尊師マーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尊師マーチ(そんしマーチ)は、オウム真理教の音楽の一つ。元となった「麻原彰晃マーチ」についても記述する。

概要[編集]

覚えやすく軽快なメロディーが特徴である。オウム真理教の作成した他の楽曲と同様、バックのオーケストラにはシンセサイザーを用いていると推測される。

尊師マーチの元となった「麻原彰晃マーチ」は、1990年第39回衆議院議員総選挙に出馬した真理党麻原彰晃のPRソングのひとつとして作曲され、麻原の住んでいるマンションで歌が録音された[1]。名目上の作詞・作曲者は真理の御魂 最聖 麻原彰晃尊師となっているが、かつて真理党のビラには同教団の音楽班トップで元ミュージシャンの石井紳一郎(当時・鎌田紳一郎)が作曲者、麻原が作詞者であると書かれていた[2]。1995年10月7日付けの読売新聞夕刊の記事でも、石井が作曲者と記載されている。

当初は麻原が立候補した衆議院東京第4選挙区東京都渋谷区中野区杉並区)の地名が入っていた。宗教歌となる際に歌詞が改められ、「新・麻原彰晃マーチ」が作成された。しかし「我々信者が尊師を呼び捨てにするのは問題がある」との理由で「彰晃」が「尊師」となり、「尊師マーチ」となった[2]。このため、「彰晃」に比べて「尊師」はメロディにあまり合っておらず[3]、さらには、麻原が自分を尊師と呼ぶ歌詞になった。この他にも別バージョンとして麻原のシヴァ大神への帰依を歌った「シヴァ大神マーチ」がある。

地下鉄サリン事件以降、一連のオウム関連報道が増えるなかで、1990年の真理党の選挙演説などでこの曲や「魔を祓う尊師の歌」などを熱唱しているシーンが度々放送された。これに影響を受けた日本全国の小学生達が学校の教室でリコーダーピアニカなどを使って尊師マーチの真似をして演奏することや、登下校の際に尊師マーチを口ずさんでいることが報道された。野球選手の松井秀喜岡崎郁もこの曲が頭から離れなくなり、練習中に歌っていたという。また原辰徳はエンマの数え歌(私はやってない潔白だ~の歌)を覚えてしまった[4]。このブームに対しオウムはサティアンショップなどでカセットテープを販売していた[5]

宇宙少年ソランとの関連[編集]

この曲の原型ないしはモデルになっている曲として『宇宙少年ソラン』の主題歌1965年発表。作詞:安井かずみいずみたく / 作曲:いずみたく / 歌:上高田少年合唱団)が指摘されている。一度聴いたら覚えやすく耳に馴染むメロディ、冒頭から主人公の名前を連呼する作詞手法、超越的な力を備えた主人公がどこかよその世界からやって来て、皆を助けるというストーリー性などの相似点などがあるとする指摘がある[6]

注釈[編集]

  1. ^ (7)出家~95年の教団の活動において | 小林由紀 「オウムの事件と病理の総括」 | 指導員・会員の総括 | オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要-(Internet Archive)
  2. ^ a b 東京キララ社編集部 『オウム真理教大辞典』 p.146
  3. ^ イントロ部分が「彰晃」の場合は「しょうこう しょうこう しょこしょこ しょうこう」となるが、「尊師」の場合には「そんし そんし そんしそんしそんし」と早口言葉のようになってしまうため。
  4. ^ 1995年3月25日『東京スポーツ』、『ヴァジラヤーナ・サッチャno.9』 p.23
  5. ^ 『ヴァジラヤーナ・サッチャno.12』(1995年)p.140の広告によると通信販売では2300円(税・送料込)
  6. ^ オウム真理教とあの時代公式サイト