学ぼうBOSAI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
学ぼうBOSAI
ジャンル 学校教育(防災教育)
出演者 大木聖子
濱口優
相武紗季
製作
プロデューサー 六本良多、他
制作 NHKNHK大阪放送局
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2013年4月10日 -
放送時間 木曜 9:30 - 9:40
放送分 10分

学ぼうBOSAI』(まなぼうボウサイ)は、NHK Eテレ2013年4月10日から放送されている防災をテーマとした学校放送番組。

番組概要[編集]

2011年東日本大震災をきっかけに展開している大型キャンペーン企画・「NHK東日本大震災プロジェクト」協賛番組である。この番組では、子供大人を動かし、深く考える番組として、プレゼンターや専門家が最新の知見や現場での取り組み、学校でのワークショップの様子を伝えるものである[1]

本番組のベースとなった番組は2つある。1つは、2012年度に学校放送の特集企画として放送した『シンサイミライ学校[2]であり、もう1つは2012年度から定時放送としてスタートした「現場に出かけて現場で学ぶ」総合学習番組で主要テーマの1つが防災教育である『げんばるマン』である。

日本南海トラフを震源とする巨大地震の発生が懸念されていることもあり、NHKは2013年度の学校放送番組の編成見直しにあたり、岩手県釜石市における“釜石の奇跡”の実例を踏まえ、内容を拡充して子どもたちにも自分たちでいのちを守る力を身に着けてもらおうと、防災教育番組の定時化を実施することとしたのである。

この番組からは、慶大生が考案した「じしんだんごむし体操」のが生まれた[3]。これは地震が発生したら身を守るためにダンゴムシのように丸くなった方がいいという主旨の歌と体操である[3]

放送媒体・時間[編集]

どちらも日本時間

  • 本放送
    • 2013年度:水曜 09:50 - 10:00
    • 2014年度:木曜 09:30 - 09:40
  • 再放送
    • 2013年度~2014年度:日曜 18:30 - 18:40
    • 2015年度:金曜 15:45 - 15:55

シリーズ企画[編集]

2013年度
地球の声を聴こう
私たちが住む地球の声に耳を傾け、災害はなぜ発生するのかを知るとともに、災害の恐ろしさとそれに対する備えを行うことの大切さを学ぶ。同シリーズは2013年度に続いて、2014年度も2013年度放送分の再放送に加えて2014年度が初回放送となる新作も放送している。
命を守るチカラ
私たちの命を守るために、日々奮闘する人たちの姿を追ったドキュメント。2014年度は2013年度放送分の再放送。
シンサイミライ学校
前述でも記載した通り、本番組の母体となった企画。故郷を愛し自分の判断行動で、自分とみんなのを守ることを学ぶ。2014年度は2013年度放送分の再放送。
2014年度

2013年度放送分の再放送(全20回)に2014年度が初回放送となる新作(全20回)を加えた全40回の放送となる。2014年度が初回放送となるシリーズ企画として、「地球を聴こう」のほかに、「””を受け継ぐ」被災者に学ぶ」の2つの新シリーズがスタートする。

出演[編集]

地球の声を聴こう
各年度共通

2013年度(2014年度も同内容を再放送)

2014年度

命を守るチカラ

シンサイミライ学校

出演者のうち、相武紗季(兵庫県出身)は小学校3年生のときに阪神・淡路大震災を経験している[4]

制作協力・制作著作[編集]

制作協力・制作著作クレジットは下記のシリーズ企画により少し異なる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成25年度新番組(NHK放送総局長会見資料・2013年1月23日) Archived 2013年10月19日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 源流となったのは、阪神・淡路大震災を経験したNHK大阪放送局が中心となりWEB上で展開していた「リエゾン被災人」というサイトである。これを東日本大震災後に「NHKそなえる防災」というポータルサイトに衣替えした。
  3. ^ a b じしんだんごむし体操|クリップ|NHK for School - NHK Eテレ 学ぼうBOSAIホームページ。
  4. ^ 本番組公式サイト「シンサイミライ学校」内プロフィールより
NHK Eテレ 小学校5~6年生及び中学校向け総合学習番組防災教育番組(2013年度~)
前番組 番組名 次番組
げんばるマン
学ぼうBOSAI
-