サリンプラント建設事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オウム真理教 > オウム真理教事件 > サリンプラント建設事件
上から見た第7サティアン内部

サリンプラント建設事件(サリンプラントけんせつじけん)は、オウム真理教がサリン大量生産の為に山梨県上九一色村の宗教施設「第7サティアン」内にサリンの製造プラントを建設した事件。教団内での計画名は滝澤和義ホーリーネームに由来する「ウパヴァーナプロジェクト[1]」。

発覚当初は、このサリンプラントで一連の事件に使用されたサリンが製造された可能性も推測されたが[2]、後にサリン製造までは至っていなかったことが判明した[3][4]。事件で使用されたサリンはクシティガルバ棟やジーヴァカ棟、反応釜などで製造されたものである[3]

概要[編集]

建造[編集]

1993年4月、土谷正実村井秀夫から『毒のはなし』『薬物乱用の本』の2冊を見せられ、無力化ガスPCPなどこういうものはつくれるかと聞かれ調査を始めた。6月には村井から大量生産に向いている化学兵器を尋ねられ、土谷はサリンが安いと回答し生産が決まった。村井は土谷に銃撃や砲撃を受けたグロテスクな死体の写真を見せて「化学兵器はダーティーな兵器、戦車や戦闘機はクリーンな兵器、というイメージは戦車や戦闘機を売らんがための軍需産業とフリーメーソンの情報操作だ」と語り、さらにチベット侵攻で通常兵器しか持たないチベット軍が壊滅したことを調べさせたりして、「このサリンは最終戦争が起きたときに自衛のために使う。オウムから仕掛けることはない」などといって土谷を納得させた[5][6]

サリン合成の目処が立つと、麻原はいよいよ大量生産の計画を実行に移し、同年8月か9月頃、麻原は滝澤和義に「70トンのサリンプラントを造ってくれ。いきなり大きいのでいこう」として、山梨県西八代郡上九一色村(現富士河口湖町)の宗教施設第7サティアンにサリン生成を目的とした設備の建設を指示した[3]。土谷や村井秀夫中川智正らが技術的支援、新実智光長谷川茂之らがダミー会社「長谷川ケミカル」などを設立し薬品手配を担当した[3]。また第7サティアンを管理していた上祐史浩も参加していた[7]

計画では、全5工程でサリンを製造する予定であった[8]。内部にはシャワー室や運動器具、様々な自動制御装置も設置され、サリンプラントとしては史上最大級ともいえるものであった[2]中川智正が持ってきた本に載っていたイラクのサリンプラントと似ていたことで、滝沢は設計に自信を持った[9]。建設費は30億円とも言われる[10]

サリンプラントのワークに従事する信者に対しては、事前に薬物を使ったスパイチェック(ナルコ)も行われていた。また、全員がサリン製造という目的を知っていたわけでは無かった[11][12]

難航[編集]

村井秀夫が化学の常識と反することを繰り返したこともあり[13]、建設は難航した。麻原は滝澤に「(1994年)4月25日までに完成させろ。グルの絶対命令だ。必ず完成しろ。そうしないとおまえは無間地獄行きだ」と脅したり、村井らに「このままでは真理の根が途絶えてしまう。サリンを東京に70トンぶちまくしかない」などと説法し完成を急がせた[3]

滝澤は不眠不休で建設をさせられていたため、疲れからか、居眠りをしてしまう。すると栓を閉め忘れていたことにより亜リン酸トリメチルなどが第7サティアン中に吹き出し、1994年7月9日の午前1時頃、周辺住民を巻き込んだ異臭騒ぎを起こした[14]。周辺住民によるとカーバイドの臭いがしたという[15]。同月15日にも異臭騒ぎを起こした[16][17]。だが麻原は滝澤に「私はシヴァ大神の意思、真理に背くことは嫌だ。このまま続けないとおまえは後で絶対後悔するぞ」といって続けさせた[6]。さらに1994年11月にも異臭騒ぎを起こした[18]

1994年11月には警察の強制捜査情報が流れ建設を中断、装置に「汚泥沈殿」「二次発酵原料」「ウンコ」などと書き込んで肥料工場に見せかけようとした。また、村井秀夫の案で強制捜査の際に警察を撃退するため糞尿を撒く計画もあった[19][2]

発泡スチロールのシヴァ神[編集]

このようにトラブル続きであったものの、ハステロイを調達するなどして第4工程までの動作に成功し、メチルホスホニルジフルオリドを製造したとされる。一方、中川智正アンソニー・トゥは至っていないと見ている[20]

一方、警察は密かに山菜採りを装って異臭騒ぎの起きた教団施設周辺の土壌を採取、1994年11月には科学警察研究所がサリン製造の証拠となるメチルホスホン酸及びメチルホスホン酸イソプロピルを検出していた。1995年1月1日、読売新聞がこれをスクープした。サリン製造の発覚を恐れた教団は第7サティアンを発泡スチロール製の黄金のシヴァ大神像で神殿に偽装することとなり、ついに完成しなかった[6][21][18]村井秀夫は「シバ神の目から、レーザー光線なんか出たりしてね」とふざけていた[22]。警察も読売がスクープしたことに対し困り「知らない」で通すこととした[23]

同月、神殿に偽装後の第7サティアンに宗教学者島田裕巳を招き、「宗教施設」として見学させた[24]。教団古参幹部で正大師の石井久子ですら第7サティアンの内部を知らず、こんなきれいな神殿があるのかと思っていたら実はサリンプラントと聞かされ驚いたという[25]。シヴァ神像製造を担当した元信者は像の出来に自信が無かったようで、「あれで騙されちゃまずい」と語っている[12]

発覚[編集]

1995年3月の強制捜査で全貌が判明すると、「農薬DDVPを製造するための工場建設に失敗したので神殿にしただけ」と主張した[26]。第7サティアンは東京地方検察庁に押収され、その後上九一色村に無償譲渡[2]日本国政府化学兵器禁止機関(OPCW)に、第7サティアンを化学兵器禁止条約上で唯一「日本の化学兵器生産工場」として申告し、それに対し、1997年7月および1998年9月の2回にわたりOPCWの査察を受け、1998年11月前半に解体が始まり、1998年12月後半に解体終了。解体の最終段階にはOPCWの査察団が立ち会い、施設の廃棄を確認した[27]

これらの事件によって、麻原を含めオウム真理教幹部19人が殺人予備罪起訴された。

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞社会部『裁かれる「オウムの野望」』 p.112
  2. ^ a b c d 降幡賢一『オウム法廷7』 p.238-242
  3. ^ a b c d e 松本智津夫被告 法廷詳報告 林郁夫被告公判カナリヤの会公式サイト
  4. ^ 1996年2月7日 冒頭陳述(土谷正美) オウム裁判対策協議会
  5. ^ 降幡賢一『オウム法廷13』 p.96, 115
  6. ^ a b c 平成7合(わ)141 殺人等 平成16年2月27日 東京地方裁判所
  7. ^ 上祐史浩個人の総括 | オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要- ひかりの輪公式サイト
  8. ^ サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/サリン合成工程 オウム裁判対策協議会
  9. ^ アンソニー・トゥー『サリン事件死刑囚中川智正との対話』p.171
  10. ^ 「オウム施設のサリン工場に30億円 超合金の装置使う」読売新聞 1995年4月25日
  11. ^ わたしは見た!オウム真理教裏ワークの真相 カナリヤの会
  12. ^ a b 村上春樹『約束された場所で―underground 2』 p.151
  13. ^ 降幡賢一『オウム法廷11』 p.162
  14. ^ 読売新聞 1995年12月4日付 夕刊4面、1995年8月12日付 朝刊31面
  15. ^ 山梨日日新聞 1994年7月10日付 朝刊18面
  16. ^ 江川紹子『オウム真理教」追跡2200日』 p.252, 290
  17. ^ 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』2003年 p.61
  18. ^ a b Richard Danzig・Zachary M. Hosfordほか(2012)「オウム真理教:洞察-テロリスト達はいかにして生物・化学兵器を開発したか(日本語版)」新アメリカ安全保障センター
  19. ^ 江川紹子『「オウム真理教」裁判傍聴記2』 p.288
  20. ^ アンソニー・トゥー『サリン事件死刑囚中川智正との対話』p.131
  21. ^ 地下鉄サリン事件20年 | 取材ノート | 日本記者クラブ JapanNationalPressClub (JNPC)
  22. ^ 「[私の捨てたオウム]元信者の告白3」 毎日新聞 1996/2/22
  23. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.170
  24. ^ 『オウム真理教大辞典』 p.67
  25. ^ 降幡賢一『オウム法廷7』 p.62
  26. ^ オウム出版『ヴァジラヤーナ・サッチャ no.9』1995年 p.167
  27. ^ 化学・生物兵器の軍縮・不拡散に向けた取り組み 外務省

関連項目[編集]