ピアニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤマハ ピアニカ P-32D

ピアニカ (PIANICA) は、東海楽器製造ヤマハが製造して販売する鍵盤ハーモニカで、両社が第618501号[1]登録商標している。初等教育音楽教育で多く利用され、鈴木楽器製作所が製造するメロディオンと並び、鍵盤ハーモニカの国内二大ブランドとされる[2]

沿革[編集]

1961年(昭和36年)12月に東海楽器研究所が鍵盤ハーモニカを開発し、「ピアニカ」として発売した[3][4]日本楽器製造1967年(昭和42年)から、東海楽器研究所が製造した「ピアニカ」をヤマハ (YAMAHA) ブランドで販売した[5]1973年(昭和48年)に日本楽器製造が自社開発の「ピアニカ」を発売すると、東海楽器研究所も1985年(昭和60年)からトーカイ (TOKAI) ブランドで「ピアニカ」を発売し、以後は日本楽器と東海楽器はそれぞれが「ピアニカ」を製造して販売[6]している。

ヤマハの「ピアニカ」は1978年(昭和53年)秋発売のP-32C/P-34C/P-37Cから中空二重ブローケースを採用[7]した。このケースは大きな強度を持ち、落下時などに衝撃を緩和して楽器本体の破損を防ぎ好評を得た。蓋は開口時に約120度で静止して譜面立てとして利用できる[8]

ヤマハの学校用機種は、1984年秋にP-32Dを発売し、2014年10月からP-32E/EPが発売された[6][9]

雑記[編集]

一般名称は「鍵盤ハーモニカ」で、製品名は「ピアニカ」「メロディオン」などだが、初等教育機関では、ヤマハ製品の場占有率が高いことから楽器名として広く「ピアニカ」と俗称される[10]

現在国内で流通する商品は以下がある。

  • ヤマハ「ピアニカ」
  • スズキ「メロディオン」
  • ゼンオン「ピアニー」
  • キョーリツ「メロディピアノ」
  • ホーナー「メロディカ」

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]