芸映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社芸映
GEIEI CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
153-0044
東京都目黒区大橋1-7-12
設立 1959年3月10日
業種 サービス業
法人番号 9013201001781
事業内容 タレント歌手俳優のマネージメント
代表者 代表取締役社長:青木純一郎
従業員数 30名
主要子会社 芸映音楽出版
芸映タレントアカデミー
芸映タレント・ステーション
ワイズプランニング
関係する人物 宮田重雄(創業者)
外部リンク http://geiei.co.jp/
テンプレートを表示

芸映(げいえい)は、東京都目黒区にある芸能事務所である。

沿革[編集]

1957年、「伴淳三郎東京事務所」と兼ねる形で設立した「東京芸映プロダクション」を前身とする[1]1959年3月10日、中央区銀座8-19に「株式会社芸映」の社名で発足(初代社長は医師で画家の宮田重雄[1])。1961年喜劇俳優伴淳三郎が2代目社長に就任。

発足当時は外国テレビ映画『アラゴンの城塞』『遥かなる戦線』『忘れられた人々』『独逸かく戦えり』『命ある限り』などを輸入したり、角丸証券東洋レーヨンなどのCF制作が中心の企業であった。

1962年[2]、タレントのマネジメント業に進出。以降、エミー・ジャクソンの「涙の太陽」(1965年)、いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1968年)のヒット等で礎を築く[1]

1965年芸映音楽出版を設立。

1968年、伴のマネージャーだった[1]青木伸樹が3代目社長に就任。

長らく赤坂アマンド向かいのビルに事務所を構えていたが、1998年から目黒区に移転している。

歴史[編集]

主な所属タレント[編集]

アーティスト[編集]

業務提携[編集]

所属していた主なタレント[編集]

1980年代に芸映関連のイベントに帯同することがあった菊池桃子は、系列事務所のトライアングルプロダクション所属(後に移籍)で芸映本体には所属していなかった。広末涼子と後藤理沙の所属も当時の系列事務所のフラームだったが、公式HPの所属タレント一覧には2002年まで一員として明記されていた[7]

採用経緯[編集]

  • 直接スカウト
    • 西城秀樹(ジャズ喫茶)、浅田美代子(街頭→外部オーディション)、角川博(クラブ)、岸本加世子(コンサート会場[8])、神野美伽(ちびっこ歌番組)、櫻井淳子(街頭)
  • 自社オーディション
    • 河合奈保子、石川秀美、国実百合
  • 自社育成機関より選抜
    • 七咲友梨
  • 外部オーディション
    • 有田美春、小林美樹、岩崎宏美、清水由貴子、豊田清、芳本美代子、志村香、西村知美、広末涼子、後藤理沙、永山たかし
  • 移籍
    • 相本久美子、安奈淳、川嶋みき、水谷あつし、小出由華、西尾拓美、佐藤亜里香
  • 志願
    • 風見りつ子

自社オーディション[編集]

これまでに1980年、1981年、1987年の3度行われ、河合奈保子、石川秀美、国実百合がそれぞれ優勝し、歌手としてデビューを果たした。

1回目と2回目は「HIDEKIの弟妹募集!!全国縦断新人歌手オーディション」として実施し、西城秀樹も決勝大会[9]で審査員の1人に加わった。応募書類及びカセットデモテープの一次審査と、全国主要都市で開催した本人の歌唱による二次審査を経て、東京の決戦大会に於いて選抜した。優勝者は共に卓越したスタイルが特徴の一つとなったが、主旨は新人歌手の発掘であり、水着審査などはなかった[10]。優勝対象者は男女各1名だったが、1・2回共に「妹」のみが選出された。

西城によれば彼自身は河合奈保子・石川秀美共に選考の過程で推薦に回ったという。特に2回目優勝の石川は彼の強い意向で選出された[11]

3回目は「ザ・オーディション・ボーイズ・アンド・ガールズ」として実施した。この時も男性の選出には至らず、国実百合が優勝して歌手デビューに至った。

脚注及び出典[編集]

  1. ^ a b c d 週刊平凡1982年10月07日号p46-51「THE PRODUCTION 芸映プロダクション」
  2. ^ 芸映所属歌手第一号「つくば兄弟」のデビュー年。芸映公式HPの沿革では1962年、週刊平凡の記事では63年。
  3. ^ 週刊アサヒ芸能1984年07月05日号p34-35「所属プロから”完全独立”した岩崎宏美25歳の前途多難」
  4. ^ 『>芸映・青木会長通夜 コロッケ、西村知美らが感謝と追悼”. 芸能ニュース. ORICON STYLE (2016年6月16日). 2016年8月7日閲覧。
  5. ^ デビュー40年 極めた女歌 広島出身の角川博 記念曲 切ない心しっとり※中国新聞2015年10月17日付朝刊掲載
  6. ^ スエヒロボウルのプロフィール
  7. ^ 芸映公式サイトのプロフィール ※インターネットアーカイブ2002年02月09日付保存キャッシュ。
  8. ^ 岸本加世子の項目参照
  9. ^ 最終選抜大会の名称は、事前に各雑誌に掲載された応募要項には「決戦大会」とあったが、1回目の会場のステージの看板には「決勝大会」と書かれていた(『別冊近代映画 河合奈保子特集号』p112-113)。ゆえに当時の報道や当事者の回想などでは両方の記述が混在する。
  10. ^ 月刊明星1979年12月号(第1回)、同1981年09月号(第2回)掲載募集広告、及び河合奈保子著「夢・17歳・愛」(KKベストセラーズ1981年)石川秀美著「愛編む秀美」(集英社1982年)
  11. ^ 石川秀美BOX COMPLETE SINGLE COLLECTION同封ブックレットの西城のコメント

外部リンク[編集]