サラ・チャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラ・チャン
Sarah Chang before performing.jpg
基本情報
出生名 Young Joo Chang[1]
生誕 (1980-12-10) 1980年12月10日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フィラデルフィア
学歴 ジュリアード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト 公式HP

サラ・チャン(Sarah Chang[2][1] 朝鮮語: 장영주(張永宙、チャン・ヨンジュ)、1980年12月10日[3] - )は、フィラデルフィア出身の韓国アメリカ人ヴァイオリニスト[1]

8歳のデビュー以来、北米をはじめ、ヨーロッパ、アジア圏で活動し、そのキャリアは20年以上におよぶ[4]

使用ヴァイオリンは1717年製のグァルネリ・デル・ジェズ[5]

経歴[編集]

1980年12月、フィラデルフィアで韓国からアメリカに渡っていた両親[1]ヴァイオリニストのチャン・ミンス(Min Soo Chang)[1][6][注釈 1]と、同じく音楽家のチャン・ミョン(Myoung Chang)[1]の間に生まれる。

サラは出生時に韓国語名でヨンジュ(Young Joo Chang)と名づけられた。英語名のサラ(Sarah Chang)は、母が当時師事していた作曲家のジョージ・クラムの提案による。彼は、生まれたばかりの赤子が将来、音楽の道に進むと信じ、演奏の場で名乗ることを考えたという[1]

3歳のときに両親にヴァイオリンをねだり、4歳の誕生日に1/16サイズのヴァイオリンを買ってもらい、練習を始めた。6歳でジュリアード音楽院の入学試験を受け、マックス・ブルッフヴァイオリン協奏曲を演奏して入学許可を得る。

ジュリアード音楽院ではドロシー・ディレイとその助手ヒョウ・カン英語版の指導を受けた[5][7]。その一方で、両親はサラが普通の生活を送ることも望んだ[8]。音楽院では6歳で16歳のクラスメイトとともに指導を受け、その傍ら普通学校にも通った[8]。 中学校時代には、中学校の同級生とバレーボール、サッカー、ローラーブレードなどのスポーツに興じた[6]。そんなサラのテレビ初出演は体操選手としてのものだった[6]

1999年にジュリアード音楽院を卒業[5]

2004年、ハリウッド・ボウルに史上最年少で殿堂入り[9]。 2005年、Harvard University Leadership Award を受賞[4]。 2006年、ニューズウィークの“Women and Leadership, 20 Powerful Women Take Charge”に選出[9]。 2008年、世界経済フォーラム主催のヤング・グローバル・リーダーズに選出[9]。 2011年、official artistic ambassador by the United States Department of Stateに任命される[4]。 2012年、Harvard University Leadership Award を受賞[4]

音楽家として[編集]

8歳でズービン・メータ指揮のニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団リッカルド・ムーティ指揮のフィラデルフィア管弦楽団と共演した。10歳でファーストアルバムの録音を行い、それまでハイフェッツが持っていた最年少記録(11歳)を塗り替えた。アルバムは翌年、EMI クラシックスから発売され、発売後まもなく、クラシック音楽のベストセラーとして、ビルボードチャートに入った。

1992年にエイヴリー・フィッシャー・キャリア・グラントを史上最年少で受賞[5]1993年にグラモフォン・マガジン賞、1994年には国際クラシック音楽賞、1999年にエイヴリー・フィッシャー賞を獲得。標準的なレパートリーだけでなくゴルトマルクの協奏曲にも早くから取り組んでいる。

音楽について[編集]

テンプル大学の教授でもある父が、独自の教育方針でサラに接し、育てた教育法が本として出版された。「『だめだ』という言葉は言うな」、「音楽教育は頭脳開発に役に立つ」、「早教育は必須だ」、「不必要な競争心を刺激するな」、「体力を培え」、「遠大な目標を立てよ」といった内容である[10]

インターネットの発達により、YouTubeからサラの名前で検索すれば、子供の頃から現在の公演、インタビューやドキュメンタリーが視聴できるという[11]

評価[編集]

サラ・チャンが10才になったばかりの頃、演奏を初めて聞いて[5]

サラ・チャンは私の知る限りもっとも素晴らしく、もっとも完璧で、もっとも理想的なヴァイオリニストだ — ユーディ・メニューイン[5][6] [注釈 2]

受賞[編集]

  • 1992年 エイヴリー・フィッシャー・キャリア・グラント[5]
  • 1993年 グラモフォン・マガジン賞
  • 1994年 国際クラシック音楽賞
  • 1999年 エイヴリー・フィッシャー賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ チャン・ミンスはKBS交響楽団の首席を務めたことがある[6]
  2. ^ メニューインはヴァディム・レーピンにも似た賛辞を送っているという[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Earls, Irene. Young Musicians in World History. Greenwood Publishing Group. p. 54. ISBN 978-0-313-31442-1. OCLC 47838282. https://books.google.com/books?id=0X1xlWw29ygC&pg=PA54 
  2. ^ Sarah Chang Official Website”. 2019年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月4日閲覧。
  3. ^ Sarah Chang music, videos, stats, and photos” (英語). Last.fm. 2020年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月4日閲覧。
  4. ^ a b c d UGA 2019.
  5. ^ a b c d e f g モルク 2017.
  6. ^ a b c d e JACKSON 1994.
  7. ^ Yale 2011.
  8. ^ a b Kipling 2019.
  9. ^ a b c The Orchestra of the Americas.
  10. ^ 娘サラ・チャンはこうして育てた(中央日報)
  11. ^ dongA.com 2009.
  12. ^ Hewett 2019.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]