再現ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

再現ドラマ(さいげんどらま)は、過去に起きた事件などをドラマ化して視聴者にわかりやすく伝えるもの。

ドキュメンタリードラマ(英語: DocudramaまたはDocumentary drama)として、一つのノンフィクションのドラマあるいはドキュメンタリーとして構成される場合もある。ただし、「再現ドラマ」という場合には過去のエピソードを取り上げる際に挿入される短い再現映像を指すこともあり、以下の例にあるように情報番組やバラエティ番組では複数の再現ドラマを挿入して構成している番組もある。

日本[編集]

再現ドラマを利用する番組(定期)[編集]

日本テレビ系列[編集]

TBS系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

再現ドラマを利用する番組(単発)[編集]

日本テレビ系列[編集]

  • 緊急報道ドラマスペシャル オウムVS警察 史上最大の作戦(2004年2月24日放映)

TBS系列[編集]

  • 報道特別番組「告白 ~私がサリンを撒きました~ オウム10年目の真実」(2004年3月5日放映)

再現ドラマを利用する番組(過去)[編集]

VTRになる以前はフィルムだったので通常「再現フィルム」と呼ばれた。

日本テレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

TBS系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

韓国[編集]

  • 事件二十五時(KBS)[1]
  • 警察庁の人々(MBC)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 小針進『韓国ウオッチング』時事通信社、1995年、12頁。