灰田有紀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

灰田 有紀彦(はいだ ゆきひこ、1909年明治42年)4月24日 - 1986年昭和61年)10月16日)は昭和期の作曲家スチールギター奏者、ウクレレ奏者。本名は灰田 可勝。別名を灰田 晴彦。弟は歌手の灰田勝彦

生涯[編集]

日系2世の子として、ハワイホノルルに生まれる。父親が亡くなり納骨のため日本を訪問中に関東大震災に遭い、騒ぎの中でパスポートをはじめ家財道具一切を盗まれて帰国できなくなり、独協中学へ進学。中央大学を経て慶應義塾大学中退。

1928年(昭和3年)、ハワイアン・バンドの灰田晴彦とモアナ・グリー・クラブを結成。戦前・戦中とハワイアンを演奏するバンドとして活躍。1935年ごろにプロとなり、演奏だけでなく作曲編曲のほか、杉並区高円寺の自邸でギター教習所を開き、生徒には朝吹常吉の息子や近衛文麿の娘,金子堅太郎の孫などがいた[1]。戦中は、敵性音楽だとしてハワイアンが演奏禁止になり不遇の時代を過ごす。その時期、作曲家として「森の小径」、「鈴懸の径」を作曲。灰田勝彦の歌声でヒットする。

敗戦後の1945年(昭和20年)、弟の勝彦と灰田晴彦とニュー・モアナを結成。 ハワイアン音楽一筋に生き、日本ウクレレ協会会長など務めた。

1979年(昭和54年)、長年の功績が認められ、「第21回日本レコード大賞顕彰」受賞。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和戦中期の軽音楽に関する一考察―カルア・カマアイナスについて古川隆久、研究紀要 / 日本大学文理学部人文科学研究所、2007