泥だらけの純情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

泥だらけの純情』(どろだらけのじゅんじょう)は、藤原審爾の1962年に発表された短篇小説。1963年に吉永小百合浜田光夫主演、1977年に山口百恵三浦友和主演で映画化され、1991年にテレビドラマ化されている。

小説[編集]

チンピラ青年と富豪令嬢の純愛物語。新宿の盛り場でチンピラ次郎が、二人の女子高生を助けたのがきっかけで出会い、真美との身分違いの恋におちいっていく。 『小説新潮』1962年8月号に掲載され、同年10月に七曜社から刊行された。昭和30年代のギャング映画が量産されていた時期に、藤原審爾も映画原作となった『花と風とギャング達』(1961年)などのギャングものを書いており[1]、それと並行した「愚連隊純情派」「太陽は狂っている」などチンピラ青年を主人公とした青春小説の中の一作。

1963年春陽文庫、1977年双葉社から再刊、『昭和の短篇一人一冊集成 藤原審爾』(未知谷、2008年)収録。

映画版[編集]

1963年版[編集]

泥だらけの純情(1963)
監督 中平康
脚本 馬場当
原作 藤原審爾
出演者 浜田光夫
吉永小百合
平田未喜三
小池朝雄
和泉雅子
音楽 黛敏郎
主題歌 吉永小百合「泥だらけの純情」
撮影 山崎善弘
編集 丹治睦夫
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1963年2月10日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2月10日公開。主演は浜田光夫吉永小百合

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

1977年版[編集]

泥だらけの純情(1977)
監督 富本壮吉
脚本 石森史郎
原作 藤原審爾
製作 堀威夫
笹井英男
出演者 山口百恵
三浦友和
西村晃
大坂志郎
石橋蓮司
内田良平
加藤治子
有島一郎
音楽 鏑木創
撮影 安藤庄平
編集 鈴木晄
製作会社 ホリ企画制作
配給 東宝
公開 日本の旗 1977年7月30日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 9億8500万円[2]
テンプレートを表示

山口百恵三浦友和の主演コンビの6作目として製作された。7月30日公開(東宝系)。監督は富本壮吉

9億8500万円の配給収入を記録、1977年(昭和52年)の邦画配給収入ランキングの第7位となった[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

HOUSE/ハウス

ドラマ版[編集]

泥だらけの純情
ジャンル テレビドラマ
放送時間 22:00 - 23:54(114分)
放送期間 1991年3月16日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 高野正雄
原作 藤原審爾
脚本 武上純希
出演者 岡本健一
渡辺満里奈
内藤剛志
テンプレートを表示

1991年3月16日TBS系列『ドラマチック22』で放送された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

TBS系 ドラマチック221991年3月16日
前番組 番組名 次番組
泥だらけの純情

脚注[編集]

  1. ^ 香山二三郎『金と女と死』(角川書店,1983年)「解説」
  2. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1

外部リンク[編集]