ダンテス・ダイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダンテス・ダイジ1950年2月13日[1][注釈 1] - 1987年12月11日)は東京都出身のタントラ・ヨーガ・グル坐禅老師。本名は雨宮第二。旧姓、大塩。別名、雨宮第慈。如意第慈とも名乗った。

生涯[編集]

物心ついて以来、誰に教わることもなく坐禅瞑想を続ける少年だった。小学校時代から自殺願望を持ち、ガス自殺未遂を2-3度繰り返す。高校まで進学するが授業にもろくに出席せず只管打坐に没頭した結果中退。その後も無気力な生活を送っていたが、1967年6月26日古代ローマ時代にあった初期キリスト教徒殉教を描いた映画テレビで観たことから[2]神に目覚めた。1968年、師伊福部隆彦の詩集『無為隆彦詩集』を読んだ後[3]、只管打坐によって身心脱落、大悟徹底。のち駒澤大学仏教学部に進み横井覚道に師事[4]するも中退。

これ以降、古神道の大要を体得し、沖縄県首里にて臨済宗の万松院(ばんしょういん)の老師木村虎山のもとで見性[注釈 2]を許される[5]1977年、帰京。その後、インドでババジ直系のクンダリニー・ヨーガを通じて究極の解脱に達した。1987年12月に東京都福生市の自宅にて、絶食状態で座禅を続けた結果、遷化。晩年は日頃、『現代人を救うには純粋冥想(『アメジスト・タブレット・プロローグ』(森北出版刊)助言を参照。)しかないが、現代人の生き方にはそのための前提であるところの、『疑団』に至る真摯な生き方に欠けている。』と述べており、道の継承について絶望していたものと思われる。

影響[編集]

遺著『ニルヴァーナのプロセスとテクニック』などの冥想行法書に記された秘伝クンダリニー・ヨーガの行法などは、オウム真理教の一連のヨガ教義と洗脳の橋渡しのタネ本になったと苫米地英人が解説している。 苫米地英人は、オウム信者への催眠誘導から教祖の本棚にダンテス・ダイジの著書があったと推測し、そこに記載されている行法を読み、教祖への影響があったと推測して、『これ一冊あればカルトを作れる。』と述べた。 しかし実際には、ダンテス・ダイジ本人も弟子にも団体を作った者は一人も居ない事から、この見解には疑義が存在している。 なお、生前のダンテス・ダイジの言説や行動については、リンク先にあるミクシィコミュニティ、ダンテス・ダイジに、弟子による記録が存在する。 [mixi]ダイジに学んだ事 - ダンテス・ダイジ | mixiコミュニティ https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=185619&id=14952763

著書[編集]

ダンテス・ダイジ名義[編集]

  • 『ニルヴァーナのプロセスとテクニック』森北出版1986年
  • 『アメジスト・タブレット・プロローグ』森北出版、1989年
  • 『絶対無の戯れ』森北出版、1990年

雨宮第慈名義[編集]

  • 『雨宮第慈講話録1 十三番目の冥想』SCL、2004年
  • 『雨宮第慈講話録2 君がどうかい?』SCL、2002年
  • 『雨宮第慈講話録3 最高に生きたい』SCL、2003年
  • 『雨宮第慈講話録4 素直になる』SCL、2004年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2月12日とする資料もある。
  2. ^ けんしょう。自分が宇宙と一体であることに目覚めること。

出典[編集]

  1. ^ ダンテス 1986, p. 著者略歴.
  2. ^ ダンテス 1986, pp. 122-123.
  3. ^ ダンテス 1986, pp. 126-129.
  4. ^ 渡辺郁夫 「ダンテス・ダイジの説いた瞑想」『サンガジャパン』Vol.11、サンガ、2012年10月。
  5. ^ ダンテス 1986, pp. 21-25.

参考文献[編集]

  • ダンテス・ダイジ『ニルヴァーナのプロセスとテクニック』森北出版、1986年2月。ISBN 4627999704

外部リンク[編集]