坂本堤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さかもと つつみ
坂本 堤
生誕 1956年4月8日
日本の旗 日本·神奈川県横須賀市
死没 (1989-11-04) 1989年11月4日(33歳没)
神奈川県横浜市磯子区
死因 窒息死
遺体発見 1995年新潟県西頸城郡名立町(現・上越市
墓地 神奈川県鎌倉市円覚寺松嶺院
出身校 東京大学法学部卒業
職業 弁護士
活動期間 1987年 - 1989年
雇用者 横浜法律事務所
著名な実績 オウム真理教被害者の会設立
配偶者 都子

坂本 堤(さかもと つつみ、1956年4月8日 - 1989年11月4日)は神奈川県横須賀市出身の弁護士自由法曹団[1]オウム真理教幹部等によって殺害される(坂本堤弁護士一家殺害事件)。33歳没。

来歴・人物[編集]

神奈川県立横須賀高等学校[2]東京大学法学部卒業。法律事務所へ事務職員としての勤務を経て、1984年、27歳で司法試験合格、司法修習(第39期司法修習生)を経て、1987年より横浜法律事務所で弁護士業務に携わった。事務員時代に豊田商事破産事件管財人弁護士団を手伝っていたことがある。当時管財人弁護士団に参加していた宇都宮健児の事務員が、後の妻・都子であった(出産直前の1988年まで勤務)。

1989年江川紹子からの紹介で [3]、オウム真理教に出家した信者の親たちの依頼を受け、教団と交渉した。またオウム真理教被害者の会を設立したが、教団から「翌年真理党からの出馬を決めている総選挙に向けての選挙活動に支障を来す」と恐れられていた。

同年11月4日未明、横浜市磯子区の自宅で教団幹部らによって、妻と長男・龍彦とともに殺害された。33歳没。遺体は殺害犯らにより、一家3人別々の場所に埋められた。

事件から6年後の1995年、殺害犯の一人の自供から遺体の遺棄場所が判明する。供述に基づき捜索したところ、同年9月6日、新潟県西頸城郡名立町(現・上越市)の山中から発見された。同じ日には富山県魚津市の林道脇から妻の遺体が、4日後の9月10日には長野県大町市の山中から長男の遺体が発見された。

同年10月22日、横浜市港北区横浜アリーナで、日本弁護士連合会横浜弁護士会による坂本堤一家の合同葬が営まれた[4]。参列者は土屋公献日本弁護士連合会会長、海部俊樹元首相、岡崎洋神奈川県知事、高秀秀信横浜市長、渡辺泉郎神奈川県警察本部長のほか、関係者、一般市民2万6000人にのぼり、一時は式場から新横浜駅まで約1kmの列ができた。墓所は神奈川県鎌倉市円覚寺松嶺院[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 紹介・自由法曹団
  2. ^ ようこそ同級生 神奈川県立横須賀高等学校同窓会
  3. ^ 「オウム真理教追跡2200日」(江川紹子著 1995年)
  4. ^ 1995年10月23日付朝日新聞「街包む怒り・悲しみ 坂本弁護士一家合同葬 横浜アリーナ /神奈川」。
  5. ^ 鎌倉 円覚寺
  6. ^ 週刊新潮」2010年6月10日号の、福島を特集したグラビアページより