傍聴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

傍聴(ぼうちょう)とは会議や裁判などについて、傍で議論等を聞くこと。

概要[編集]

傍聴には席に限りがある。傍聴者が席より少なければ希望通り傍聴できるが、傍聴希望者が多い場合は抽選などになることもある。

会議における傍聴[編集]

衆議院参議院、都道府県や区市町村などの地方公共団体の議会において、傍聴が可能である。

衆議院および参議院[編集]

衆・参議院本会議を傍聴するには、一般傍聴券又は議員紹介券が必要である。一般傍聴券は、衆議院・参議院各面会受付所(傍聴受付窓口)にて当日分を先着順で配布している。 なお、2001年10月9日よりアメリカ同時多発テロ事件の影響で一般人の傍聴は中止されていたが、2009年11月6日から再開している。

委員会や調査会については、衆・参院議員の紹介により委員長や調査会の会長の許可を得られれば、一般人の傍聴が出来る。

地方公共団体[編集]

都道府県や区市町村議会での定例会や委員会においては、原則的に公開されており、傍聴が可能である。

なお、託児所を設けて子育て中の親の傍聴を可能にしたり、手話通訳を行っていたりと、配慮をしている自治体が目立つ。

裁判における傍聴[編集]

裁判の傍聴をするには特に許可等はいらない(憲法37条1項、82条1項)。

裁判においては世間の注目を集めた事件の裁判では傍聴希望者が殺到することがある。司法記者クラブなど報道陣向けの傍聴席は一定数確保されているが、席に制限があるため、マスコミは一般の傍聴席からもさらに席を確保しようとアルバイトを雇って、抽選に並ばせる方法を取ることがある。

2002年11月以降、犯罪被害者保護法によって事件の当該被害者は優先的に傍聴席で傍聴できるようになった。

傍聴希望者が多い裁判の例[編集]

基本的に、一般人の個人名は伏せるものとする。(ただし、本人が書籍などを出版するなどしていた場合や、該当の記事ページで本名が掲載されている場合には表記する)

傍聴希望者が多い裁判の例
裁判 被告人 公判 期日 人数 備考
1 オウム真理教事件 麻原彰晃 東京地裁 初公判 1996年4月24日 12292人
2 覚せい剤取締法違反 酒井法子 東京地裁 初公判 2009年10月26日 6615人
3 和歌山毒物カレー事件 林眞須美 和歌山地裁 初公判 1999年5月13日 5220人
4 オウム真理教事件 中川智正 東京地裁 初公判 1995年10月24日 4158人
5 ロッキード事件 田中角栄 東京地裁 判決公判 1983年10月12日 3904人
6 光市母子殺害事件   第2次広島高裁 判決公判 2008年4月22日 3886人
7 覚せい剤取締法違反 清原和博 東京地裁 初公判 2016年5月17日 3769人
8 JR浦和電車区事件   東京地裁 最終弁論公判 2007年7月17日 3617人
9 オウム真理教事件 青山吉伸 東京地裁 初公判 1995年10月18日 3076人
10 秋田児童連続殺害事件   秋田地裁 判決公判 2008年3月19日 2978人 被害児童の母親を犯人として逮捕。
11 覚せい剤取締法違反 ASKA 東京地裁 初公判 2014年8月28日 2646人
12 ロス疑惑 三浦和義 東京地裁 第2回公判 1986年2月14日 2520人
13 オウム真理教事件 早川紀代秀 東京地裁 初公判 1995年12月13日 2391人
14 足立区女性整体師刺殺事件   東京地裁 初公判 2009年8月3日 2382人 初めて裁判員制度が適用された事件。
15 新潟少女監禁事件   新潟地裁 初公判 2000年5月23日 2274人
16 押尾学事件 押尾学 東京地裁 初公判 2009年10月23日 2232人
17 陸山会事件 小沢一郎 東京地裁 初公判 2011年10月6日 2146人
18 附属池田小事件 宅間守 大阪地裁 判決公判 2003年8月28日 2107人
19 ライブドア事件 堀江貴文 東京地裁 初公判 2006年9月4日 2002人
20 松山ホステス殺害事件 福田和子 松山地裁 初公判 1997年10月27日 1979人 長期逃亡・刑務所での強姦などからドラマ化
21 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件 宮崎勤 東京地裁 初公判 1990年3月30日 1591人
22 足利事件 菅家利和 宇都宮地裁 再審判決公判 2010年3月26日 1513人 冤罪事件の再審 (無罪確定)
23 オウム真理教事件 松本剛 東京地裁 初公判 1995年10月9日 1508人

関連項目[編集]

外部リンク[編集]