磯天狗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

磯天狗(いそてんぐ)は、愛知県佐久島和歌山県須賀利、三重県北牟婁郡に伝わる海の妖怪[1][2]

民俗学者・日野巌による『日本妖怪変化語彙』によれば、天狗という名前に反して天狗の類ではなく、河童の一種とあり、怪火を出すものとされる[1]。三重では、磯辺で火を灯しているともいう[2]

磯天狗の伝わる愛知県知多郡南知多町の海

愛知県知多郡南知多町では、ある漁師が雨の夜に海に出たところ、大量の魚が採れたが、どこからか火の玉が飛来し、草鞋を頭に乗せて念仏を唱えたところ火の玉が消え、気づいたときには採った魚が無くなっていたという[3]

愛知県半田市の民話によれば昔、尾張国(現・同県)のある村で、海上に小さな白煙が回転しながら現れて次第に大きさを増し、竜巻のような凄まじい風と共に山へ飛来し、また飛び去ってゆくものが磯天狗の仕業と呼ばれたという。ある乱暴者が磯天狗を退治すると言い張り、磯天狗が飛来したという山へ登ったところ、噂通りの竜巻のような白煙が飛来し、あっという間にその中に飲み込まれ、はるか遠くの海まで放り出されてしまったという[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日野巌・日野綏彦「日本妖怪変化語彙」『動物妖怪譚』下、村上健司校訂、中央公論新社中公文庫〉、2006年、231頁。ISBN 978-4-12-204792-1
  2. ^ a b 民俗学研究所編著『綜合日本民俗語彙』第1巻、柳田國男監修、平凡社、1955年、85頁。
  3. ^ 吉田弘「民話」『南知多町誌』資料編5、内田恒助他編、南知多町、1996年、388頁。
  4. ^ 寺沢正美・小島勝彦編『日本の民話』31、未來社、1979年、305-307頁。

関連項目[編集]