坂口理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
坂口 理子
プロフィール
誕生日 (1972-05-16) 1972年5月16日(46歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
主な作品
テレビドラマおシャシャのシャン!
映画リトル・マエストラ
かぐや姫の物語
受賞
テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞 優秀賞
(『よいお年を』)
第31回創作テレビドラマ大賞 最優秀作
(『おシャシャのシャン!』)
第2回WOWOWシナリオ大賞 優秀賞
(『フロイデ!〜歓喜の歌でサヨナラを〜』)
第36回城戸賞 入選
(『風に聞け』)

坂口 理子(さかぐち りこ、1972年5月16日[1] - )は、日本脚本家

神奈川県[1]横浜市出身[2][3]早稲田大学第一文学部演劇専修卒業[1]。アクラ所属。演劇ユニットテトラクロマットメンバー[4]父は童話作家の三田村信行[要出典]

来歴・人物[編集]

東京都立八王子東高等学校[要出典]早稲田大学第一文学部演劇専修卒業[1]NHKエンタープライズ勤務を経て2000年に退社、シナリオ・センター東京本校にて脚本を学び、フリーの脚本家としてテレビドラマ映画舞台などの脚本を担当する[1][4][5][6]

2006年、『よいお年を』でテレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞優秀賞を受賞。また『おシャシャのシャン!』で第31回創作テレビドラマ大賞(日本放送作家協会主催)最優秀賞を受賞し、NHK長野放送局の制作により田畑智子主演で2008年1月にドラマ化される。

2008年、『フロイデ!〜歓喜の歌でサヨナラを〜』で第2回WOWOWシナリオ大賞優秀賞。後に小説化し、リンダブックスより2012年11月24日に刊行する。

2010年、『風に聞け』で第36回城戸賞入選。

2012年、演劇ユニット『テトラクロマット』旗揚げに参加。脚本を担当している。

『おシャシャのシャン!』を見た高畑勲監督からのオファーにより、2013年、映画『かぐや姫の物語』の共同脚本を担当[注 1][6]。ノベライズ版を角川文庫より刊行する。

2014年、NHK連続テレビ小説マッサン』に脚本協力として参加、スピンオフドラマ『マッサン スピンオフ 前編「すみれの家出〜かわいい子には旅をさせよ〜」』の脚本を担当する。

学生時代から歌舞伎を研究している。童話作家の三田村信行は実父[要出典]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テトラクロマット公演
  • 銀河廃線(2013年)
  • 花の下にて(2014年)
  • 風は垂てに吹く(2016年)
その他の公演
  • 劇団たいしゅう小説家 presents THE LIGHT STAFF(2009年)
  • たねびとの会「しあわせのタネ」(2014年 - ) - 脚本・作詞
  • 劇団Nooooon!「THE LIGHT STAFF 2012」(2014年)
  • 岸博之/劇団蝶能力共同プロデュース〜Live and Let die〜「ライトスタッフ」(2016年)
  • 水色革命MARU25周年記念公演「オオカミは走る」(2016年)
  • 岡山子ども未来応援プロジェクト「さよなら、ハロルド!」(2018年)

書籍[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 高畑勲との共同脚本。
  2. ^ 第42回放送文化基金賞 【番組部門】テレビドラマ番組部門 奨励賞 受賞作品。
  3. ^ 同名映画のノベライズ版。
  4. ^ アラキノゾミ(作画)との共著。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 文筆業 坂口理子さんの登場です。10/5のしごとがしりたい”. キャリア35のブログ. キャリア35 (2013年10月2日). 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ 【満員御礼】7/24(月)開催!Theミソ帳倶楽部 『メアリと魔女の花』 プロデューサー西村義明さん×脚本家坂口理子さん 編”. シナリオ教室 ONLINE. シナリオ・センター (2017年7月15日). 2018年1月16日閲覧。
  3. ^ この街あの人この人「脚本家 坂口理子さん」 (PDF)”. 広報いちはら 平成29年6月1日号. 市原市. p. 8 (2017年6月1日). 2018年1月16日閲覧。
  4. ^ a b 早川玲奈 (2014年9月24日). “【スタッフ紹介その1】 脚本:坂口理子”. News. テトラクロマット. 2015年11月26日閲覧。
  5. ^ 小林幸恵 (2014年4月2日). “学校で学ぶということ・・・坂口理子さん”. 表参道シナリオ日記. シナリオ・センター. 2015年11月26日閲覧。
  6. ^ a b 脚本という仕事 特別講師:脚本家 坂口 理子先生”. 第548回公開プロ家庭教師研修大会(2016年7月). 日本家庭教師センター学院 (2016年7月). 2018年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]