土谷正実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土谷正実
誕生 (1965-01-06) 1965年1月6日(52歳)
東京都目黒区
ホーリーネーム クシティガルバ
ステージ 正悟師
教団での役職 第二厚生省大臣
入信 1989年
関係した事件 松本サリン事件
会社員VX殺害事件
地下鉄サリン事件
判決 死刑(上告棄却)

土谷 正実(つちや まさみ、1965年1月6日 - )は元オウム真理教幹部。東京都出身。筑波大学大学院化学研究科修士課程修了。有機物理化学を専攻。ホーリーネームクシティガルバ

1994年7月に教団に省庁制が採用された後は「厚生省次官」だったが、同年12月には厚生省を二分して「第二厚生省大臣」となった(メディア等では「化学班キャップ」と呼んでいた)。また、サリンVXガスの生成、LSDの合成における中心人物でもあり、中川智正遠藤誠一らとともに教団での薬物密造に関与していた。

作家の大石圭とは幼馴染であり、死刑確定後、手紙のやり取りを行っていた[1]

学生時代[ソースを編集]

東京都立狛江高等学校から筑波大学第二学群農林学類へ進学。卒業後は同大学院化学研究科へ進学。オウム主催の超能力セミナーに参加したことをきっかけに修士課程2年の1989年4月に入信。 修士論文は「片道異性化に関する研究」であった。その後、博士課程に進んだがオウムの修行を優先させ中退した。

入信に反対の立場をとっていた両親は1990年7月19日、合田正の主宰する茨城県所在の「仏蓮宗」に土谷を監禁してオウムから脱会させることを計画し成功。しばらくの監禁により一旦はマインドコントロールは解けたかに見えた。オウム側は町田市の土谷の実家を盗聴して居場所を突き止めた上、中村昇井上嘉浩青山吉伸林泰男(小池泰男)らが仏蓮宗に街宣車まで動員し連日押しかけて土谷の解放を求め、教団顧問弁護士でもある青山の名で人身保護請求を申し立てた。8月25日には翌日に予定されていた人身保護請求の裁判に備えて両親や仏蓮宗関係者らとともに都内のホテルに宿泊していたが、夜中に抜け出し、オウム真理教富士山総本部に身を隠してそのまま出家した。同じく松本サリン事件に関与し、死刑が確定した端本悟は高校時代の後輩でもある。

出家後[ソースを編集]

1992年7月からは石川公一とともに大学生を対象に勧誘する「学生班」の中心人物となり、国立大学を中心に、大学図書館へのオウムの書籍の寄贈や学園祭での尊師説法会の企画・立案を実行した。

同年11月になると麻原彰晃の指示により村井秀夫の元で化学の研究に着手することを命じられ、1993年8月にはサリンの標準サンプルの合成とともに、大量生成のための合成方法を完成させた。中川智正たちと同年11月にサリン600グラム、12月にはサリン3キログラムを製造し、1994年2月にはサリンを含む30キログラムの溶液の製造にも関係した。山梨県上九一色村の第7サティアンのそばに専用のプレハブの実験棟クシティガルバ棟オカムラ鉄工から持ち込んだ事務用品を収蔵してあった物置を改築)を持ち、サリン生成実験をしていた。製造の指示は、主に麻原や村井から出されていたとされている。1994年5月には遠藤誠一LSDの合成に成功し、同年9月[2]にはVXガスの製造を開始した。

土谷らが製造したサリンは1993年12月18日池田大作サリン襲撃未遂事件、1994年5月9日滝本弁護士サリン襲撃事件、同年6月27日松本サリン事件などに使用された。

1995年1月に、土谷は保管していた物を廃棄した。同じく中間物質(土谷が分析し確認したもの)は、この時に廃棄した。

VXガスは1994年12月2日駐車場経営者VX襲撃事件12月12日会社員VX殺害事件、1995年1月4日オウム真理教被害者の会会長VX襲撃事件などに使用された。1994年8月、村井秀夫の指示のもとに青酸ホスゲンの製造にも関与し、製造されたホスゲンは同年9月20日江川紹子ホスゲン襲撃事件に使用された。

1994年から開始されたLSDや覚醒剤を用いたイニシエーションにも、土谷らによって合成されたLSDが使用されていた。

教団内のステージでは1994年7月に師となり、9月6日には師長、翌1995年3月17日付の尊師通達で正悟師に昇格。出家からわずか3年半で正悟師となる異例のスピード成就を遂げた。麻原の3女、松本麗華によれば「真面目で宗教的な人物」だという[3]

逮捕・裁判[ソースを編集]

1995年4月26日、第2サティアンの地下の隠し部屋で、指名手配中の女をかくまったとして、犯人隠匿容疑で遠藤誠一ら7人と現行犯逮捕された。後の供述から、7つの事件への殺人罪などに問われ再逮捕起訴された。

公判の人定質問で職業について「麻原尊師の直弟子です」と答えるなど、逮捕されてなお、マインドコントロールが解けないでいた。土谷は、オウムの信者の中でも、最も遅くまでマインドコントロールが解けなかった信者の一人であった。マインドコントロールが解けた切っ掛けは、法廷で語られた被害者遺族の言葉と、麻原彰晃裁判の中で異常な行動を繰り返していることを、雑誌記事などで知りそれを、「弟子達を差し置いて詐病に逃げている」と感じたためである。また、麻原に対して「自身の思想が正しいと思うなら、裁判で本当の事を証言して欲しい」とも語った[1]

その後、現在は「今の麻原氏にはついていけない」「一審中は麻原氏への信仰を捨てなかった」としている。罪状認否では薬物密造事件は認めたが、他の事件で無罪を主張した。2003年7月14日検察側は論告で「麻原彰晃の頭脳として、悪魔に魂を売り渡した殺人化学者。教団で唯一、サリン、VXの生成方法を確立して大量無差別殺人を可能にした。被告なくしてはサリンなどの化学兵器はなく、無差別大量殺人事件もなかった。刑事責任は松本被告に準じた存在」として死刑求刑した。この求刑はオウム真理教事件の裁判では当時逃亡中だった特別手配犯3人(平田信高橋克也菊地直子)を除いて一審判決の求刑としては最後の求刑である(麻原への論告求刑公判は2003年4月24日・判決公判は2004年2月27日)。弁護側は「殺人にVXガスやサリンを使うとは知らずに生成に関与させられただけで殺意はなく、事前共謀にも参加していない」と無罪を主張した。

2004年1月30日第一審は手配信者の隠匿の罪は無罪としたが、「松本事件では捜査段階の供述で他の教団幹部らが不特定多数を殺害しようとしていることを認識していたと供述している点から犯行を幇助する意思があった」「地下鉄事件では捜査段階の供述で自分が製造したサリンが近い将来に地下鉄を含む東京都内で使われることを知っていたと判断でき、松本事件とは異なり共同正犯の責任を負う」と他の6事件で有罪とし、死刑判決を言い渡した[4]

2006年8月18日の控訴審は控訴棄却して死刑判決を維持し[5]2011年2月15日最高裁第3小法廷は被告側の上告を棄却。オウム真理教事件で死刑が確定するのは11人目[6][7]。なお、本人は死刑を受け入れているという[1]

2016年現在、東京拘置所収監されている。2014年5月の菊地直子の公判での証人尋問では心身が不安定になっていたため、他の死刑囚の証人とは異なり拘置所で行われた。

関連事件[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c ザ!世界仰天ニュース - 2時間15分拡大版!洗脳スペシャル - 2012年4月4日放送
  2. ^ 「現代化学」2012年5月号に掲載された中川智正の証言によると、土屋が1994年8月15日発売の「現代化学」1994年9月号を読んでVXガスの製造法を知り、同年9月から製造を開始したとのこと。
  3. ^ 【地下鉄サリン事件から20年】麻原彰晃の三女・アーチャリーが語る 聞き手:田原総一朗
  4. ^ オウム元幹部土谷被告に死刑判決 東京地裁 朝日新聞 2004年1月30日
  5. ^ オウム・土谷被告、2審も死刑判決…一度も出廷せず 読売新聞 2006年8月18日
  6. ^ オウム事件 土谷被告、死刑確定へ 最高裁上告棄却 日本経済新聞 2011年2月15日
  7. ^ サリン事件の土谷被告の死刑確定へ 最高裁、オウム11人目 47NEWS 2011年2月15日

参考文献[ソースを編集]

  • 「オウム法廷11」(朝日新聞社 2003年)

関連項目[ソースを編集]