遠藤誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
遠藤 誠一
誕生 (1960-06-05) 1960年6月5日
北海道札幌市
死没 (2018-07-06) 2018年7月6日(58歳没)
日本の旗 日本東京都葛飾区小菅東京拘置所
ホーリーネーム ジーヴァカ
ステージ 正悟師長
教団での役職 第一厚生省大臣
入信 1987年3月
関係した事件 松本サリン事件
地下鉄サリン事件
判決 死刑(執行済み)
現在の活動 死亡(刑死)

遠藤 誠一(えんどう せいいち、1960年6月5日 - 2018年7月6日)は元オウム真理教幹部。元死刑囚北海道札幌市出身。ホーリーネームジーヴァカ。教団内でのステージは正悟師で、1994年6月に教団に省庁制が採用されてからは厚生省大臣になり、後に厚生省を二分して生物兵器担当の第一厚生省大臣となった(化学兵器担当の第二厚生省大臣は土谷正実[1]

来歴[編集]

父は室内装飾会社の役員、母は世界救世教の信者。キリスト教系の幼稚園を経て、北海道札幌北高等学校卒業。背が低く、左耳の難聴があったが、体操野球サッカースキーなどをやっていた[2][3]

北海道札幌北高等学校では体操部に所属。2年のとき愛犬が病気になり、獣医に治療してもらったことから獣医を志し、帯広畜産大学畜産学部獣医学科に進学したが、分子生物学に関心を持ったことを契機に遺伝子工学の研究をはじめる。この頃、父を癌で亡くしたこと、獣医は飼い主の依頼があれば犬猫を毒殺することもあると知ったことから、将来の目標を獣医から研究者に変えた[2]

1986年、同大学院畜産学研究科獣医学専攻修了と同時に獣医師の資格を取得。修士論文は「各種のアデノウイルスDNAの牛腎臓株の核I因子の結合に関する研究」[4]京都大学大学院医学研究科博士課程に進学。当時エイズウイルスが話題になったことから遺伝子工学、ウイルス学を専攻[2]

しかし遺伝子を研究していく中で「生命の本質は遺伝子なのか」という疑問が生まれ、の存在など精神世界に興味が向かうなか、1986年12月に麻原彰晃の著作『超能力秘密の開発法』に出会う。理系の人間として否定してきた神秘体験を経験したことで確信を持ち、1987年3月、宗教団体という認識は持たず入信。1988年11月9日、大学院を休学し、家族に手紙を送って、オウム真理教に出家した[2]

帯広畜産大学在学中の1980年朝日放送プロポーズ大作戦」の人気コーナー「フィーリングカップル5vs5」に学生選択チームの一員として出演し、柏原芳恵とカップルになっていた[5]。なお同級生によると遠藤は斉藤由貴が好きとのこと[3]

入信後[編集]

1988年に教祖の麻原彰晃が出版した著書「マハーヤーナ・スートラ 大乗ヨーガ経典」の広告では、推薦文を寄せた読者の一人として写真とメッセージが掲載されている(肩書きは「京都大学大学院生」)。その中で遠藤は、「一切のものは原因と結果の連続に過ぎない」という麻原の言葉に、長く心を縛り付けていた重荷から解放されるような安らぎを感じ、ここまで真理を公開した麻原に何とか報いなければならないような気がしたと述べている[6]

獣医ではあるが、麻原の主治医、菊地直子がいた世界記録達成部のコーチを務めた[7][8]

1989年、麻原の4女の出産に立ち会い、遠藤は4女に恋心のようなものを抱き[9]、麻原の4女松本聡香許婚になる。4女の歯を抜くのに何回も失敗したこともあった[10]。4女とは一緒にババ抜きをよくやっており、遠藤は逮捕された時「最後にもう一度、さとちゃんとババ抜きがしたかったよ」と語ったともされる[10]

坂本堤弁護士一家殺害事件のきっかけの一つになった「愛のイニシエーション」で麻原彰晃のDNAの効果の是非が話題になったが、麻原から血液を採取しDNAやリンパ球を培養した人物でもある。

1990年2月、第39回衆議院議員総選挙真理党の候補者として旧千葉4区から出馬し落選。

1989年11月に大師となり、1994年7月に正悟師となる。

省庁制採用後は厚生省大臣に、厚生省を二分後は生物兵器担当の第一厚生省大臣となった。厚生省が二分された理由は、土谷の化学兵器に対して自身の生物兵器がことごとく失敗していったことから、遠藤は部下に八つ当たりを起こすようになり、土谷との仲も悪化したためである[11]

事件への関与[編集]

松本サリン事件滝本弁護士サリン襲撃事件駐車場経営者VX襲撃事件池田大作サリン襲撃未遂事件の実行犯、地下鉄サリン事件サリン製造係として事件に関わった他、生物兵器培養、化学兵器製造、違法薬物製造などを行った。

生物兵器の培養[編集]

第10サティアンに隣接したプレハブ建物・ジーヴァカ棟(CMI棟)を研究施設として与えられ、ボツリヌス菌炭疽菌ペスト菌などの細菌兵器の培養をおこなっていた。麻原らが首都圏各地にこれらの菌を撒いたが、いずれも効果は無かった(亀戸異臭事件オウム真理教の国家転覆計画も参照)。またオウム真理教被害者対策弁護団の中心人物滝本太郎弁護士の毒殺をねらって脱会交渉の場でボツリヌス菌を塗布したコップでジュースを飲ませたが、ボツリヌス菌が培養出来ていなかったためこれも健康被害はなかった。地下鉄サリン事件直前には霞ケ関駅でボツリヌストキシン散布を試みたが失敗した。遠藤の培養した生物兵器によるテロは一度も成功していない。遠藤はウイルスの研究者であり細菌にはそこまで詳しくなかったとされる[12]

結局、麻原、村井秀夫新実智光上祐史浩ら男の幹部が会議し、失敗続きの生物兵器より、経済効率も良い化学兵器に傾倒するようになった[13]

オウム出版「日出づる国、災い近し」に「北海道大学医学部卒の聖者ジーヴァカ正悟師」として登場、ハルマゲドン時に使われるであろう新しい生物兵器と、その生物兵器への対策や治療方法について意見を述べている[14]。なお遠藤は北海道大学卒ではないが、大学名を詐称したのか、編集ミスなのかは不明。土谷正実は遠藤から北海道大学出身だと聞かされ信じこんでいたという[15]

違法薬物やサリンの製造[編集]

イニシエーションに使用するLSD覚醒剤メスカリンチオペンタールナトリウムなどの違法薬物、サリンなどの化学兵器の製造においても土谷正実中川智正とともに中心的人物で、地下鉄サリン事件で使用されたサリンは遠藤と中川智正の製造したものである。

逮捕・裁判[編集]

強制捜査にそなえて証拠隠滅工作を行った後、逃走資金3,000万円を受け取って信者9名と九州方面に逃亡[16]。その後、村井秀夫の指示で上九一色村の教団施設に戻り、違法薬物等を隠匿した[16]。第2サティアンの地下2階の隠し部屋に土谷正実らとともに潜伏し、4月26日16時27分に瞑想しているところを土谷とともに逮捕された。逮捕時、捜査状況をメモした大学ノート、名刺、現金120万円、PSI等を持っていた[16]松本サリン事件実行犯地下鉄サリン事件共同正犯、VX襲撃事件などで殺人及び殺人未遂などの罪で起訴された。5月15日、「グル(麻原)が末期がんで死にそう」といって、麻原が第6サティアンの隠し部屋にいることを自供した[17]

取り調べや裁判初期の段階では非常に反省している様子で罪も認めオウムの疑似科学に協力したことを悔いていたが[16][18]、1996年6月に弁護人を解任。同年9月の第5回公判で「これまでに認めた事実は前の弁護人が勝手にやったことだから全て白紙に戻したい」と覆し、無罪を主張し始めた[19]。次第に「サリンの危険性を認識していなかった」「従属的な立場であり、ボツリヌス菌は中川、サリンは土谷が中心人物」「マハーカッサパウパーリなどと比べればジーヴァカなんて大したホーリーネームではないように重要なポジションでなかった」などと主張し争った[20]。捜査官の言いなりになれば死刑は求刑されないと言われたので、そのつもりで取り調べに応じたと言い張った[21]。さらに麻原の隠し部屋を自供したにも関わらず「(麻原が逮捕されて)非常に悲しかった」と証言した[22]。土谷からは「嘘付き」「村井と遠藤がいたから教団が崩壊した」と批判されている[23][24]

また控訴審では「尊師に帰依している」「死刑になるのは自分たち12人の弟子だけでいい。尊師は未来仏なので、執行しないでください」と述べるなど、揺れ動いた。

2002年10月11日の第一審、2007年5月31日控訴審ともに死刑判決が下された。2011年11月21日、上告審である最高裁第1小法廷において上告棄却。同年12月12日に判決訂正申し立ての棄却決定、死刑判決が確定した。オウム真理教事件で死刑が確定するのは13人目。この判決をもって、当時特別指名手配中であった被疑者3名(平田信菊地直子高橋克也。この3人はその後逮捕)を除く、オウム真理教事件で起訴された被告人全員の公判が終結した。死刑確定後も事件については語りたがらず、土谷や中川は応じた新アメリカ安全保障センターインタビュー要請も拒否しており、遠藤が仕切っていたオウムの生物兵器計画には不明点が多い[12]

4女への愛は続き「あなたを守ってあげられるのは尊師と私しかいません。来世もわたしをずっと愛し続けてください」と4女にメッセージを送った[8]

晩年は東京拘置所収監され、再審請求を行った[25]。同年7月6日に死刑が執行された[26]。遺体はアレフ新保木間施設(東京都足立区)へ搬送された後[27]、埼玉県内で火葬された[28]

脚注[編集]

  1. ^ メディアは終始厚生省大臣と呼んでいた(土谷を「化学班キャップ」と称したため)。
  2. ^ a b c d 降幡賢一『オウム法廷12』 p.43-48
  3. ^ a b 「終末の教団(8)」 読売新聞 1995年5月25日
  4. ^ 毎日新聞社会部『冥い祈り 麻原彰晃と使徒たち』 p.136
  5. ^ 1995年 女性セブン
  6. ^ カナリヤの詩85号カナリヤの会
  7. ^ 青沼陽一郎『オウム裁判傍笑記』 p.205
  8. ^ a b 週刊朝日増刊『「オウム全記録」』 p.37
  9. ^ 麻原の四女が語ったオウム真理教・地下鉄サリン事件の裏にあった一つの事実 ダ・ヴィンチニュース
  10. ^ a b 松本聡香『私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか』 p.189
  11. ^ 降幡賢一『オウム法廷 グルのしもべたち上』 p.214
  12. ^ a b Richard Danzig・Zachary M. Hosfordほか(2012)「オウム真理教:洞察-テロリスト達はいかにして生物・化学兵器を開発したか(日本語版)」新アメリカ安全保障センター p.28-39
  13. ^ 上祐史浩『オウム事件 17年目の告白』 p.102
  14. ^ オウム『日出づる国、災い近し ―麻原彰晃、戦慄の予言』 p.199-p.200 1995年刊行
  15. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.28
  16. ^ a b c d 平成7合(わ)148 殺人,同未遂,犯人蔵匿被告事件 平成14年10月11日 東京地方裁判所
  17. ^ “地下鉄サリン:事件から20年 教祖逮捕、緊迫の4時間”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年3月20日). オリジナル2015年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150320091136/http://mainichi.jp/select/news/20150320k0000m040169000c.html 
  18. ^ 佐木隆三『大義なきテロリスト』 p.355
  19. ^ 佐木隆三「大義なきテロリスト」p358-p.359
  20. ^ 『オウム法廷12』 p.58,215-219
  21. ^ 『オウム法廷12』 p.42
  22. ^ 降幡賢一『オウム法廷12』 p,291
  23. ^ AUM13(土谷の好きな漫画ゴルゴ13のパロディ) サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/土谷正実2003年9月18日上申書 オウム裁判対策協議会
  24. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.223
  25. ^ 死刑執行、本格検討へ=松本死刑囚ら13人、再審請求も 時事通信社 2018/01/19-19:13
  26. ^ “オウム土谷、遠藤、中川、早川4死刑囚の刑も執行”. 中日新聞. (2018年7月6日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018070690101304.html 2018年7月6日閲覧。 
  27. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年7月7日). “【オウム死刑執行】遠藤元死刑囚の遺体搬送 東京拘置所” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/affairs/news/180707/afr1807070019-n1.html 2018年7月9日閲覧。 
  28. ^ “オウム:6日死刑執行の元幹部、執行直前は謝罪の言葉 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180727/k00/00m/040/019000c 2018年7月26日閲覧。 

関連事件[編集]