ピアニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤマハ ピアニカ P-32D

ピアニカ(PIANICA)は、東海楽器製造及びヤマハが製造・販売する鍵盤ハーモニカであり、両社の登録商標である(商標登録第618501号[1])。初等教育での音楽教育で多く利用されており、鈴木楽器製作所が製造するメロディオンと並んで、鍵盤ハーモニカの国内二大ブランドとされる[2]

沿革[編集]

1961年(昭和36年)12月に東海楽器研究所(現在の東海楽器製造)が鍵盤ハーモニカを開発し、「ピアニカ」として発売した[3][4]1967年(昭和42年)からは東海楽器製造が製造した「ピアニカ」を、日本楽器製造(現在のヤマハ)がヤマハ(YAMAHA)ブランドで販売するようになった[5]1973年(昭和48年)には日本楽器製造が自社開発の「ピアニカ」を発売。これに対して、東海楽器研究所も1985年(昭和60年)からは「ピアニカ」を自社のトーカイ(TOKAI)ブランドで発売し、ヤマハとトーカイの2つのブランドで、それぞれが開発・製造する「ピアニカ」が販売されるようになった[6]

ヤマハの「ピアニカ」は、1978年(昭和53年)秋発売のP-32C/P-34C/P-37Cから中空二重ブローケースを採用[7]。このケースは、大きな強度を持つとともに、落とした際等のショックを緩和することができるもので、大ヒットした。なお、蓋が約120度で止まるようになっており、譜面立てとして利用することもできる[8]

ヤマハが製造・販売する学校用のモデルは1984年秋発売のP-32D以来、30年にわたって同じモデルが販売されてきたが、2014年7月に30年ぶりのモデルチェンジが発表され、同10月から新モデルが発売されることになった[6][9]

その他[編集]

通常は「ピアニカ」「メロディオン」等各メーカーの製品名か一般名称である「鍵盤ハーモニカ」という名称を使うのが通常だが、 慣例的にヤマハ製の鍵盤ハーモニカ「ピアニカ」という名前が一般名詞として使われることがある。 これは初等教育上で一番普及されているであろうヤマハ製の鍵盤ハーモニカの名称がそのまま楽器名として定着したためと考えられる[10]

 なお、現在国内で主に新品にて手に入る鍵盤ハーモニカの商品名は以下の通り。

  • ヤマハ「ピアニカ」
  • スズキ「メロディオン」
  • ゼンオン「ピアニー」
  • キョーリツ「メロディピアノ」
  • ホーナー「メロディカ」 etc.

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]