被取締役新入社員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

被取締役新入社員』(とりしまられやくしんにゅうしゃいん)は、安藤祐介小説である。講談社より2008年3月に刊行。

ドラマ原作大賞の第1回受賞作で、2008年にテレビ・ラジオドラマ化されている。

概要[編集]

講談社と東京放送(現・東京放送ホールディングス / TBSテレビTBSラジオ)が主催する「ドラマ原作大賞」を受賞し、2008年3月に初版刊行。同年3月31日にテレビドラマが、4月6日にラジオドラマが放送された。

初版刊行と同時に電子書籍も配信されている。

表紙に描かれているイラストは、テレビ・ラジオドラマのキャラクターである「ハケグチくん」。

あらすじ[編集]

鈴木信男は幼い頃からいじめを受け、何をやっても失敗ばかり、会社を13度解雇にされた。そんな信男が14度目の就職活動で、超一流の広告代理店「大曲エージェンシー」の入社試験を受験すると、なぜか採用される。

社長は入社した信男を「羽ヶ口信男」という名に改めさせ、表向きは“ダメ人間”のアシスタントディレクター、実は役員待遇の「被取締役」に抜擢。この「被取締役」とは、他の社員の軽蔑や罵詈雑言を一身に浴びて、社内のストレスの「はけ口」となり、他の社員のストレスのやり場を集中させて結束させるというもの。「ひとりいじめられっこ政策」は社長の思惑通り業績の急伸に繋がり、成功を収めたように思えた。ところが、ある夜の接待で持ち出した宴会芸がきっかけで、全てがうまくいってしまうようになり、“ダメ人間”としての信男が消え去ってゆく。

人間として本当の意味で必要とされることを知った信男が、踏み出した新たな一歩を描く物語。

テレビドラマ[編集]

2008年3月31日に、TBS系列(月曜日21:00 - 22:54)にて放映。視聴率12.0%。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBS系列 ドラマ原作大賞
前番組 番組名 次番組
-
被取締役新入社員

ラジオドラマ[編集]

2008年4月6日に、TBSラジオ(日曜日20:00 - 21:00)にて放送。脚本は、元芸人・さわだみきお

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]