亀戸異臭事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀戸異臭事件
1993 Kameido site fluid petri.jpg
炭疽菌識別のため試料を培養した培地
場所 日本の旗 東京都江東区亀戸
日付 1993年6月28日7月2日
攻撃手段 生物兵器テロ
兵器 炭疽菌
負傷者 無し。未遂に終わった
犯人 麻原彰晃率いるオウム真理教徒ら

亀戸異臭事件(かめいどいしゅうじけん)とは、1993年平成5年)6月28日7月2日東京都江東区亀戸で発生した事件。オウム真理教が起こした事件で、炭疽菌による生物兵器テロ未遂事件であった。

事件のあらまし[編集]

1993年(平成5年)6月28日と7月2日の2回にわたって、亀戸の教団新東京総本部(宗教法人登記上の主たる事務所でもある)付近において、培地から発生した肉が腐敗したような強烈な悪臭が漂った。

住民たちは異臭の発生源である教団新東京総本部に抗議した。教団は「儀式に使う薬品の調合に失敗した」と言い訳し、今後はこういうことはしないと約束した。

事件の真相[編集]

1995年(平成7年)の地下鉄サリン事件以降の一連の強制捜査にともない、この異臭事件がオウム真理教による生物兵器テロ未遂事件であったことが明らかになった。

麻原彰晃は炭疽菌による無差別テロを計画し、遠藤誠一に命じ炭疽菌を培養させた。そして豊田亨らが開発した「ウォーターマッハ」と呼ばれる噴霧装置を教団新東京総本部の屋上に設置し、村井秀夫の立会いの下で前後二回にわたり、外部に向けて炭疽菌を散布した。

しかし噴霧器の噴射が高圧であったため、炭疽菌は死滅し悪臭のみを漂わせるに止まったという[1]。なお散布未遂事件の取りまとめ役だった上祐史浩の発言によれば、有毒菌ができなかった原因は、麻原の指示によって無毒なワクチン株から有毒菌を開発することを求められたためである。

教団では1990年(平成2年)4月にも東京都内でボツリヌス菌の大量散布を行ったが未遂に終わるなど[2]、生物兵器の出来が良くなかったため、以後はサリンなどの化学兵器の開発に努めることになった。

地下鉄サリン事件以降、一連のオウム事件が発覚した際にこの事件も捜査対象となったが、捜査機関からオウム真理教の手法では炭疽菌が生成できない不能犯であると認定され刑事訴追されなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小川正持ら (2004), 殺人等, 下級裁判例, 東京地方裁判所, p. 11, 平成7合(わ)141, http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/572/005572_hanrei.pdf 2015年10月17日閲覧。 
  2. ^ 太田文雄 (2007), これからの安全保障環境と省庁間協力, “情報と防災”, 消防科学と情報 (消防科学総合センター) (89), ISSN 0911-6451, http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac3=5018&Page=hpd_view 2008年11月21日閲覧。 

関連項目[編集]