4月15日予言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

4月15日予言(しがつじゅうごにちよげん)は、オウム真理教麻原彰晃1995年4月15日地震が起きるとした予言オウム真理教の出版物である『日出づる国、災い近し』(1995年2月刊行)に、地震が起きる日として麻原が「4月15日にも起きるんだよね」と発言した[1]ことが発端である[2]

実際に東京在住の出家信者が避難を開始したことから、オウム真理教が地下鉄サリン事件(3月20日)に次いで新たなテロを起こすのではないかと噂が一人歩きした。

特に新宿が危ないとされたため、この日のルミネとマイシティ(現・ルミネエスト新宿)は全館休業し、警察が厳戒体制をとった[2]

この日は特に何も起こらなかったが[2]、半月後の4月30日5月3日5月5日にオウム真理教はテロ未遂事件(新宿駅青酸ガス事件)を起こすことになった。

脚注[編集]

  1. ^ 麻原彰晃『日出づる国、災い近し―麻原彰晃、戦慄の予言』オウム、1995年、79頁。ISBN 4-87142-109-0。当該記述はオウム真理教のラジオ番組『エウアンゲリオン・テス・バシレイアス』1995年1月8日放送からの書き起こしである。
  2. ^ a b c 朝日年鑑 1996』朝日新聞社、1996年、223頁。ISBN 4-02-220096-0

関連項目[編集]