(500)日のサマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
(500)日のサマー
(500) Days of Summer
監督 マーク・ウェブ
脚本 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
製作 マーク・ウォーターズ
ジェエシカ・タッキンスキー
メイソン・ノヴィック
スティーヴン・J・ウルフ
ナレーター リチャード・マクゴナガル
出演者 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ズーイー・デシャネル
音楽 マイケル・ダナ
撮影 エリック・スティールバーグ
編集 アラン・エドワード・ベル
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年1月17日SFF
アメリカ合衆国の旗 2009年8月7日
日本の旗 2010年1月9日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,500,000[1]
興行収入 $58,558,618[1]
テンプレートを表示

(500)日のサマー』(ごひゃくにちのサマー、(500) Days of Summer)は、2009年アメリカ映画

概要[編集]

ミュージックビデオを多く手掛けてきたマーク・ウェブの長編デビュー作である。本作は、脚本のスコット・ノイスタッターロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの実際のロマンスに基づいて作られている。2009年サンダンス映画祭で上映された。

作中ではイングマール・ベルイマンの『第七の封印』のパロディシーンなどが見られる。

ストーリー[編集]

LAで、グリーティングカード会社で働いているトムは、地味で冴えない毎日を送る青年。ロマンティックな出会いを期待するも、大学で建築を学んでいた彼にはグリーティングカード会社での仕事はつまらなくて、職場にはおばさんばかり。

そんな彼はある日、秘書として職場にやってきたサマーに一目惚れしてしまう。出会いから4日目、トムが偶然サマーと同じエレベーターに乗り合わせたとき、ふいにサマーは「わたしもザ・スミスが好き」と声をかける。そしてそこから二人の交流が始まる。ストーリーはトムの空想と、サマーとの実際の関係を絡めてどんどん進んでいく。

会社のパーティーの帰りがけに、トムはサマーに好意を寄せていることを告白するのだが、サマーは「友達になりましょう」と言うだけであった。34日目、イケアで新婚夫婦ごっこをしたり、ランチピクニックをしたりと徐々に親密になっていく二人だが、期待するトムに対してサマーに「真剣に付き合う気はないの」と言われてしまう。そしてトムは、不本意ながらも「気軽な関係でいいよ」と妥協してしまう。

そして109日目、サマーの部屋に招き入れられたトムは、サマーとの関係が一気に進展したと感じるのだが……。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版

サウンドトラック[編集]

(500) Days of Summer
複数のアーティストサウンドトラック
リリース
ジャンル インディー・ロック
オルタナティブ・ロック
フォークソング
時間
レーベル 20th Century
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

2009年7月14日にサウンドトラックが発売された。アメリカ合衆国のBillboard 200では最高で42位だった[4]

  1. "A Story of Boy Meets Girl" – マイケル・ダナとロブ・シモンセン
  2. "Us" – レジーナ・スペクター
  3. "There Is a Light That Never Goes Out" – ザ・スミス
  4. "Bad Kids" – ブラック・リップス
  5. "Please, Please, Please Let Me Get What I Want" – ザ・スミス
  6. "There Goes the Fear" – ダヴズ
  7. "You Make My Dreams" – ダリル・ホール&ジョン・オーツ
  8. "Sweet Disposition" – ザ・テンパー・トラップ
  9. "Quelqu'un m'a dit" – カーラ・ブルーニ
  10. "Mushaboom" – ファイスト
  11. "Hero" – レジーナ・スペクター
  12. "Bookends" – サイモン&ガーファンクル
  13. "Vagabond" – ウルフマザー
  14. "She's Got You High" – マムラ
  15. "Here Comes Your Man" – ミーガン・スミス
  16. "Please, Please, Please Let Me Get What I Want" – シー&ヒム

追加トラック

  1. "Here Comes Your Man" – ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
  2. "シュガー・タウンは恋の町 (Sugar Town)" – ズーイー・デシャネル
  3. "At Last" – ケヴィン・マイケル
  4. "The Infinite Pet" – スプーン

評価[編集]

ロッテントマトで87%の支持を集めた[5]

受賞・ノミネート
部門 対象 結果
デトロイト映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
監督賞 マーク・ウェブ ノミネート
主演男優賞 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ノミネート
ゴールデングローブ賞 作品賞(ミュージカル・コメディ部門) ノミネート
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ノミネート
ハリウッド映画祭 ブレイクスルー脚本賞 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
受賞
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 ノミネート
脚本賞 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
受賞
主演男優賞 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ノミネート
ラスベガス映画批評家協会賞 脚本賞 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 トップ10
新人監督賞 マーク・ウェブ 受賞
ピープルズ・チョイス・アワード 最優秀インディペンデント映画賞 ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 編集賞 アラン・エドワード・ベル 受賞
全米脚本家組合賞 オリジナル脚本賞 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
ノミネート
サテライト賞 トップ10
脚本賞 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
受賞
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) ズーイー・デシャネル ノミネート
サウスイースタン映画批評家協会賞 トップ10
脚本賞 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー
受賞

脚注[編集]

  1. ^ a b (500) Days of Summer (2009)”. Box Office Mojo. 2010年1月27日閲覧。
  2. ^ 500 Days of Summer Soundtrack”. 500DAYS.com. 2010年1月30日閲覧。
  3. ^ Bowling, David. “Music Review: Soundtrack - (500) Days Of Summer”. Blogcritics. 2009年7月23日閲覧。
  4. ^ 500 Days of Summer - Original Soundtrack”. Billboard.com. 2010年1月30日閲覧。
  5. ^ (500) Days of Summer”. Rotten Tomatoes. 2010年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]