インクスティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インクスティックInkstick、通称インク)は、かつて日本に存在したライヴハウス群である。かつて東京・西麻布に存在したカフェバーレッドシューズ」のオーナー松山勲が、インクのオーナーであった。

概要・略歴[編集]

1982年(昭和57年)12月、松山勲(1950年 - 2003年)が六本木に開いた、松山がオーナーとして経営したライブハウスである。1988年(昭和63年)、SOFT BALLETが初ライヴを行ったのはこの店である[1]1989年(平成元年)、近田春夫ビブラストーンのライヴを行い、同バンドのデビューアルバム『Vibra is Back』を収録したのもこの店である[2]。また同年、ECDが主催するイベント「CHECK YOUR MIKE」第1回をスタートするなど、日本のヒップホップシーンの黎明期を支えた。なお、「六本木インク」は、1989年7月31日に閉店した。

1986年(昭和61年)12月5日、「インクスティック芝浦ファクトリー」を期間限定でオープンした。空間プロデュースは「レッドシューズ」同様、松井雅美が手がけた[3]。1986年から1987年にかけて、JAGATARAMUTE BEATトマトスS-KENの4バンドでシリーズ・イベント「東京ソイソース」を開催。ライブとライブの間にDJが入るという試みをし、いとうせいこう&タイニー・パンクスランキンタクシーなども出演した。1989年3月、SPARKS GO GOの前身バンドBe Modernはここでのライヴをもって解散した[4]。同年11月4日、同店で行なわれたPINK CLOUDのライヴの模様は、ライヴDVD『1989.11.04 芝浦INK STICK』(江戸屋2006年11月8日)としてリリースされた[5]。同年12月31日、同店は閉店した。

つづいて、1989年にオープンした東京・渋谷の「DJバー・インクスティック」は、小林径がプロデューサーであった。ここではさまざまなイヴェントが行われたが、YOU THE ROCK★1990年(平成2年)にこの店でBEN THE ACEと出逢ったことがデビューのきっかけになっており[6]、歌手の渚ようこは、1994年(平成6年)、イヴェント「自由に歩いて愛して」でデビューしている[7]島田奈央子(元 島田奈美)がアイドル引退後にDJとして活躍していたのも同店である[8]

1990年(平成2年)12月にオープンしたのは「インクスティック鈴江ファクトリー」である。鈴江組(現鈴江コーポレーション)の倉庫を利用したこのライブハウスでは、こけら落としTHE THRILLの初ライヴであった。また、同月、同店では、ピチカート・ファイヴが3代目ヴォーカリスト・野宮真貴を迎えての初ライヴを行なった。翌年には、遠藤ミチロウ率いるスターリンが、1991年6月2日7月19日、同20日のライヴを収録し、『行方不明 〜LIVE TO BE STALIN〜』として同年リリースしている[9]

1980年代から1990年代の東京の音楽シーンに一時代を築き、1990年代半ばにはその役割を終えた。

店舗[編集]

  • インクスティック六本木 (東京都港区六本木、1982年12月 - 1989年7月31日)
  • インクスティック芝浦ファクトリー (東京都港区芝浦2-2-20、1986年12月5日 - 1989年12月31日)
  • DJバーインクスティック (東京都渋谷区神南、1989年 - 1995年)
  • インクスティック鈴江ファクトリー (東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム、1990年12月 - 1995年)

関連事項[編集]

参考書籍[編集]

松山勲インタビュー「心にいつも、シントウカンケイカン」

[編集]

  1. ^ SOFT BALLET」の項の記述を参照。[出典無効]
  2. ^ Vibra is Back」の項の記述を参照。[出典無効]
  3. ^ 松井雅美」の項の記述を参照。[出典無効]
  4. ^ SPARKS GO GO」の項の記述を参照。[出典無効]
  5. ^ #外部リンク内の「1989.11.04 芝浦INK STICK」リンク先の記述を参照。[出典無効]
  6. ^ YOU THE ROCK★」の項の記述を参照。[出典無効]
  7. ^ 渚ようこ」の項の記述を参照。[出典無効]
  8. ^ 島田奈央子」の項の記述を参照。[出典無効]
  9. ^ 行方不明 〜LIVE TO BE STALIN〜」の項の記述を参照。[出典無効]

外部リンク[編集]