サラ・マクラクラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラ・マクラクラン
サラ・マクラクラン 『アフターグロウ』ツアー(2005年)
サラ・マクラクラン 『アフターグロウ』ツアー(2005年)
基本情報
出生 1968年1月28日(46歳)
出身地 カナダの旗 カナダノバスコシア州ハリファックス
ジャンル ピアノ・ポップ
職業 シンガー・ソングライター
担当楽器 鍵盤楽器ギター
活動期間 1988年~
レーベル アリスタ・レコードBMG Japan
公式サイト www.sarahmclachlan.com

{{{Influences}}}

サラ・マクラクラン(Sarah McLachlan, 1968年1月28日 - )は、カナダノバスコシア州ハリファックス生まれのシンガーソングライター

通算アルバム売り上げ枚数はこれまでに4000万枚を超える。サウンドトラックへの参加も多く、映画『シティ・オブ・エンジェル』では挿入歌「エンジェル」、『アイ・アム・サム』ではビートルズの「ブラックバード」をカヴァーしている。

来歴[編集]

幼少時からピアノギタークラシック声楽を学び、後にはニューウェイヴ系の音楽に傾倒。バンド活動をしていた17歳の時にソロデビューの話を持ち掛けられるが、両親の勧めに従い高校に通い続け、卒業後は地元の美大に1年間在学した。その後バンクーバーに移り、19歳の若さで1988年『タッチ』でデビュー。翌年には世界で発売され、収録曲の「ボックス」がCFに使われるなどして日本でも話題になった。

1994年に発表された3作目、『エクスタシー』は40位以内にチャートインしなかったが、62週間チャートインし続け、全米のみで500万枚の大ヒットを記録する。

1997年2月に自らのバックバンドのドラマーであったアシュウィン・スード(Ashwin Sood)と結婚。そして、同年に四作目となる『サーフェシング』を発表。この作品はビルボード初登場2位を記録し、全米で800万枚の大ヒット作品となり、グラミー賞では最優秀女性ヴォーカルパフォーマンス部門を含む三部門を受賞。このアルバムは世界的にも大ヒットとなり世界で1000万枚を超えダイアモンドに認定されている。またこのアルバムからシングルカットされた「Building A Mystery」「Adia」「Angel」のいずれもヒットし、その中でも「Angel」は様々なアーティストにカバーされ、ライブでも必ず披露するなどサラの代表曲の1つとなっている。また「Adia」は同出身国の歌手であるアヴリル・ラヴィーンがMSN Liveでカバーしている。

この作品の成功をきっかけとして、女性主導型のライヴイベントであるリリス・フェアを提唱。このイベントには世界から女性アーティストが賛同し、フィオナ・アップルシェリル・クロウスザンヌ・ヴェガベス・オートンらが賛同、1997年から1999年にかけて全米およびカナダ各地で開催され大成功を収めた。

1999年にはライヴ・アルバム、『ミラーボール』を発表し、この作品も200万枚を超える大ヒット作品となる。リリス・フェアの最後のツアーが終わった1999年以降、子育てや家庭に専念していたが2004年に『アフターグロウ』で復活を遂げる。シングルカットされた「フォールン」や数枚のシングルはヒットにこそならなかったが、アルバムは初週だけで30万枚を超え、合計200万枚を超えてダブルプラチナアルバムにも認定されている。同年のグラミー賞ではノミネートされるも受賞には至らなかった。同年カナダ勲章(オフィサー)を受章。2001年ブリティッシュコロンビア勲章を受章した。また、シングル・カットはされていないが、アルバム内の1曲「Answer」がジョディ・フォスター主演の映画「ブレイブ・ワン」の主題歌となった。なお、この曲はファンや批評家の評価が高いながらも、シングル・カットされていない。

2002年4月6日に、長女インディア・アン・スーシル・スード(India Ann Sushil Sood)を出産。2008年6月22日、次女タージャ・サマー・スード(Taja Summer Sood)が誕生した。同年9月アシュウィン・スードと離別したことを公表した。

2009年10月、翌2010年夏にリリス・フェアが再開されることを発表。

2010年2月12日バンクーバーオリンピック開会式に登場し、「オーディナリー・ミラクル」を歌唱した。また、この「オーディナリー・ミラクル」は、映画「シャーロットの贈りもの」の主題歌にもなっている。

2010年6月15日、7年ぶりのスタジオ・アルバム『ザ・ロウズ・オブ・イリュージョン』を発売。前作のゆったりした曲調とは違い、ドラム・シンセイザー・エレキギター・コーラスなどの新しい音源を使用した曲が多いのが特徴。アルバムからのリード曲「ラヴィング・ユー・イズ・イージー」はビルボードチャート17位を獲得。今作からは、ドラマーがアシュウィン・スードからマット・チャンバーレインとなった。また、スーザン・イーナンのクレジット曲「Bring On The Wonder」も収録された。

このアルバムからのファースト・シングルは「Loveing You Is Easy」。セカンド・シングルには「Forgiveness」が予定されている。アルバムは初週で95,000枚をセールス、前回ほどの初動には及ばなかったが全米ビルボードチャートTop200で第3位を記録。また、アメリカ国内ですでに20万枚以上のセールスを継続中。また、リリス・フェアでもこのアルバムから「Illusion Of Bliss」「Forgiveness」「Heart Break」「Loving You Is Easy」がセレクトされている。

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • タッチ Touch (1988)
  • ときめき Solace (1991)
  • エクスタシー Fumbling Towards Ecstasy (1993)
  • サーフェシング Surfacing (1997)
  • アフターグロウ Afterglow (2004)
  • ザ・ロウズ・オブ・イリュージョンThe Laws Of Illusion (2010)

ライブ・アルバム[編集]

  • 光と風のたわむれ Live EP (1992)
  • フリーダム・セッション Freedom Sessions (1994)
  • ミラーボール~ライブ Mirrorball (1999)
  • アフターグロウ・ライブ Afterglow Live (2004)
  • ミラーボール:コンプリート・コンサート Mirrorball: The Complete Concert (2006)
  • ライブ・フロム・Eタウン Live From Etown: 2006 Christmas Special (2007)

その他[編集]

  • レアリティーズ、Bサイド・アンド・アザー・スタッフ Rarities, B-Sides and Other Stuff (1996)
  • リミックスト Remixed (2003)
  • ブルーム Bloom (2005)
  • ウインターソング Wintersong (2006)

外部リンク[編集]