渡部和実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渡部 和実
誕生 1958年????
神奈川県
ホーリーネーム ゴーサーラ
ステージ 師長
教団での役職 科学技術省次官
入信 1988年
関係した事件 サリンプラント建設事件
松本サリン事件
判決 懲役14年

渡部 和実(わたなべ かずみ)は元オウム真理教幹部。神奈川県出身。教団が省庁制を採用した後は、複数いる科学技術省次官の筆頭となり、村井秀夫につぐナンバー2となった[1]

人物[編集]

東京工業大学生産機械工学科1981年に卒業後、都内の大手電機メーカーに7年間勤務する。オウム真理教に入信し1988年に出家。年間に何億円もの研究費を与えられていたとされる[2]

サリンプラント建設事件に関与し、松本サリン事件ではサリン噴霧車を設計・製造した。

裁判ではサリンプラント建設事件における殺人予備罪と松本サリン事件における殺人幇助罪起訴2002年3月29日懲役14年が確定した。

脚注[編集]

  1. ^ 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』東京キララ社、2003年、140頁。
  2. ^ 「オウム真理教「地下鉄サリン」容疑者41人の素顔」 読売新聞 1995年5月17日

関連項目[編集]