森崎書店の日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森崎書店の日々
著者 八木沢里志
発行日 2010年9月7日
発行元 小学館文庫
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫
ページ数 208
次作 続・森崎書店の日々
コード ISBN 9784094085457
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

森崎書店の日々』(もりさきしょてんのひび)は、八木沢里志の小説。本の街・神保町を舞台に、一人の女の子の成長を描いている。第3回ちよだ文学賞大賞受賞作。2010年小学館文庫刊。文庫本には物語の1年半後を描いた続編小説『桃子さんの帰還』も収録されている。

表題作は2010年に映画化された。

2011年には本作から2年後を舞台とした続編小説『続・森崎書店の日々』が出版された。

あらすじ[編集]

森崎書店の日々

交際を始めて1年半になる恋人から突然、他の女性と結婚することになったと告げられた貴子。職場恋愛だったために会社も辞めることになり、恋人と仕事をいっぺんに失う。深く傷つき、ただ泣き暮らす毎日を送る貴子に、叔父のサトルから電話がかかってくる。妻の桃子に家出され、ひとり神保町で「森崎書店」という古書店を経営していた叔父は、店に住んで仕事を手伝ってほしいという。飄々としてつかみどころがなく、親類の間では変人として通っていた叔父。誰かの救いを求めていた貴子は、その叔父の申し出を受け入れて、本の街のど真ん中に住むことにする。

桃子さんの帰還

映画[編集]

森崎書店の日々
監督 日向朝子
脚本 日向朝子
原作 八木沢里志
製作 小林栄太朗久松猛朗
出演者 菊池亜希子
内藤剛志
音楽 野崎美波
撮影 猪本雅三
編集 菊井貴繁
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2010年10月23日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト[編集]

喫茶店アルバイト。明治大学大学院生。国文学専攻。
貴子の元彼。
喫茶店アルバイト。
喫茶店のマスター。
森崎書店の常連客。

スタッフ[編集]

劇中で使用された書籍[編集]

外部リンク[編集]