新文芸坐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新文芸坐
Shin Bungeiza
Shin-Bungeiza IMG 8231r R 20151112.JPG
情報
旧名称 文芸坐
開館 2000年12月12日
客席数 266席
設備 ドルビーデジタルEX
用途 映画上映、講演
運営 株式会社マルハン
所在地 170-0013
東京都豊島区東池袋1-43-5
マルハン池袋ビル3F
アクセス 池袋駅東口下車徒歩3分
公式サイト http://www.shin-bungeiza.com/

新文芸坐(しんぶんげいざ)は、 東京都豊島区東池袋にある映画館

概要[ソースを編集]

1956年(昭和31年)3月、作家の三角寛により発足した「人世坐」の姉妹館として「文芸坐」が開館。館内には、しね・ぶてぃっく(映画書籍専門店)、文芸坐地下劇場(1955年12月開館、1988年より文芸坐2と改称)、ル・ピリエ(1979年7月こけら落としの小劇場)が併設されていた。1960年代松竹洋画系の封切館だったが、人世坐の閉館後は名画座に転向。『ビデオをぶっ飛ばせ!』などのユニークな企画名を冠した様々な特集上映を行った。文京区音羽レンタルビデオ店を経営したこともあるが、1990年代前半に閉店している。

40年以上に渡って営業を続けたが、建物の老朽化や経営者だった三浦大四郎の事情などにより1997年3月6日をもって閉館。跡地はマルハンが借り受け、パチンコ屋ビルとして再建。2000年12月12日、テナントのひとつとして「新文芸坐」がオープンし現在に至る。

旧文芸坐時代から、落語やお笑いのトークライブ会場としても用いられている他、映画監督や俳優のトークショーなどの催しも行われている。

データ[ソースを編集]

  • 所在地:東京都豊島区東池袋1丁目43-5 マルハン池袋ビル3階
  • 座席数:266席
  • 支配人
    • 永田稔(初代、2000年12月 - 2008年) - 2003年「第1回文化庁映画賞」映画功労賞受賞[1]
    • 矢田庸一郎(2代目、2008年 - 現在[2]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 平成15年度(第1回)文化庁映画賞について”. 芸術文化. 文化庁 (2004年3月30日). 2014年4月19日閲覧。
  2. ^ 新文芸坐 支配人・矢田庸一郎 其の1”. 裏方に訊く. 藝能往来 (2009年11月). 2014年4月19日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]