杉浦茂 (オウム真理教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦茂
誕生 (1958-06-27) 1958年6月27日(59歳)
東京都府中市
ホーリーネーム ヴァジラチッタ・ヴァンギーサ
ステージ 正悟師
教団での役職 文部省大臣
アーレフ社会融和推進部長
入信 1987年
関係した事件 有印私文書偽造・同行使
判決 懲役1年6ヶ月(執行猶予3年)

杉浦 茂(すぎうら しげる)は、アーレフ(旧「オウム真理教」)の元幹部。ホーリーネームヴァジラチッタ・ヴァンギーサ東京都出身。省庁制が採用された後は、「文部省大臣」となった。

来歴[編集]

1983年北海道大学を卒業し図書印刷に勤務後、1987年に弟の杉浦実に誘われて、オウム真理教に入信した。1988年1月25日に出家。

教団では弟とともに、オウム真理教の出版物の出版を担当していた。

1990年第39回衆議院議員総選挙真理党公認で当時の旧埼玉2区から立候補している。

1995年の省庁制廃止後は、長老部のメンバーとなり教団を運営した。「アーレフ」になっても幹部として留まり、教団の教義部門を担当していた。同年12月、名古屋地方裁判所有印私文書偽造・同行使の罪により、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

2007年7月8日に、アーレフを脱会した[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「オウム真理教最高幹部の杉浦兄弟が脱会」毎日新聞2007年7月23日配信