スーパーの女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーの女
監督 伊丹十三
脚本 伊丹十三
製作 玉置泰
出演者 宮本信子
津川雅彦
三宅裕司
小堺一機
伊東四朗
音楽 本多俊之
撮影 前田米造
浜田毅
柳島克巳
高瀬比呂志
編集 鈴木晄
製作会社 伊丹プロダクション
配給 東宝
公開 日本の旗 1996年6月15日
上映時間 127分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 15億円[1]
テンプレートを表示

スーパーの女(スーパーのおんな)』は、1996年日本映画伊丹十三による脚本監督作品。原作は安土敏の「小説スーパーマーケット」。

スーパー大好き主婦が幼馴染の経営するダメスーパーマーケットを立て直していくというサクセスストーリーである。

伊丹十三にとっては前二作(『大病人』『静かな生活』)が興行的に失敗に終わったため、「この映画では失敗が許されない」と覚悟をもって臨んだ作品であったが、結果的に大ヒットを記録した。第20回日本アカデミー賞優秀作品賞などを受賞。

あらすじ[編集]

おかっぱ頭のスーパーマーケット大好き主婦・井上花子は、スーパー「安売り大魔王」で小学校時代の幼馴染・小林五郎とバッタリ再会する。花子は「もう一つスーパーを見て欲しい」と五郎に言われ、ついて行った先のスーパー「正直屋」のダメぶりを五郎に愚痴るものの、迂闊にも五郎がその「正直屋」のオーナーだった。五郎は、「安売り大魔王」に業績で水をあけられた腹いせに、酒に酔った勢いで「正直屋」を日本一にする夢を花子に語った。

五郎は花子の主婦としての視点から「正直屋」の悪いところを直すべくスーパーに入社を勧め、一度断られるが、花子は「安売り大魔王」の傲慢な商売振りにカチンときて「正直屋」に入社し、「安売り大魔王」と闘う事になる。

最初はスーパーのレジ係として勤務した花子だが、職人気質な人達がチーフに就いている各部門で問題が続発し、特に精肉部・鮮魚部とは事あるごとに対立する。やがて実績を買われて副店長に昇進した花子は顧客の意見を聞き反映する試みを行い、製品のリパック(店頭に置いてあった製品を回収し再度ラップし、日付のラベルを貼り替えてまた店頭に置く事)の禁止を店舗会議で直訴し五郎も承諾させ、正直屋の商売方針を改善。徐々に来る客も増えていった。かつて五郎が花子に語った「正直屋」を日本一にする夢を、利益や規模ではなくお客様への信用の面で目指すことになった。

青果部は値引きシールの作戦や勉強会により、早くも売り場が改善された。

鮮魚部のチーフは専務の命令により、リパックを禁止されて売れ残った魚を毎日捨てさせられた。さらに花子の指摘により、職人の見栄のために売れもしない高い魚を飾ることをやめさせられるばかりでなく、生簀で魚を見せびらかすことも指摘され生簀を解体する現場を目撃して逆上し、自ら生簀をぶち壊したりもした。

惣菜部はおにぎりの中身が偽装だったのを仕入れ業者に指摘したほか、惣菜のバイキング方式を採り入れたことが評判になった。

精肉部は内部会議で古くなった肉ではなく、新鮮な肉を挽き肉にする方針に切り替える反面、チーフは出入りの屑肉処理業者を使い店に納入されている高級国産牛を不正に横流しし、私腹を肥やしていた。ある晩、精肉部助手の報告を受け、花子と五郎は屑肉処理業者をとり押さえ、精肉部のチーフを問い詰める。

これら一連のスーパーの売場や作業場の環境を改善する動きにより、買い物客ばかりでなく、「正直屋」で働くパートの人たちも不正な商品を扱わないで済むようになり、安心して自分たちのスーパーで買い物ができるようになっていった。

旗色が悪くなった「安売り大魔王」の社長は、以前から内通していた「正直屋」の店長に「必要な人員をごっそり引き抜いてくるように」と言い、ある朝、「正直屋」の朝礼で店長がその話を持ち上げる。当初は先行きの不安感から店長側につく者が多かったが、花子が「安売り大魔王」の現状と「正直屋」の展望の話をし、スーパーの売り手としての自覚を持った店員は花子の説得で大半は店に残る決意をする。その中には花子と販売戦略の違いから対立し、心替りした鮮魚部のチーフもいた。

結局、正直屋を出る事になったのは店長と精肉部のチーフの他数名だけだった。閉店後、従業員と食事に行っていた花子たちは精肉部のチーフと店長が店の肉を持ち出そうとしている一報を聞き、阻止しようと店に向かうが手違いから店長たちの乗る冷凍車に花子は閉じ込められてしまう。トラックをヒッチハイクした五郎と店長たちの冷凍車とのカーチェイスを繰り広げたのち、警察も応援に加わり店長達を追い詰める事に成功し、店長と精肉部のチーフは逮捕された。行き着いた先がとある漁港で正月も漁に出る事を知った花子は漁師の好意で初荷を全て買取る契約をする事に成功した。

年が明けて1月2日。正月商戦において盛況に沸く正直屋は閑古鳥の鳴く安売り大魔王に見事に勝利を収めるのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は映画での呼び名

正直屋[編集]

井上花子
演 - 宮本信子
男っぽい喋り方と陽気でサバサバした性格が特徴。強面の職人たちにも気後れせず自分の考えを主張する強気な一面もある。私服は主に原色の服を好んで着ている。夫を亡くしてシングルマザーになり、子供が北海道の大学で畜産を学んでいる。
過去に他の小売業の店で働いた知識や主婦の目線でスーパーの良し悪しを判断する目利き能力を持つ。物語の冒頭では主婦だが、この目利きの良さと知識を五郎に見込まれて『正直屋』でレジ係(客のクレーム対応や従業員への助言などを含む)として働き始める。正直屋のレジ係チーフから副店長に昇進、後に前店長の辞職に伴い、新しい店長になる。
小林五郎
演 - 津川雅彦
正直屋専務。花子とは小学生6年生の頃の学友で、ちょっとした言い合いを交えながらも親しい仲で息のあった軽快な会話をしている。妻に先立たれており子供はなく独身男の生活で部屋は散らかっていて正直屋の売り上げに不満を持つあまり酒浸りになっていた。「『正直屋』を日本一のスーパーにする」という意気込みだけはある。消極的で非行動的な性格で、部下である売り場のチーフたちにも強気なことは言えないタイプ。大学生の頃はいくつものクラブ活動をやっていた。

精肉部[編集]

精肉部チーフ
演 - 六平直政
仕入れている質の良い和牛を自慢気に扱っている。精肉のことに口を出す素人の花子のことを鬱陶しく思っている。実は和牛と外国産の肉を合わせたものを加工して、高級ブランドの牛肉として売り場に出している。高級ブランド牛が入った冷凍車に花子を乗せたまま店長と共に逃走し警察に逮捕される。
精肉部助手(タケちゃん)
演 - 柳沢慎吾
チーフと同じく職人気質でプライドが高い。チーフがあまり売れない高い肉を切る仕事などを自分でしたがるため仕事がはかどらないことに若干悩んでいる。チーフが屑肉業者に肉を横流ししたり、前店長とつるんで肉を持ち出したりした時も花子たちに密告している。
精肉部助手(ゴリ)
演 - 金萬福
ミンチ肉の製造など、細々とした仕事をしている。

鮮魚部[編集]

鮮魚部チーフ(しんちゃん)
演 - 高橋長英
元・魚屋で地上げに巻き込まれて廃業し、正直屋へ転向。怒りっぽい性格で荒い言動をする。職人であることに誇りを持っており、刺身を造るのは自身の役目として他の人にやらせない。素人である花子が色々と口を出してきたり、新しく提案したやり方に反発する。リパックを否定された後は売れ残った商品を黙々と処分していた。店長と一緒に安売り大魔王に転職を考えるが正直屋にしばらくの間は残ることを決意し、パートらに魚の扱い方を教えることにする。
鮮魚部助手(キンちゃん)
演 - 伊集院光
精肉のチーフと同じように鮮魚のチーフも大事な仕事である刺し身造りは他の人にやらせないため、自身は三枚卸しなどの仕事をしている。
パートさん
演 - 絵沢萠子
鮮魚部で働いている。売れ残った魚のリパック(売れ残りの商品のパックし直し日付ラベルも張り替えること)というインチキを店長の指示でやらされることに不満を持っている。
パートさん
演 - 原日出子
鮮魚部で働いている。リパックのことを子供に聞かれたら答えられないと思っているが、パートという立場上、店長たちに逆らえずリパックをやめたいと言えない。

青果部[編集]

青果部チーフ(キヨちゃん)
演 - 三宅裕司
ちょっと前まで主婦だったのに色々口出す花子をあまり信頼していない。作中では売れ残った白菜を翌日に1個10円で売っているが、イクヨによるとそもそもいつも多く仕入れすぎているとのこと。
青果部助手(みつる)
演 - 津久井啓太
キヨちゃんに気に入られている。他店で買った白菜の芯に縦に切り込みがあったのを他の従業員が不思議がっていた所、理由を答えている。吃音症かは不明だが、作中では話す時に度々言葉がつっかかる描写がある[2]

他の主な従業員たち[編集]

惣菜部チーフ(ウメさん)
演 - あき竹城
日常的に他の部所で売れ残った鮮度の落ちた材料を使って、惣菜を作らされてることに不満を抱き、リパックの件で花子が役員に詰め寄る際に自ら意見を述べる。客の苦情を聞き、花子とおにぎりの具の納品業者を調べに行く。東北訛りの方言で話す。
レジ係チーフ(イクヨちゃん)
演 - 松本明子
働き出した花子に早い段階から慕うようになり、あれこれと提案して指示する花子を支える。基本的に各売り場の商品についてのクレームが、客によって支払い時のレジ係に寄せられるため、困っている。正直屋が安売り大魔王に身売りされようとした際に、我先に正直屋に残る決心をした。
レジ係
演 - 山田純世
レタスとキャベツの区別がつかない。ぶっきらぼうな性格で客のクレームにもヘコヘコ謝ったりしない。髪の毛をくくって顔の右側に下ろしている。
販促部員
演 - 小堺一機
ある日『正直屋』のチラシに「卵1パック88円・先着1,000名様限定」とするところを「卵1パック28円」と表記(制限数もなし)した広告を出すというミスを犯してしまい、客が押し寄せて騒動となる。卵が品切れになる前に機転を利かして、卵1パック28円が一週間有効の引換券を配布することを提案する。
青果部
演 - アゴ勇
グロサリー
演 - 与世田浩
駐車場係
演 - 里木佐甫良

正直屋の経営陣[編集]

小林一郎
演 - 金田龍之介
五郎の兄。近くにある『安売り大魔王』が新装開店して、価格破壊を目玉に売上を伸ばす。そのため『正直屋』の客を取られたことを危惧している。口先だけの頼りない五郎を心配している。孫が多い。
店長(キクニちゃん)
演 - 矢野宣
面倒くさがりでかなり雑な言動をする。自己中心的な考えの持ち主で店や自身が良ければ、客や店の信頼は後回しにする。実は『安売り大魔王』の社長と裏でつながっておりスパイとして『正直屋』の情報を流している。『正直屋』を廃業して『安売り大魔王』に鞍替えしようとするついでに、店員たちを言葉巧みに『安売り大魔王』へ強引に移させようとするものの、『正直屋』サイドの副店長の花子らは身売りを拒絶して店に残る決心をした。その後、店を辞めた元店長らは高級ブランド牛などを店から持ち去り、これを阻止するために冷凍車に乗り込んで閉じ込められた花子を乗せたまま精肉部チーフと共に逃げた末、五郎の機転により警察に逮捕される。

安売り大魔王[編集]

社長
演 - 伊東四朗
花子に言わせると「インチキスーパー」の社長。五郎に対して、売り上げの悪い『正直屋』の買収を持ちかける。五郎によると元々『正直屋』で働いていた職人で、何人かの従業員たちを引き連れて独立した過去がある。
店長
演 - ヨネスケ
社長の腰ぎんちゃくのような部下で、社長のいいなりとして動いている。
店員
演 - 渡辺正行
ファミリーサイズのアイスクリームを1000個限定の安売りで客を呼びこんでいる。ただし、短時間で売り切れとなっているため、居合わせた花子からインチキではないかと疑われる。
用心棒
演 - 忍竜
大柄な体格。勤務中に社長のそばに控えており、睨みをきかせている。

主なお客さま[編集]

上品ぶったご婦人。
演 - 野際陽子
店長によると「町会議員のナニ」と言われている。赤を基調としたケバケバしいファッションに身を包む。愛犬であるヨークシャー・テリアのメグちゃんを抱きかかえて来店する。本人曰く「メグちゃんは我が子同然でペットじゃない」とのこと。
駐車場の男性客
演 - 柳谷寛
『正直屋』の店用のカゴを車のトランクに入るだけ持って帰ろうとするマナーの悪い客。
レジに並ぶ女性客
演 - 迫文代
一日の買い物金額を2,000円までと決めている。しかし予算の金額を超えてしまったため、レジを打った後の商品を戻そうとする。
常連客のオバサン4人組
演 - 田嶋陽子
精肉売り場ではがし忘れた特売の値段とレシートの請求金額が違うと苦情を言う。
演 - 阿知波悟美
挽肉の色が2日経っても赤いままなのでおかしな薬品が入ってるのではと疑う。 
演 - 柴田理恵
博多出身で、おにぎりの具のたらこの食感が違うと花子たちに言い出す。
演 - 川俣しのぶ
自身の不注意により卵をパックごと落として割ってしまう。

その他[編集]

おにぎり屋の社長
演 - 岡本信人
つるかめ食品。テスターの主婦から、おにぎりの食感がおかしいと指摘され、不当表示で訴えられたら責任を取ってくれますかと脅し本当のことを喋らせる。おにぎりの具に使うたらこに、ししゃもの卵を混ぜて誤魔化していることが発覚。花子のアドバイスを受け、具の改善に取り組む。
屑肉業者
演 - 不破万作
精肉部チーフとつるんで屑肉を引き取る時に店には内緒で高い肉の横流しをする。助手のタケちゃんがその事件の現場を目撃したことを花子と五郎に知らせ、花子のマヨネーズ攻撃と五郎の柔道背負い投げにより観念する。
五郎の父の遺影
演 - 沢村国太郎
運転手
演 - 佐藤蛾次郎
デコトラ「芸術丸I」の運転手。花子が元精肉部チーフの運転する冷凍車に閉じ込められた直後に偶然通りかかり、五郎を乗せて追跡する。犯人の車を必死に追いかけるために猛スピードを出して商店街なども突っ切る。
漁港の医者
演 - 緒方昇
花子が倒れて意識をなくした時に診察する。
看護婦
演 - 清水美子
花子が倒れて意識をなくした時に処置をする。
カモメ漁港のおじさん
演 - 奥村公延
漁師で生計を立てている。花子が倒れて意識をなくした時に居合わせて見守る。花子の営業により、元旦に漁に出て1月2日の正月セールのために正直屋に船いっぱいの魚を送る。
おばさん
演 - 石井トミコ
花子が倒れて意識をなくした時に部屋を提供する。花子と五郎を夫婦と勘違いしている。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

全体的にコメディタッチにストーリーが展開してゆくが、後半には冷凍トラックとデコトラ(芸術丸I)のカーチェイスシーンもあり、アクション映画の要素も併せ持つ娯楽作品に仕上がっている。

原作は「小説スーパーマーケット」。著者の安土敏こと荒井伸也は、1996年当時、スーパーマーケットチェーン「サミット」の社長であり、この映画の製作には同社が全面協力している。

原作からの着想による映画のシーン[編集]

参照[3][4]

  • 『安売り大魔王』での朝礼の場で「我ら商人は利益を忘れない」などの宣誓の唱和や「エイエイオー!」の掛け声
  • 開店時間の午前10時になっても品出しが済んでいない(『安売り大魔王』(朝が弱い、元々そういう体質)『正直屋』(リパックの手法を否定された鮮魚・精肉部のチーフの反発による))
  • 古い肉の加工品への使い回し
  • 脂身の分厚いステーキ肉や、肩ロース肉をばら肉で底上げする行為
  • 高い肉のロス(売れ残ったものを廃棄)を補填するために、他の肉の値段を吊り上げる
  • 白菜の値引きの方法
  • チラシで卵の値段を誤表示した事による客の殺到
  • 野菜の切り方を他店と較べる勉強会
  • チェーン店化のための職人の追放及び職人の技術を残す方法[4]
  • 肉の横流し
  • 他店(『安売り大魔王』)に吸収合併される場面(原作ではそのまま合併されるものの、合併先の売場の改善に躍起になる)
  • 上記の他店の実態(かつての『正直屋』のレベル。鮮度の悪さ、安売り一辺倒)を花子が糾弾する場面

考察[編集]

最も大きな特色は、2000年雪印集団食中毒事件を皮切りに相次いで起こった大規模な食品事故を機に社会的関心が高まった、食の安全食品偽装といったテーマを、その数年前に既に描いていたという点である。例えば、

  • 変色した肉を赤い蛍光灯でごまかす。
  • 売れ残りの食品をパックし直して新しい日付で売る(通称:リパック)。
  • 輸入牛を和牛として売る。
  • 前日の売れ残った惣菜を翌日の弁当に入れる。

である。さらにこの作品ではいわゆる牛肉偽装事件が発覚する前から生産地の偽装について取り上げており、伊丹十三の先見性を世に知らしめる事となった。この映画による影響で改善されたスーパーマーケットも数多くあったといい、試写を見たあるスーパーの店員達はその上層部に「私たちはこの店をこんなスーパーにしたいんです」と訴えたという逸話も残っている。このような経緯もあり、社員教育研修用の素材ビデオとしても活用されている。

その他[編集]

  • 車のトランクからカゴを取り出すトリックのシーンは予告編では精肉部のチーフ役の六平直政がやっていた。
  • 特報のBGMは『ミンボーの女』で使われていた。

参考文献[編集]

  1. ^ 1996年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ ちなみに原作の『小説スーパーマーケット(上)』でも、青果部のスタッフが吃音で野菜の切り方について発言している(文庫版p.268~270)。
  3. ^ 安土敏(著) 『小説スーパーマーケット(上)』 講談社文庫1994年5月30日ISBN 4-06-183183-6
  4. ^ a b 安土敏(著) 『小説スーパーマーケット(下)』 講談社文庫2006年3月6日ISBN 4-06-183184-4

脚注[編集]

外部リンク[編集]