一恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一恵
山口百恵シングル
B面 想い出のストロベリーフィールズ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:横須賀恵(山口百恵)
作曲:谷村新司
チャート最高順位
山口百恵 シングル 年表
さよならの向う側
(1980年)
一恵
(1980年)
惜春通り
(1994年)
テンプレートを表示

一恵」(いちえ)は、三浦友和との結婚式の当日の1980年11月19日にリリースされた山口百恵の32枚目のシングルである。

解説[編集]

  • 作詞にクレジットされている「横須賀恵」は、山口百恵本人の作詞時に使用していたペンネームである。作曲は1978年の「いい日旅立ち」以来2年ぶりに、当時アリスでも活動中だった谷村新司が担当。
  • ジャケットの写真は篠山紀信の撮影であった。
  • ジャケット裏には、「としごろ」から「さよならの向う側」まで31作のシングルジャケットが載っている。また、「ありがとう」というメッセージとサインが書かれた色紙のコピーが付けられた。
  • 前作「さよならの向う側」と同じく、同曲も6分を超える長時間録音となっている。
  • イントロ間奏部分に、百恵自身の「一期一会…」から始まるセリフが入っている(百恵のシングル曲でセリフが入るのは1975年の「湖の決心」以来5年ぶり2曲目)。
  • B面「想い出のストロベリーフィールズ」は、前月に発売されたラスト・オリジナル・アルバム『This is my trial』よりリカット。A・B両面本人作詞のシングルは、本作で最初で最後となった。
  • この曲は百恵の引退後にリリースされた作品であるが、引退前の9月22日放送のフジテレビ夜のヒットスタジオ』で初公開となる。また10月5日開催の日本武道館のファイナル・コンサートでも、同曲を披露した。
  • このシングルで通算29作目のオリコンBEST10入りとなり、女性アイドル歌手としては当時1位の記録であった。また、シングルBEST10入り週数が通算239週という記録も、当時の歴代1位だった。

収録曲[編集]

  1. 一恵 (6分08秒)
  2. 想い出のストロベリーフィールズ (4分02秒)
    • 作詞: 横須賀恵、作曲: 杉真理、編曲: 萩田光雄

品番[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]