ちひろさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ちひろさん
ジャンル 女性漫画
漫画:ちひろ
作者 安田弘之
出版社 講談社
掲載誌 モーニングマグナム増刊
モーニング
イブニング
レーベル モーニングKC
発表号 モーニングマグナム増刊:
No.8 - No.11[1]
No.12 - No.20[1]
モーニング
1999年49号[1]
イブニング:
2001年1-B号[1]
発表期間 1999年 - 2001年
巻数 全1巻
漫画:ちひろさん
作者 安田弘之
出版社 秋田書店
掲載誌 Eleganceイブ
レーベル A.L.C DX
発表号 2013年7月号 - 2018年9月号(第1部完)[注 1]
発表期間 2013年5月26日[3] - 2018年7月26日(第1部)[4]
巻数 既刊9巻(2018年12月14日現在)
映画
原作 安田弘之
監督 今泉力哉
脚本 澤井香織
今泉力哉
制作 アスミック・エース
デジタル・フロンティア
製作 Netflix
アスミック・エース
配給 アスミック・エース
封切日 2023年2月23日(予定)
上映時間 未定
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画映画
ポータル 漫画映画

ちひろさん』は、安田弘之による日本漫画作品。1999年から2001年にかけて『モーニングマグナム増刊』、『モーニング』および『イブニング』(ともに講談社)で連載されていた『ちひろ』の続編[1]で、第1部が『Eleganceイブ』(秋田書店2013年7月号から2018年9月号まで連載された[5][2]。同誌では2023年3月号に本作の映画化記念特別号として展開され、新たなエピソードが描きおろされている[6]

『ちひろ』では売れっ子風俗嬢のちひろの日常を描き[7]、『ちひろさん』では元風俗嬢だった主人公のちひろが海辺の小さなお弁当屋で働き、恋愛、仕事、自分自身のことなど様々な悩みを抱える人々に寄り添う姿を描く[8]

2023年2月に映画化の予定(後述)。

『ちひろ』、『ちひろさん』ともに作者の安田の代表作のひとつである[7][9]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

ちひろ
本作の主人公。元風俗嬢。本名は古澤綾。30代。今は弁当屋「のこのこ弁当」で働いている。

書誌情報[編集]

  • 安田弘之『ちひろ』講談社〈モーニングKC〉、2001年9月19日発売[1]ISBN 4-06-328771-8
  • 安田弘之『ちひろさん』秋田書店〈A.L.C DX〉、既刊9巻(2018年12月14日現在)
    1. 2014年3月14日発売[8]ISBN 978-4-253-15877-0

映画[編集]

ちひろさん
監督 今泉力哉
脚本 澤井香織
今泉力哉
原作 安田弘之
製作 山野晃(アスミック・エース)
中里友樹
製作総指揮 岡野真紀子(Netflix)
佐藤菜穂美
豊島雅郎
出演者 有村架純
豊嶋花
嶋田鉄太
van
若葉竜也
佐久間由衣
長澤樹
市川実和子
鈴木慶一
根岸季衣
平田満
リリー・フランキー
風吹ジュン
音楽 岸田繁
主題歌 くるり「愛の太陽」
撮影 岩永洋
編集 佐藤崇
制作会社 アスミック・エース
デジタル・フロンティア
製作会社 Netflix
アスミック・エース
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2023年2月23日(予定)
上映時間 132分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

安田弘之の同名漫画を原作として、今泉力哉監督により2023年2月23日に公開予定[18][19]。同時にNetflixで全世界配信予定[18][19]。主演は有村架純[18][19]

キャスト[編集]

ちひろ
演 - 有村架純
瀬尾久仁子(通称・オカジ)
演 - 豊嶋花[20]
佐竹マコト
演 - 嶋田鉄太[20]
バジル
演 - van[20]
内海
演 - リリー・フランキー[20]
多恵
演 - 風吹ジュン[20]
尾藤
演 - 平田満[20]
永井
演 - 根岸季衣[20]
谷口
演 - 若葉竜也[20]
ヒトミ
演 - 佐久間由衣[20]
宇部千夏(通称・べっちん)
演 - 長澤樹[20]
浮浪者のおじさん
演 - 鈴木慶一[20]
ちひろ
演 - 市川実和子[20]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 安田弘之「ちひろさん」(A.L.C DX / 秋田書店刊)
  • 監督 - 今泉力哉
  • 脚本 - 澤井香織、今泉力哉
  • 音楽 - 岸田繁
  • 主題歌 - くるり「愛の太陽」(VICTOR ENTERTAINMENT / SPEEDSTAR RECORDS[21]
  • プロデューサー - 山野晃(アスミック・エース)、中里友樹
  • エグゼクティブプロデューサー - 岡野真紀子(Netflix)、佐藤菜穂美、豊島雅郎
  • スーパーバイジング・プロデューサー - 山田雅子
  • ラインプロデューサー - 三好保洋
  • 撮影 - 岩永洋
  • 照明 - 谷本幸治
  • 録音 - 根本飛鳥
  • 美術 - 井上心平
  • 装飾 - 遠藤善人
  • 編集 - 佐藤崇
  • スクリプター - 河野ひでみ
  • スタイリスト - 伊賀大介
  • 衣裳 - 江口久美子
  • ヘアメイク - 田中マリ子
  • ヘアメイク(有村架純)- 宮内三千代
  • キャスティング - 細川久美子
  • フードスタイリスト - 飯島奈美
  • リレコーディングミキサー - 浜田洋輔
  • 音響效果 - 勝亦さくら
  • カラリスト - 石山将弘
  • VFXプロデューサー - 前川英章
  • 助監督 - 髙土浩二
  • 制作担当 - 多賀典彬
  • 音楽プロデューサー - 安井輝
  • 宣伝協力 - FINOR
  • 製作 - Netflix、アスミック・エース
  • 制作プロダクション - アスミック・エースデジタル・フロンティア
  • 配給 - アスミック・エース

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年9月号の連載最終ページに「『ちひろさん』はしばらくの間、お休みをいただきます」との告知がされている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f "『ちひろ』". 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年8月10日閲覧
  2. ^ a b "安田弘之「ちひろさん」が第1部完結、夜に生きた女のその後を描いた物語". コミックナタリー. ナターシャ. 27 July 2018. 2022年8月10日閲覧
  3. ^ "Eleganceイブ 2013年7月号". 秋田書店. 2023年1月26日閲覧
  4. ^ "Eleganceイブ 2018年9月号". 秋田書店. 2023年1月26日閲覧
  5. ^ "安田弘之「ちひろ」の続編がエレガンスイブでスタート". コミックナタリー. ナターシャ. 26 May 2013. 2023年1月26日閲覧
  6. ^ "「ちひろさん」新作がエレガンスイブに、安田弘之×有村架純×今泉力哉の鼎談も". コミックナタリー. ナターシャ. 26 January 2023. 2023年1月26日閲覧
  7. ^ a b "ちひろ(漫画)". マンガペディア. 2023年1月26日閲覧
  8. ^ a b "ちひろさん 第1巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  9. ^ "ちひろさん(漫画)". マンガペディア. 2023年1月26日閲覧
  10. ^ "ちひろさん 第2巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  11. ^ "ちひろさん 第3巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  12. ^ "ちひろさん 第4巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  13. ^ "ちひろさん 第5巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  14. ^ "ちひろさん 第6巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  15. ^ "ちひろさん 第7巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  16. ^ "ちひろさん 第8巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  17. ^ "ちひろさん 第9巻". 秋田書店. 2022年8月10日閲覧
  18. ^ a b c "有村架純×今泉力哉監督がタッグ!Netflix映画『ちひろさん』全世界配信&劇場公開が決定". MOVIE WALKER PRESS. ムービーウォーカー. 10 August 2022. 2022年8月10日閲覧
  19. ^ a b c "「ちひろさん」有村架純主演で実写映画化 元・風俗嬢の主人公役、監督は今泉力哉". 映画.com. カカクコム. 10 August 2022. 2022年8月10日閲覧
  20. ^ a b c d e f g h i j k l 有村架純主演、Netflix映画『ちひろさん』豊嶋花、リリー・フランキー、佐久間由衣ら出演”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年10月31日). 2022年10月31日閲覧。
  21. ^ お弁当あるけど食べる?有村架純×今泉力哉「ちひろさん」予告編、主題歌はくるり”. 映画ナタリー. ナターシャ (2022年12月6日). 2022年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]