横森良造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横森 良造
生誕 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
1933年3月25日
死没 日本の旗 日本 東京都
2012年8月27日(満79歳没)
学歴 東京都立江戸川高等学校
職業 アコーディオン奏者
担当楽器 アコーディオン

横森 良造(よこもり りょうぞう、1933年3月25日 - 2012年8月27日)は、日本アコーディオン奏者である。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。東京都立江戸川高等学校卒業。日本を代表するアコーディオン奏者として長く活躍した。妻は友人の姉であった女性で姉さん女房、長女は映画ライター、女優、舞台演出家の横森文

生楽器ならではともいえる、歌い手に合わせた自在なテンポ設定ができ、特にのど自慢、歌合戦系のテレビ番組では重宝されていた。NTVスター誕生!NHKのど自慢では斎藤正雄と共に出演し、ほぼ伴奏に徹していたがアコーディオン奏者がテレビ出演する機会が少なくなった1980年代以降は横森がその殆どに出演し「アコーディオンのおじさん」として認知度は高く[1]バラエティ番組などに出演する際には、自ら出囃子を演奏する事もあった。

2012年4月21日に行われた横浜アリーナでのももいろクローバーZ公演(ももクロ春の一大事2012 〜横浜アリーナ まさかの2DAYS〜)でアコーディオン伴奏を披露していた。4か月後の2012年8月27日、東京都の自宅で心不全のために死去[2][3]。79歳没。

主な作品[編集]

  • アコーディオンはうたう(1 - 5)
  • 横森良造アコーディオン・みんなの愛唱歌
  • 横森良造・アコーディオン艶歌

出演したテレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 林家三平 (初代)の伴奏は小倉義雄で誤って横森と混同される場合があった。
  2. ^ アコーディオン奏者・横森良造さん死去…79歳・心不全(2012年9月12日時点のアーカイブ) スポーツ報知 2012年9月13日閲覧
  3. ^ アコーディオン奏者の横森良造さん死去(2012年9月12日時点のアーカイブ) 朝日新聞 2012年9月13日閲覧

関連項目[編集]

  • アッセンブル・インサート - 原作はゆうきまさみの漫画。原作に「横漏れ」という言葉と「横森」をかけたギャグがあったが、このOVAではその場面で実際に横森良造によるアコーディオン演奏音が流れる。
  • 神奈川県出身の人物一覧
  • 坂崎幸之助 - フォーク界の横森良造と呼ばれている。
  • だるま食堂(お笑いトリオ) - 柔和な表情をたたえて黙々と演奏する横森のプロフェッショナルぶりに畏敬の念を込めて、コントの台詞でツッコミに「あのアコーディオンを弾く人みたい、そう横森良造!」がある。

参考資料[編集]

  • 笑うアコーディオン/横森良造 著 横森文 講談社 ISBN 978-4-062-18247-8 2013年10月1日発行