オウムシスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オウムシスターズは、オウム真理教に一家総出で入信、1989年秋に出家した4人姉妹のことである。ホーリーネームはそれぞれ長女がソーマー、次女がセーラー、三女がタントラナンダー、四女がタントラアバヤーである。出家前は教団名古屋支部の在家信徒であった。長女は教団の「世界記録達成部[1]」に所属していた。

1990年の第39回衆議院議員総選挙にオウム真理教が「真理党」として出馬したとき、彰晃マーチの音楽とともに、4人姉妹が象の帽子を被って踊った。 長女は1994年12月、恋人の富田隆と教団施設から逃走し、1996年に脳機能科学者の苫米地英人結婚。次女は地下鉄サリン事件後、恋人の端本悟らを匿い、犯人隠匿の罪で逮捕された[2][3]。一連のオウム真理教事件発覚後は、それぞれ独自の道を歩んだ。

脚注[編集]

  1. ^ 主にマラソンの世界記録を樹立することを目指す組織内のグループ。菊地直子も所属していた。
  2. ^ 佐木隆三『大義なきテロリスト オウム法廷の16被告』p.120〜p.151
  3. ^ 野田成人ブログ

関連項目[編集]