松崎菊也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松崎 菊也(まつざき きくや、1953年3月9日 - )は、戯作者(げさくしゃ)。

来歴・人物[編集]

大分県別府市生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。

劇団民芸を経て、コントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」で活動。「キャラバン」では日本テレビお笑いスター誕生』優勝、および1986年度の『NHK新人演芸コンクール』演芸部門で最優秀賞を獲得。その後、1988年に社会派コントグループ「ザ・ニュースペーパー」の結成に参加、リーダー兼脚本家として活動した。

「ザ・ニュースペーパー」退団後は、TBSラジオ松崎菊也のいかがなものか?!パーソナリティーを経て、現在はラジオやテレビにて、ものまねに社会風刺やユーモアを織り交ぜた「戯作」を一人芝居の形で披露したり、コメンテーターエッセイスト作家として活動中。

戯作の中で「永 七輔(えい ななすけ)」の名を騙り、永六輔のものまねを披露することがあるが、既にTBSラジオ土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』にて、永本人との共演も果たしている。

現在は、石倉ちょっきとともに政治風刺トークライブを永田町で展開中。安倍晋三の口調を演じて絶賛されている。

テレビ・ラジオ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

連載[編集]

  • あ、そりゃオレだ(サンデー毎日
  • 無責任架空対談(週刊金曜日
  • 戯作者の難癖口上「さあさ、お立合い」(日刊ゲンダイ)
  • 松崎菊也の不ド~トク主義宣言(連合通信

エッセイ[編集]

小説[編集]

  • 男が捨てられた夜(1997年、三五館)

演劇[編集]

  • 他言無用ライブ
  • はだかの王様
  • 松崎菊也&石倉ちょっき風刺トークin永田町