清の富士猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

清の富士 猛(きよのふじ たけし、1966年2月11日 - )は静岡県伊東市出身の元大相撲力士伊勢ヶ濱部屋に所属していた。本名は薬丸 猛(やくまる たけし)。得意手は突き、押し。身長174cm、体重141kg。最高位は東十両11枚目(1993年9月場所)。

来歴[編集]

知人の紹介で伊勢ヶ濱部屋に入門し、1981年3月場所初土俵を踏んだ。小兵のため三段目から幕下にかけて苦労した時期もあったが、着実に番付を上げて行き、入門から12年かかり1993年9月場所に十両に昇進した。この少し前の5月場所には西幕下10枚目で6連勝し七番相撲に際して「清の富士も勝ち越せば即関取ですからね」と大相撲放送で解説されたことがあったが、負けて6勝1敗となり昇進を逃している。正統派の突き押し相撲で期待されたが、十両では9月場所7勝、11月場所6勝と二場所続けて負け越し、1994年1月場所には幕下に陥落した。以降も十両復帰を目指して相撲をとり続けたが、1998年9月場所での全休を最後に現役を引退した。

清の富士が幕下に陥落して以来、伊勢ヶ濱部屋の関取が不在となった。この状況は部屋が消滅した2007年1月場所まで続いた。

引退後はボディビルダーに転身し、最高で150kgあった体重を鍛え抜いて78キロまで落とし、2014年9月までに「東京ボディビル選手権大会」のマスターズ40歳以上級に3回出場した記録を残している(いずれも予選落ち)。[1]

従弟にはタレント薬丸裕英がおり、生年月日も8日違いであった。

戦績[編集]

  • 生涯成績:386勝347敗18休(105場所)
  • 十両成績:13勝17敗(2場所)

改名歴[編集]

  • 薬丸 猛(やくまる たけし)1981年3月場所-1981年5月場所
  • 清の富士 猛(きよのふじ-)1981年7月場所-1998年9月場所

関連項目[編集]

脚注[編集]