田下聖児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オウム真理教徒
田下 聖児
誕生 1969年
愛知県
ステージ
教団での役職 厚生省
入信 1989年
関係した事件 地下鉄サリン事件
判決 懲役7年
テンプレートを表示

田下 聖児(たした せいじ)はオウム真理教の信徒。愛知県出身。

人物[編集]

1988年に高校卒業後、名城大学に入学。大学在学中に、幼少期からのアレルギー体質を改善すべく、オウム真理教に入信[1]1989年に出家し、「厚生省」に配属された。その後、山梨県上九一色村サティアンにて、土谷正実遠藤誠一の指示の下、サリンの製造を手伝った[2][1]地下鉄サリン事件では、サリンを製造補助した殺人幇助の罪で、1995年3月31日に逮捕され、東京地方裁判所は、懲役7年の実刑判決を下した[1]

関連事件[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 江川紹子「『オウム真理教』裁判傍聴記〈1〉」p.244-p.249
  2. ^ 信仰心薄い元自衛官を暗殺に走らせたオウムのカネと待遇 東京スポーツ
参考文献

関連項目[編集]