ケロヨンクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ケロヨンクラブは、オウム真理教から分かれた集団の通称。代表は北澤優子

概要[編集]

この集団の代表の北澤優子は、オウム真理教の信者であったが、「我こそは麻原尊師の継承者なり」という神懸り的な言動が目立ち、教団内で煙たがられていた[1]

そんななか、1995年オウム事件発覚による一連の強制捜査で、麻原彰晃こと松本智津夫をはじめとする多くの教団幹部が逮捕され、教団は大打撃をうけた。 教団の生き残りのため、「ヴァジラヤーナ」の教義の封印や麻原の息子を「新教祖」にする「改革」が行われたが、教団指導部の動きに反発して、北澤優子をリーダーとする一団がオウムから分裂した。これが、いわゆる「ケロヨンクラブ」である。名称の由来であるが、「原点に帰る」に引っ掛けてカエルのマスコットを持ち歩いていることからきているという[注釈 1]

麻原は自分の前世を「徳川家光」「朱元璋」「イムホテプ」としており、ケロヨンクラブは「徳川家光の縁の地」である日光東照宮に度々訪れていた。他にも、全国各地の神社巡りを行っており、1996年9月には宮崎県の神社から歴代天皇の肖像画を盗んだ容疑で逮捕されている。

2000年4月16日、メンバーの一人がオウム真理教の修行の一種である「温熱修行」の最中に死亡する事件が発生している。この時は事故として扱われ立件されなかった。ケロヨンクラブでは他にも坂を転がり続ける「コンコロリン」という修行や、氷を1キログラム砕かず飲み込む修行、生きたミミズ千匹を食べる「ミミズ供養」など常軌を逸した修行を行っていたという[1]

2004年9月10日、修行中のメンバー(前述の死亡したメンバーの姉)が脱法ドラッグ「ドキュン」を飲まされ、ガムテープで拘束され2800回ほど竹刀で打擲された結果死亡する事件が起き[1]、関与したメンバーに有罪判決が下された。代表の北澤優子も傷害致死罪起訴され、2011年6月13日東京地方裁判所合田悦三裁判長は「多数回殴打することを修行名目で正当化しようとする発想は独り善がりで、社会常識から懸け離れている」と述べ、北澤に懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した[2]。2014年12月8日、最高裁で有罪が確定した[3]

同じ教団の後継団体である、Alephひかりの輪山田らの集団と異なり、団体規制法の監視対象団体となっていない(滝本太郎によればそもそも2010年頃にはすでに崩壊寸前であったとされている[4])。

特徴[編集]

東京を拠点としており、都内のマンションアパートなどの集合住宅に分散して活動している。構成員は30名から40名程度、単身の女性が多いのが特徴である。麻原彰晃への帰依を堅持し、麻原彰晃が教祖だった時代のオウム真理教の教義や修行方法を保っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 他に、麻原の肖像の代用品としてケロヨン人形を本尊としていたからという説もある。

出典[編集]

  1. ^ a b c カナリヤの詩115号 カナリヤの会
  2. ^ 時事通信 2011年6月13日
  3. ^ オウム分派リーダーの有罪確定へ メンバー暴行死事件 産経新聞 2014年12月10日
  4. ^ 滝本太郎ブログ「オウム裁判と15年の変化その5」、「オウム集団3つー観察処分更新」 2018/1/27閲覧

関連項目[編集]