青山吉伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山吉伸
誕生 (1960-03-09) 1960年3月9日(57歳)
大阪府柏原市
ホーリーネーム アパーヤージャハ
ステージ 正悟師
教団での役職 顧問弁護士
法務省大臣
入信 1988年昭和63年)
関係した事件 滝本太郎弁護士サリン襲撃事件
宮崎県資産家拉致事件
公証人役場事務長逮捕監禁致死事件
判決 懲役12年(控訴棄却)

青山 吉伸(あおやま よしのぶ、1960年3月9日 - )は、元オウム真理教幹部。元弁護士。ホーリーネームはアパーヤージャハ。教団内でのステージは正悟師で、教団が省庁制を採用した後は法務省大臣だった。

人物[編集]

生い立ち[編集]

大阪府柏原市出身。大阪府立高津高等学校を経て、京都大学法学部卒業。京都大学では鈴木茂嗣の指導を受けるとともに、在学中の21歳で司法試験に合格した。大学卒業後、司法修習(第36期司法修習生)を経て弁護士となった。元日本共産党[1]

オウム真理教事件の最中には青山と大手企業との関係が噂されたが、これは大手企業側から無関係とされている[2]

弁護士として入信[編集]

1984年昭和59年)、大阪市の「なにわ共同法律事務所」に入所し、西淀川公害訴訟などを手がけた。

通勤電車が原因で発症した腰痛の治療のためにヨガ道場に通い始めたところ、それがオウム真理教の主催しているものであったことから麻原彰晃の著作を読むようになった。本人談によれば、このヨガ道場での修行で腰痛が快癒したと語っている。また、中川智正と同じくオウム真理教の音楽コンサート「龍宮の宴」に感銘を受けたという[3]

青山は1988年(昭和63年)2月にオウム真理教に入信、翌1989年平成元年)秋には「なにわ共同法律事務所」から独立し、柏原市に「青山法律事務所」を開設した。

オウム真理教顧問弁護士[編集]

1989年平成元年)12月5日に出家し、教団の顧問弁護士を務めるようになった。後に殺害されるオウム被害者の会の坂本堤弁護士や、その後継者である滝本太郎弁護士との交渉にも参加しており、滝本の暗殺計画にも関与した(滝本太郎弁護士サリン襲撃事件)。

教団幹部・上祐史浩ロシアに滞在していた1993年平成5年)9月から1995年平成7年)3月までのあいだ教団のスポークスマンとして一連のオウム真理教事件における記者会見にも登場、世間に広く知られるようになった。

1990年10月には国土利用計画法違反事件逮捕され、同年12月まで拘留されている。

1994年オウム真理教の国家転覆計画の一端とされる基本律の編纂に関わる。

1995年1月4日読売新聞1月1日にスクープした上九一色村でのサリン副生成物検出の責任をなすりつけるため、青山らがに東京南青山の教団新東京総本部ビルで記者会見し、山梨県上九一色村有機肥料会社社長が教団施設にサリンを撒いたとして発表。殺人未遂罪甲府地方検察庁告訴

同年3月18日、地下鉄サリン事件が決定されたリムジン謀議に参加(石川公一と共に立件はされていない)。3月22日以降警察強制捜査により続々と教団信者らが逮捕されると、弁護士という立場を生かして勾留している信者と接見した。自白をしていたオウム幹部などの被疑者たちは、青山と接見すると急に自白を拒むようになったが、捜査幹部は青山が弁護士という立場で接見交通権を悪用して「修行が足りない」等と脅して、オウム事件の露見を阻止しようとしていたと主張している。

同年5月4日、1月4日の記者会見による肥料会社社長への名誉毀損罪警視庁に逮捕される。この逮捕は別件逮捕であるとの批判も行われ、別件逮捕に関する議論を特に高めた。

同年6月13日日本弁護士連合会から弁護士登録を抹消されている(この時点では弁護士資格は有効)[4]。この時、青山の弁護人は遠藤誠が務めていた。

有罪にて服役[編集]

教団と対峙していた弁護士・滝本太郎サリンを用いて殺害しようとした滝本太郎弁護士サリン襲撃事件において、滝本を呼び出す役割を務めることで加担したとして、殺人未遂罪で起訴された。1995年3月20日地下鉄サリン事件の発生2日前に麻原ら幹部がサリン散布計画をリムジン車内で謀議した際に同席していたが、犯行に加担する発言が確認されず立件は見送られた。井上嘉浩島田裕巳宅爆弾事件の立案者であるとしている。

東京高等裁判所2002年平成14年)2月、青山に対して懲役12年の実刑判決。後に判決は確定した。また弁護士法第7条に基づき弁護士資格も失効。

2009年、仮出所。2014年、刑期満了。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 上祐総括:オウム入信から現在まで ひかりの輪公式サイト
  2. ^ 青山商事(洋服の青山)は1995年5月末~6月初めに「青山商事の代表取締役(当時)・青山五郎、常務取締役商品副本部長(当時)・青山理(五郎の長男)と青山吉伸は一切無関係」とする広告を出している。『朝日年鑑 1996』朝日新聞社、1996年、223頁。ISBN 4-02-220096-0
  3. ^ 毎日新聞社会部(1995) 『冥い祈り 麻原彰晃と使徒たち』 p.189 毎日新聞社
  4. ^ 「弁護士名簿登録・登録換・登録取消」、平成7年7月13日付け『官報』第1686号、22頁。

参考文献[編集]

関連事件[編集]