コンピューター未来館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンピューター未来館』(コンピューターみらいかん)は、1993年4月5日から1994年3月14日までNHK教育テレビで放送されていた中学生・高校生向けの学校放送(教科:情報)である。放送時間は毎週月曜 12:25 - 12:55 (日本標準時)。

概要[編集]

1993年3月に一度終了した『コンピューター・ナウ』の後継番組である。同年4月から中学校でもコンピュータ学習が導入されるのを受け、本番組は高校生だけでなく中学生も対象にしていた[1]

番組は、まず最初の20分間で情報化社会の諸相についてVTRを使いながら解説した後、残りの10分間で身近なコンピュータの扱い方を紹介していた[1]。キャスターは『コンピューター・ナウ』にも出演していた坂村健(当時東京大学助教授)が、ナレーターは中村啓子が務めていた。

放送リスト[編集]

初回放送日 サブタイトル
1993年4月5日 コンピューター情報学
1993年4月19日 コンピューター歴史学
1993年5月10日 ネットワーク社会
1993年5月24日 変わる産業社会
1993年6月21日 人間にやさしいコンピューター
1993年7月5日 道具としてのコンピューター
1993年8月30日 メディアとしてのコンピューター
1993年9月13日 生活とコンピューター
1993年9月27日 仕事とコンピューター
1993年10月18日 教育とコンピューター
1993年11月1日 計算する
1993年11月15日 文書をつくる
1993年11月29日 絵を描く
1994年1月10日 演出する
1994年1月24日 制御する
1994年2月7日 管理する
1994年2月21日 伝える
1994年3月7日 考える

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


NHK教育テレビ 月曜12:25枠
前番組 番組名 次番組
ステップ&ジャンプ(月曜)
(1992年4月6日 - 1993年3月22日)
コンピューター未来館
(1993年4月5日 - 1994年3月14日)
10min.コンピューター(月曜)
(1994年4月4日 - 1996年3月11日)
※12:20 - 12:30
ティーンズねっとわーく
(1994年4月4日 - 1996年3月25日)
※12:30 - 13:00