横森良造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横森 良造
基本情報
出生 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
1933年3月25日
学歴 東京都立江戸川高等学校
死没 日本の旗 日本 東京都
2012年8月27日(満79歳没)
職業 アコーディオン奏者
担当楽器 アコーディオン

{{{Influences}}}

横森 良造(よこもり りょうぞう、1933年3月25日 - 2012年8月27日)は、日本アコーディオン奏者である。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。東京都立江戸川高等学校卒業。日本を代表するアコーディオン奏者として長く活躍した。妻は友人の姉であった女性で、姉さん女房である。

生楽器ならではともいえる、歌い手に合わせた自在なテンポ設定ができ、特にのど自慢、歌合戦系のテレビ番組では重宝されていた。バラエティ番組などに出演する際には、自ら出囃子を演奏する事もあった。

2012年4月21日に行われた横浜アリーナでのももいろクローバーZ公演でもアコーディオン伴奏を披露していた[1]が、4か月後の2012年8月27日、東京都の自宅で心不全のために死去[2]。79歳没。

主な作品[編集]

  • アコーディオンはうたう(1 - 5)
  • 横森良造アコーディオン・みんなの愛唱歌
  • 横森良造・アコーディオン艶歌

出演したテレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]