サラ (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サラ (Sarah,Sara) は、女性の名前

概要[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ヘブライ語発音記号)が含まれています詳細

ヘブライ語で「王女」を意味する。また、古くはサンスクリットにおいて「本質」を意味した。

2人の人物が、この名前の由来とされている。旧約聖書に登場する、アブラハムの妻でイサクの母であるサラと、マグダラのマリアの従者でフランスサント=マリー=ド=ラ=メールで祀られているサラである。

ヘブライ語ではשָׂרָהフランス語ドイツ語英語ではSarahドイツ語発音: [ˈzaːra]英語発音: [ˈsɛərə, ˈsærə, ˈseɪrə])。スペイン語イタリア語ポーランド語スウェーデン語ではSaraフィンランド語ではSaaraと表記される。

主な人物[編集]

架空の人物[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]