昔話法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昔話法廷
ジャンル 教育番組
テレビドラマ
脚本 今井雅子
オカモト國ヒコ
坂口理子
監修 今井秀智
出演者 平川和宏
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
シーズン数 4
話数 10
製作
製作 日本放送協会
放送
放送チャンネル NHK Eテレ
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1話 - 第3話
放送期間 2015年8月10日 - 8月12日
放送時間 月曜 - 水曜 10:00-10:15
放送枠 テレビクラブ
放送分 15分
回数 3
第4話 - 第6話
放送期間 2016年8月3日 - 8月5日
放送時間 水曜 - 金曜 9:00 - 9:15
放送枠 テレビクラブ
放送分 15分
回数 3
第7話・第8話
放送期間 2017年8月14日 - 8月15日
放送時間 月曜 - 火曜 9:30 - 9:50
放送枠 テレビクラブ
放送分 20分
回数 2
シーズン4(第9話・第10話)
放送期間 2018年8月13日 - 8月14日
放送時間 月曜 - 火曜 9:00 - 9:20
放送枠 テレビクラブ
放送分 20分
回数 2

昔話法廷』(むかしばなしほうてい)は、NHK教育テレビジョン2015年から放送されている小学5・6年生から高校生対象のテレビドラマシリーズ[1]。親しみ深い昔話を題材に「もし、昔話の主人公たちが訴えられたら…?」との設定で、昔話の登場人物が現代の法廷で裁かれる様子を裁判員の視点から描いた法廷ドラマを通じて裁判員制度について考える[2][3]

概要[編集]

既存の昔話で起きた展開を現代の法律になぞらえて裁判形式で展開する[4]。ドラマは裁判員の目線から描かれ、毎回裁判員の審議に入ったところで話が終わるが、これは判決を視聴者の判断に委ねるという番組の意向上の演出である[5]

2016年にドイツミュンヘンで開催された子供向けテレビ番組賞「プリ・ジュネス2016」でノミネートされた全作品を鑑賞したこども審査員たちの投票で本作(第1話「『三匹のこぶた』裁判」の回)が第1位を獲得し、11歳から15歳対象のフィクション作品部門で国際こども審査員賞を受賞した[6][7]。また第1話「『三匹のこぶた』裁判」の回が2016年度グッドデザイン賞を受賞している。

2016年8月3日〜5日に第2弾が放送[6]、2017年8月14日・15日に第3弾が放送[8]、2018年8月13日・14日にシーズン4が放送[9]

放送日程・キャスト[編集]

シーズン 各話 初回放送日 サブタイトル 脚本 キャスト
裁判員 被告人 検察官 弁護人 検察側証人 弁護側証人 傍聴人 裁判長
1 第1話 2015年8月10日 三匹のこぶた』裁判 今井雅子 広瀬千明 - 小芝風花 トン三郎 - 押田美和 / 前田航基(声) 相田智子 - 木南晴夏 山西ハジメ - 加藤虎ノ介 オオカミの母親 - 田村こころ / 坂本千夏(声) トン一郎 - 浅川薫理 / 下田翔大(声) トン二郎 立松仁 - 平川和宏
第2話 8月11日 カチカチ山』裁判 高原聡子 - 宮﨑香蓮 ウサギ - 藤尾勘太郎 / 蕨野友也(声) 内川花 - 安藤玉恵[10] 宮前卓郎 - モロ師岡[10] タヌキ - 田沼ジョージ / 清水優(声) おじいさん - 高橋元太郎[10]
第3話 8月12日 白雪姫』裁判 大平まみ - 工藤綾乃 王妃 - 真行寺君枝[10] 霧島翔 - 山本裕典 藤豊彦 - 堀内正美 白雪姫 - 小林涼子
狩人 - 苅谷俊介
―――
2 第4話 2016年8月03日 アリとキリギリス』裁判 オカモト國ヒコ 宮下七海 - 朝倉あき アリ - 藤尾勘太郎 / 松田悟志(声) 大田満知子 - ミムラ 崎島六助 - 嶋田久作 キリギリスの母 - 尾島江利子 / 春風ひとみ(声) アリの妻 - 押田美和 / 吉本菜穂子(声)
第5話 8月04日 舌切りすずめ』裁判 川本ルナ - 蔵下穂波 すずめ - 押田美和 / 大後寿々花(声) 久米夏 - 国仲涼子 鈴木哲男 - 小木茂光 おばあさん - 根岸季衣 おじいさん - 沼田爆
第6話 8月05日 浦島太郎』裁判 滝沢奈緒 - 光宗薫 乙姫 - 清水くるみ 高嶺つかさ - 奥貫薫 辻幸作 - 平田満 浦島太郎 - 横内正 カメ - 森大 / 前野朋哉(声)
3 第7話 2017年8月14日 ヘンゼルとグレーテル』裁判 坂口理子 瀬戸香織 - 松本穂香 ヘンゼル - 二宮慶多
グレーテル - 新井美羽
奥町寿々子 - 小西真奈美 里田良雄 - 志賀廣太郎 白い鳥 - 浜野謙太(声) ―――
第8話 8月15日 さるかに合戦』裁判 友永啓介 - 須賀健太 猿 - 中村倫也(声) 岡山都 - 小林聡美 生駒孝 - 小澤征悦 子ガニ - 浦上晟周(声) 猿の妻 - 内田慈(声) 子猿
4 第9話 2018年8月13日 ブレーメンの音楽隊』裁判 田村まどか - 優希美青 ロバ - 寺田農(声) 鎌田寛 - 林遣都 白石樹 - 木村多江 盗賊一家の長男 - 山中崇 ネコ - 松金よね子(声) イヌ
オンドリ
第10話 8月14日 赤ずきん』裁判 水元佑太 - 泉澤祐希 赤ずきん - 佐藤玲 本多美咲 - 吉田羊 武智昌平 - 竹中直人 オオカミの母親 - 神野三鈴(声) おばあさん - 角替和枝

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

小説
  • 昔話法廷(編:NHK Eテレ「昔話法廷」制作班、原作:今井雅子、法律監修:イマセン、挿画:伊野孝行、2016年8月、金の星社ISBN 978-4-323-07365-1
  • 昔話法廷 Season2(編:NHK Eテレ「昔話法廷」制作班、原作:オカモト國ヒコ、法律監修:イマセン、挿画:伊野孝行、2017年9月、金の星社、ISBN 978-4-323-07399-6
  • 昔話法廷 Season3(編:NHK Eテレ「昔話法廷」制作班、原作:坂口理子、法律監修:イマセン、挿画:伊野孝行、2018年6月、金の星社、ISBN 978-4-323-07421-4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “昔話法廷(NHK Eテレ) オオカミ殺した「三匹のこぶた」正当防衛か?計画殺人か?面白くてためになる中高生向け法廷ドラマ”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2015年8月12日). http://www.j-cast.com/tv/2015/08/12242545.html 
  2. ^ 番組紹介”. 昔話法廷. NHK for School. 2018年8月14日閲覧。
  3. ^ 昔話法廷”. 金の星社. 2018年8月15日閲覧。
  4. ^ “子どもだましでは子どもはだまされない! Eテレ法廷教育ドラマ『昔話法廷』が裁くもの”. excite.ニュース(配信元:日刊サイゾー) (エキサイト株式会社(配信元:株式会社サイゾー)). (2015年8月19日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150819/Cyzo_201508_e_2.html 
  5. ^ ファンタジーな画面に似合わぬ本格法廷教育劇 Eテレ「昔話法廷」って?”. NEWSポストセブン. 小学館 (2015年8月11日). 2015年12月31日閲覧。
  6. ^ a b “『昔話法廷』続編決定 アリ、舌切りすずめ、乙姫が訴えられたら”. ORICON STYLE. (2016年6月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2074109/full/ 2016年6月26日閲覧。 
  7. ^ PRIX JEUNESSE INTERNATIONAL 2016: Prize Winners Announced Prix Jeunesse International Munchen, 30 November 2016
  8. ^ “昔話の主人公が訴えられる…Eテレ「昔話法廷」の新作は誰もが知る日本の民話「さるかに合戦」”. Japaaan. (2017年8月14日). https://mag.japaaan.com/archives/59802 2018年6月29日閲覧。 
  9. ^ Eテレの大ヒット作「昔話法廷」 新シーズンに豪華キャストが登場!”. NHKオンライン. NHK_PR. 日本放送協会 (2018年7月30日). 2018年8月14日閲覧。
  10. ^ a b c d “オオカミ殺害のこぶたを裁く Eテレのシュールな「昔話法廷」が話題に”. zakzak by 夕刊フジ (株式会社産経デジタル). (2015年8月22日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150822/enn1508221527011-n1.htm 
  11. ^ 今井秀智教授が監修!Eテレにて「昔話法廷」が放送されます!”. 國學院大學 (2015年8月4日). 2015年12月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]