ACB、目黒鹿鳴館でライヴ活動を展開するも、その後、松岡が脱退、MAGUMIがリード・ヴォーカル/トランペット/パーカッション担当となり、方向性を巡る試行錯誤を経て、1984年秋にキーボード:上田現が加入した。 この時期のメンバーを整理すると、リード・ヴォーカル/トランペット/パーカッション:MAGUMI、ギター:杉本狂市(恭一)、キーボード:上田現、ベース:山田剛久、ドラム:雪好。このメンバーで1985年初頭から積極的なライヴ活動を開始、出演した主なハコは、新宿ロフト渋谷屋根裏、新宿NYアンチノック、下北沢LAアンチノック(現在の屋根裏。LAアンチノックのこけら落としLIVEはこの時期のレピッシュによるものだった)、下北沢T5、渋谷エッグマン等。この時期、当時の新宿ロフトにおける「昼の部」の動員記録を樹立する等して話題となり、また夏にはヤマハが主催したコンテスト『イーストウエスト』に出場、熾烈な東京都内の地区予選を勝ち抜いて中野サンプラザでの決勝にも出場した。しかしこのコンテストを最後にベースの山田が脱退、その穴を埋めるべく明大軽音部と掛け持ちでジャズ研にも所属していたTATSUが誘われ、メジャーデビュー時のメンバーが揃った。1987年ビクター音楽産業からメジャーデビュー。後に雪好と上田現が脱退。

メンバー[編集]

  • MAGUMI(まぐみ、1963年9月24日 - ) - ボーカルトランペット
    熊本県出身。本名は「福田耕一」。血液型A型。
    芸名の由来は、「小2の頃、同じクラスだった女の子に『明日からマグミね』と言われた」 と書籍「バンドライフ」内で本人が語っており、由来については不明。
    高校卒業後、「とにかく早く親から独立したかった」と、新聞奨学生制度を使って演技系の専門学校に進学した。「合宿みたいで楽しかった」と語る反面、「人には薦められない」とも言っている。同時期に恭一のバンド「スゥインドル」の舞台に上がって踊ったりラッパを吹いたりしていた。その後、正式にトランペット・コーラスとしてスウィンドルに加入。
    BUCK-TICK櫻井敦司とはメジャーデビューした日が同じで、当時、所属していたレコード会社も同じ(ビクター)ということもあり、非常に仲がいい。(MAGUMI曰く、櫻井とは飲み屋でパンツを脱ぎあったり、都内某所のカラオケバーで盛り上がったり、自宅で麻雀したりする仲らしい)
    酔うと「やたら泣く→生い立ちについて延々語る」という学生時代(恭一・現の時事放談参照)から、デビュー時には「酔うと露出狂」になった。
  • 杉本恭一(すぎもときょういち、1964年3月20日 - ) - ギター・ボーカル
    熊本県出身。旧芸名は「狂市」。血液型O型。
    MAGUMIとは中学時代からの幼なじみではあるが、実は同じクラスには一度もなっていなかったらしく、お互いの友人を介して仲良くなった。同じ高校に通い、部活と登下校を共にした(ここでもクラスは別だったらしい)。
    上京後はデザインの専門学校に進学し、卒業後からメジャーデビューまでデザイン事務所に勤務していた。
  • TATSU (たつ、1967年2月7日 - ) - ベース
    東京都出身。本名「等々力達」。血液型B型。
    2006年よりGANGA ZUMBAのメンバーとしても活動。
    2016年よりJET SET BOYSのメンバーとしても活動。

元メンバー[編集]

  • 雪好 (ゆきよし、1963年11月26日 - ) - ドラム
    東京都出身。本名「金子幸充」。2001年秋「肉体的・精神的にドラムが叩けなく」なり脱退。血液型O。
    実兄は聖飢魔IIスーパースランプに所属していたガンダーラ金子
  • 上田現(うえだげん、1961年3月3日 - 2008年3月9日) - キーボードサックス・ボーカル
    兵庫県出身。血液型AB。2002年春「自分のペースでソロ活動に打ち込みたい」と言い残して脱退。
    元ちとせの大ヒットシングル「ワダツミの木」の作詞・作曲・編曲をする。
    2008年、肺癌のため逝去。
    MAGUMI曰く、バンドを結成して間もない頃、恭一がデザイン系の会社に就職するにあたり、上田が「お前、就職するんか? 音楽でメシ喰っていこうって気がせんのか?」と説教したが、当の本人は夏休みを利用して就活をし、こっそりキユーピーの内定を貰っていたらしい。

概要[編集]

  • 杉本はインディーズでも『analers(アナラーズ)』のリーダー・ボーカル・ギターとして活動していたが、レピッシュとほぼ同時に活動休止。ソロ活動に専念する。2004年に二枚目のソロアルバムを発表した。
  • 杉本と上田は、熱烈な阪神タイガースファンで、雑誌・宝島において『恭一&現の時事放談』を連載。単行本化されている。単行本の表紙イラストスージー甘金が描いた、タイガースのユニフォームを着た2人である。
  • 漫画作品『レピッシュ!』のタイトルは、このバンド名に由来する。これは作者のひうらさとるがレピッシュのファンだったことから。なお、これが縁でライブにも招待されたという。
  • RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO にて活動再開。同フェスには上田も参加予定だったが、「腰痛」を理由に不参加。しかし、実際はガンの闘病中で、翌年3月9日に逝去した。享年47。ガンに侵されていた事実は、没後、所属事務所から公表された。

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1987年9月21日
1989年7月28日
パヤパヤ VSS-402
VDR-13001

7inch

  1. パヤパヤ(SEVEN INCH VERSION)

CD

  1. パヤパヤ
  2. TOYS
  3. タンポポ
ビクターエンタテインメント
2nd 1988年7月21日 リックサック VIHX-1748
  1. リックサック
  2. Poor Boys
ビクターエンタテインメント
3rd 1989年12月6日 RINJIN VDRS-1194
  1. RINJIN
  2. BAD MAN(Live Version)
  3. 美代ちゃんの×××(Live Version)
ビクターエンタテインメント
ビクターCDラジカセ「CDioss」CMソング
4th 1990年9月5日 Magic Blue Case VISL-60
  1. Magic Blue Case
  2. -6m
ビクターエンタテインメント
5th 1991年1月1日 ハーメルン VICL-12005
  1. ハーメルン
  2. FAMILY
  3. ジェネレーション・ギャップ
ビクターエンタテインメント
6th 1993年9月22日
1993年11月3日
BABYRON〜バビロン
BABYRON grooves (アナログ12inch 完全限定版)
VIDL-10438

CD

  1. BABYLON
  2. ストリッパーズ
  3. BABYLON

12inch

  1. BABYLON
  2. Magic Blue Case
  3. BABYLON
  4. BABYLON
  5. ストリッパーズ
  6. 水溶性
  7. ストリッパーズ
ビクターエンタテインメント
7th 1995年2月2日 ありがとう VIDL-187
  1. ありがとう
  2. ハッピーエンドが好きなのに
ビクターエンタテインメント
8th 1995年12月1日 UTOPIA/MARACAS MAN VIDL-217
  1. UTOPIA
  2. MARACAS MAN
ビクターエンタテインメント
9th 1996年6月5日 記憶喪失 VICL-12023
  1. 記憶喪失
  2. サイクリング
  3. 解凍2030
ビクターエンタテインメント
10th 1996年12月18日 バイバイ VIDL-10842
  1. バイバイ
  2. 夢のブランコ
  3. 解凍2030
ビクターエンタテインメント
11th 1998年5月2日 無敵のサラリーマン MVCH-9006
  1. 無敵のサラリーマン
  2. Hello
MCAビクター
12th 1998年11月21日 夜想曲 〜路地裏から宇宙まで〜 MVCH-12006
  1. 夜想曲
  2. ソラミミ
  3. MATSURI・365
MCAビクター
ANB「真夜中人魚-Midnight Mermaids-」オープニング・テーマ
13th 1999年9月8日 blackbird (Single Version) MVCH-9023
  1. Blackbird
  2. Space Fish Go!Go!
  3. Good Morning Good Morning
MCAビクター
14th 2000年11月22日
2000年12月25日
Tribute to Tribute UUCH-5006
THUR-006
  1. パヤパヤ(Tribute to Tribute)
  2. Birthday Party
  3. ロックンロール トビー
  4. Poor Boy(Tribute to Tribute)
ユニバーサルJ

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1987年11月21日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
LÄ-PPISCH VDR-1456
VICL-61180
VICL-62937
ビクターエンタテインメント
2nd 1988年9月21日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
WONDER BOOK VDR-1548
VICL-61181
VICL-62938
ビクターエンタテインメント
3rd 1989年9月13日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
KARAKURI HOUSE LA-1
VIH-28376
VDR-1631
VICL-61182
VICL-62939
ビクターエンタテインメント
4th 1990年10月17日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
make VICL-60
VICL-61183
VICL-62940
ビクターエンタテインメント
5th 1992年7月22日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
FLOWER VICL-317
VICL-61184
VICL-62941
ビクターエンタテインメント
6th 1993年10月21日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
マイム VICL-467
VICL-61185
VICL-62942
ビクターエンタテインメント
7th 1995年3月29日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
ポルノポルノ VICL-644
VICL-61186
VICL-62943
ビクターエンタテインメント
8th 1997年1月1日
2003年8月6日
2008年09月24日
2012年10月24日
Q VIJL-30002
VICL-849
VICL-61187
VICL-62944
ビクターエンタテインメント
9th 1998年5月21日
2013年04月03日
DOGS can't see COLORS MVCH-29018
MVJH-5
UPCH-20310
MCAビクター
10th 1999年9月29日
2013年04月03日
ART OF GRADATION MVCH-29036
UPCH-20311
MCAビクター
11th 2000年11月22日
2013年04月03日
HEAVEN ELEVEN UUCH-1005
UPCH-20312
ユニバーサルJ
12th 2003年2月19日 POP BECA-6001 BELO RECORDS
ミニアルバム
1st 1986年10月-日
1998年09月23日
2007年09月22日
2011年07月13日
ANIMAL BEAT TECN-15394
CDSOL-1190
NPCC-1032
インディーズ:キャプテンレコード
2nd 1989年3月8日
2003年8月6日
ANIMAL II VCF-530
VICL-61188
ビクターエンタテインメント
3rd 1991年12月16日
2003年8月6日
Times VICL-18101
VICL-61189
ビクターエンタテインメント
4th 1994年5月5日 ハルメン'94 コンサート会場限定販売
ライブアルバム
1st 1992年1月1日
2003年8月6日
FOUR DAYS in CLUBCITTA 〜LÄ-PPISCH SUMMER LIVE'91〜 VICL-258
VICL-61190
ビクターエンタテインメント
ベストアルバム
1st 1998年4月22日
2007年11月08日
2008年09月24日
LÄ-PPISCH BEST 1987〜1997 あとのまつり VICL-60206/7
VICL-62645/6
ビクターエンタテインメント
2nd 2001年12月19日 スーパー・バリュー/LA-PPISCH UUCH-8006 ユニバーサルJ
3rd 2012年10月24日 LÄ-PPISCH BEST 1998〜2003 UPCY-6672 USMジャパン
オリコン最高121位
BOX
1st 2008年09月24日 We are LA-PPISCH!!-COMPLETE CD BOX VIZL-303:SHM-CD ビクターエンタテインメント
セルフカバーアルバム
1st 2012年10月24日 caldera VICL-63943 ビクターエンタテインメント
オリコン最高39位
オムニバスアルバム
1st 1993年4月25日 JUST A BEAT SHOW PAS-106 SS RECORDINGS
2nd 2008年9月24日 Sirius〜Tribute to UEDA GEN〜 VICL-62999 ビクターエンタテインメント
コラボレーション アルバム
1st 2008年6月11日 Blurprint メーカーレーベルバンビプロモーション)-ボーカルのMAGUMIが、ショコラータ渡辺蕗子、俳優のいしだ壱成と結成した異色ユニット『Venus&Mars』の初アルバム。

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番
1st 1991年07月21日 プロペラ LA-PPISCH HOME VIVL-39:VHS
VIVL-40:VHS
2nd 1996年06月05日 LOSS OF MEMORY VIVL-179:VHS
3rd 1998年11月06日 DOGS CAN'T SEE THE VIDEO MVVH-9:VHS
4th 2002年12月18日
2013年03月20日
DOGS Can't see THE VIDEO+4CLIPS UPBH-1072:DVD
UPBH-20100:DVD
5th 2003年8月6日
2008年9月24日
We are LÄ-PPISCH!!-COMPLETE DVD BOX・VICTOR YEARS & 03- ※初回限定生産 VIBL-141/5:DVD
VIBL-141:DVD
6th 2003年12月25日 TOUR 2003 LOVE IS OVER POBE-3003:DVD
7th 2004年11月24日 ライブ帝国 ANGIE VS LÄ-PPISCH JPBP-13034:DVD
8th 2007年1月26日 SPACE SHOWER ARCHIVE レピッシュ LIVE9093 DEJR-1003:DVD
9th 2013年03月20日 LA-PPISCH 25th ANNIVERSARY TOUR "ROKUNIN NO SAMURAI" AT SHIBUYA-AX 2012.11.22 VIZL-530:限定盤
VIBL-667:通常盤

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2000年12月01日 SMASH IN LAPPISCH 2 ~a TRIBUTE to LA-PPISCH~ LOCA-1001
2001年04月11日 ザ・モッズ トリビュート★★★SO WHAT!!★★★ ARCJ-170
2003年09月17日 BEST OF 蓮沼 1999→2003 DIGA-001
2003年12月24日 BOØWY TRIBUTE FLCF-3993
2005年04月06日 30-35 VOL.1 「もう一回、バンドやろうぜ!」 MHCL-521
2006年03月24日 バンド天国 VICL-61923
2006年06月14日 ROCK is LOFT Green Disc ~SHINJUKU LOFT 30th Anniversary~ TOCT-26069
2007年11月08日 ハンマーソングス~SPEEDSTAR RECORDS 15th ANNIV.COMPILATION~ VICL-62570
2008年09月24日 The Victor Recordings 7 1988~1997 VICL-62915
2008年11月26日 PIONEERS OF J-ROCK~based on shinjuku LOFT~ FLCF-4247
2012年10月24日
2013年07月27日
キング・ソングス・オブ・キャプテンレコード CDSOL-1523
NPCC-1069
2013年10月02日 キティ・コネクション 20thセンチュリー vol.2 KTCD-1014

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
加藤マニ Second Wind
川村ケンスケ 「バイバイ」
北岡一哉 「ハーメルン from「LA-PPISCH 25th Anniversary Tour 〜六人の侍〜 at SHIBUYA-AX 2012.11.22」」
竹内鉄郎 「ワダツミの木」
二十里真也 「Birthday Party」
長谷川優樹 「Yeah! Yeah! Yeah!〜Beat up and down〜」
不明 「BABYLON」「Blackbird」「CONTROL」「FANTASY」「MAGIC BLUE CASE」「MARACAS MAN」「ROOM」「UTOPIA」「VIRUS PANIC」「ありがとう」「ある物草な朝」「ハーメルン」「パヤパヤ〜BOY」「パヤパヤ(ORIGINAL VERSION)」「リック サック」「楽園」「記憶喪失」「水溶性」「無敵のサラリーマン」「夜想曲〜路地裏から宇宙まで〜」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]