沖禎介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沖禎介

沖 禎介(おき ていすけ、1874年(明治7年)6月 - 1904年(明治37年)4月21日)は、明治期の諜報活動家(スパイ)。長崎県平戸市出身。

経歴[編集]

東京専門学校(現在の早稲田大学)中退後、横浜で貿易業に従事。1901年(明治34年)に中国に渡り、北京の東文学社の教師となる。1903年(明治36年)には文明学社を設立した。

1904年(明治37年)、日露戦争開戦に際しては民間人ながら陸軍特務機関に協力し、ロシア軍の輸送路破壊工作に従事する。横川省三とともにラマ僧に変装して満州に潜伏しているところをロシア兵に捕獲され、ハルピン郊外で処刑される。

処刑に際して当初は絞首刑を予定されていたが、彼らの態度が立派だったため現地の司令官がロシア皇帝ニコライ2世に請願し、銃殺刑に変更されたと言われている。

その他[編集]