赤い蝋燭と人魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤い蝋燭と人魚』(あかいろうそくとにんぎょ)とは、1921年大正10年)に発表された小川未明の創作童話人間に潜むエゴイズムと異形の者が抱く怨念をテーマとした作品である。

概要[編集]

人間の優しさに幻想を抱いた人魚によって、老夫婦に託され、裏切られた人魚の娘の物語である。大正10年1月に東京朝日新聞に連載され、小川未明の出世作となった。 

この作品は、新潟県上越市大潟区雁子浜(がんごはま)に伝わる人魚伝説から得た発想を元にしたと言われている。雁子浜には当時から創業している、ろうそく屋が現存しており、これがモデルになったと言われている。

あらすじ[編集]

あるの暗い身重の人魚が棲んでいた。人魚は辺りを見回して、「あまりにも海が寂しいので子供が可愛そうだ」と考えた。人魚は人間が優しい心を持っていて、は楽しい所だと聞いていたので、海辺の街の神社に行って、子供を産み落とすことに決める。

翌朝、人魚の捨て子は神社のそばの、ろうそく屋の老夫婦に拾われた。その子はとても大切に育てられ、美しい娘に成長する。人魚の娘が白いろうそくに赤い絵を描くと、たちまち評判となり、ろうそく屋は繁盛する。神社に納めたろうそくを灯してに出ると、時化でも無事に帰ってこられるということが分かり、ますます評判が広まった。

評判を聞きつけた行商人香具師)が人魚に目をつけ、老夫婦に娘を売ってくれるように頼んだ。最初のうち老夫婦は娘を手放そうしなかったが、「昔から、人魚は、不吉なものとしてある。」という香具師の言葉と、法外なを前にして手放すことになってしまう。娘は老夫婦の元を離れたくないと懇願するが、欲に目が眩んだ老夫婦は耳を貸さなかった。ある月の明るい晩、大きな鉄格子のはまった箱を乗せた車がやってきて、娘は真紅に染めたろうそくを残して、連れて行かれた。

その夜、老夫婦の元に、不気味な女が現れ、真紅のろうそくを買って行った。すると突然に海が荒れ狂い、沢山のが転覆し、娘の乗った船も檻と共に沈んでしまう。それからというもの、神社に灯がともると大時化が来て人が死ぬようになる。老夫婦は神様の罰が当たったのだと考え、ろうそく屋をやめてしまう。

ろうそく屋がなくなっても、その呪詛は収まらず、山の上の神社は恐れ嫌われて人が途絶え、幾年も経たずしてその街は滅びてなくなってしまった。

雁子浜の人魚伝説[編集]

この伝説は、袴形村にまだ住吉神社があったころに起きた、ある水難事故が元になっていると言われている。袴形の神社は小高い丘の上の松林の中にあり、佐渡島を臨む鳥居の南側には常夜灯が一列に並んで、悪天候でも献灯が絶えなかった。この献灯の光を頼って、佐渡島から渡ってくる不思議な女がいた。雁子浜の若者が女と恋仲となって、毎晩抜け出すようになった。若者には許嫁がおり、その母が二人の恋路を咎めたため、若者はひと夜献灯を休んでしまった。そのため女は遭難して溺れ、袴形の崖下に打ち上げられ、若者も女の後を追って身を投げた。同情した村人達は二人を弔って、常夜灯のそばに比翼塚を作り、小さな地蔵尊像を安置した。いつしか献灯は行われなくなり人も絶え、丘の上の住吉神社は寂れて、明治41年に崩山の地に移された。[1] 

この話が人魚伝説となって後世に伝わり、未明の童話のモチーフとなった。現在神社の跡地は整地され、石碑と灯籠を一基を残すのみとなっている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大潟商工会パンフレットより

外部リンク[編集]